ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は6386億円の赤字となった。赤字となるのは 3カ月連続で赤字額も過去最大を更新した。季節調整済みの数値も赤字幅が拡大しており、慢性的な経常赤字体質にさらに一歩近づいたといえる。

kokusaishushi201312

 経常収支が悪化している最大の理由は輸出の不振と輸入の拡大である。
 日本の製造業はグローバル化が進んだことで、国内から直接輸出するケースは年々減少している。また電機メーカーを中心に、アジア諸国からの追い上げが激しく、安価な部品や製品を輸入する割合いが高まっている。これによって輸出の減少と輸入の拡大が同時に発生し、貿易収支が悪化している。

 この状況に拍車をかけているのが、エネルギー価格の上昇である。日本は原発停止による電力不足を節電で対処しており、エネルギー輸入量はそれほど増えていない。しかし、ここ3年の間に原油価格は1.5倍に値上がりしており、これがエネルギー輸入金額の増大を招いている。 つまり貿易赤字の拡大は構造的な問題であり、単に原発を再稼働させるだけで解決できる問題ではないのだ。

 震災をきっかけに急に製造業がダメになったことについて訝しむ声も聞かれるが、ここ数年でいきなり製造業の競争力が低下したわけではない。実はこうした傾向はかなり以前から観察されていたが、製造業立国というスローガンが優先され、あまり顧みられることがなかっただけのことである。

 日本の貿易黒字がピークだったのは1990年代のことであり、2000年代に入ると貿易黒字の減少がすでに顕著になっていた。経常収支はおおざっぱに言えば、貿易収支に投資収益(所得収支)を加えたものだが、2005年には貿易黒字の額を投資収益が上回っていた。すでにこの時点で日本は製造業立国ではなく、お金でお金を生み出す不労所得の国に変貌していたのである。

 この実態を覆い隠すきっかけとなったのは実は米国のバブル経済である。米国は不動産価格が高騰し、国内では過剰な消費が横行した。これによって米国は日本から大量の製品を輸入するようになり、本来は輸出不振が始まっていたはずの日本の製造業を一時的に潤すことになった。日本では米国のバブル経済や過剰消費を批判する声が大きいが、米国バブルの恩恵を最も受けたのは、実は日本の製造業なのである。

 この一時的な好景気によって日本メーカーの体質転換は遅れ、それがリーマンショック、さらには震災によるショックなどで一気に問題が顕在化してきたというだけの話である。
 数字はある意味で非常に正直である。日本の製造業は世界一と自画自賛している段階で、すでに貿易黒字の減少は進んでいた。その教訓を現在に当てはめるなら、やはり日本が警戒しておくべきは経常収支の慢性的な赤字化であり、それに伴う国内の資金不足である。

 安倍政権は、政治的な思惑もあり、今のところ輸出を復活させるという従来型の経済政策を掲げている。だが、国債の消化余力が減少したり、資本の海外流出が顕著になってからでは時はすでに遅い。経常赤字の影響がまだ顕著になっていない今こそ、経常赤字を前提とした経済政策へ舵を切るタイミングである。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

honkongdemotocho
中国当局がニセのアプリでデモ参加者を盗聴?民主化をめぐる諜報活動が活発化

 香港の民主化を求めるデモの参加者に、偽のアプリをダウンロードするよう促すメッセ …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

yasukuni
靖国参拝に米国が異例の声明。国務省は議会やホワイトハウスをもはや説得できない?

 安倍首相は政権発足から1年となる2013年12月26日、靖国神社に参拝した。首 …

jabuil
動き出す農協改革。最初のターゲットがJA全中になる理由

 政府が農協改革に向けて動き始めた。規制改革会議は5月22日、中央組織が地域の農 …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

hatoyama
鳩山元首相が訪中。中国による分断作戦か日本政府への隠れたラブコールか?

 今回の衆院選をきっかけに政界を引退した鳩山元首相が中国の招きで訪中することが明 …

hayashiyoshi
国会に独自の財政試算を実施できるスタッフ機能を設置。有志議員が検討

 有志の国会議員が、国会に、経済・財政に関する独自の調査機能を持たせるための議員 …