ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は6386億円の赤字となった。赤字となるのは 3カ月連続で赤字額も過去最大を更新した。季節調整済みの数値も赤字幅が拡大しており、慢性的な経常赤字体質にさらに一歩近づいたといえる。

kokusaishushi201312

 経常収支が悪化している最大の理由は輸出の不振と輸入の拡大である。
 日本の製造業はグローバル化が進んだことで、国内から直接輸出するケースは年々減少している。また電機メーカーを中心に、アジア諸国からの追い上げが激しく、安価な部品や製品を輸入する割合いが高まっている。これによって輸出の減少と輸入の拡大が同時に発生し、貿易収支が悪化している。

 この状況に拍車をかけているのが、エネルギー価格の上昇である。日本は原発停止による電力不足を節電で対処しており、エネルギー輸入量はそれほど増えていない。しかし、ここ3年の間に原油価格は1.5倍に値上がりしており、これがエネルギー輸入金額の増大を招いている。 つまり貿易赤字の拡大は構造的な問題であり、単に原発を再稼働させるだけで解決できる問題ではないのだ。

 震災をきっかけに急に製造業がダメになったことについて訝しむ声も聞かれるが、ここ数年でいきなり製造業の競争力が低下したわけではない。実はこうした傾向はかなり以前から観察されていたが、製造業立国というスローガンが優先され、あまり顧みられることがなかっただけのことである。

 日本の貿易黒字がピークだったのは1990年代のことであり、2000年代に入ると貿易黒字の減少がすでに顕著になっていた。経常収支はおおざっぱに言えば、貿易収支に投資収益(所得収支)を加えたものだが、2005年には貿易黒字の額を投資収益が上回っていた。すでにこの時点で日本は製造業立国ではなく、お金でお金を生み出す不労所得の国に変貌していたのである。

 この実態を覆い隠すきっかけとなったのは実は米国のバブル経済である。米国は不動産価格が高騰し、国内では過剰な消費が横行した。これによって米国は日本から大量の製品を輸入するようになり、本来は輸出不振が始まっていたはずの日本の製造業を一時的に潤すことになった。日本では米国のバブル経済や過剰消費を批判する声が大きいが、米国バブルの恩恵を最も受けたのは、実は日本の製造業なのである。

 この一時的な好景気によって日本メーカーの体質転換は遅れ、それがリーマンショック、さらには震災によるショックなどで一気に問題が顕在化してきたというだけの話である。
 数字はある意味で非常に正直である。日本の製造業は世界一と自画自賛している段階で、すでに貿易黒字の減少は進んでいた。その教訓を現在に当てはめるなら、やはり日本が警戒しておくべきは経常収支の慢性的な赤字化であり、それに伴う国内の資金不足である。

 安倍政権は、政治的な思惑もあり、今のところ輸出を復活させるという従来型の経済政策を掲げている。だが、国債の消化余力が減少したり、資本の海外流出が顕著になってからでは時はすでに遅い。経常赤字の影響がまだ顕著になっていない今こそ、経常赤字を前提とした経済政策へ舵を切るタイミングである。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

okada01
岡田副総理が事実上領土問題の存在を肯定。中国側はこれを着地点とみなしている

 「尖閣は領土問題ではないが議論があることは事実」との岡田克也副総理の発言が中国 …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

ana787
これぞジャパン・パッシング!ANAが新北米路線で打ち出した驚異の運賃設定

 日本のエアラインが相次いで北米のニッチ路線に進出している。日本航空は12月2日 …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …