ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見直しを検討していることが明らかとなった。菅官房長官は記者会見において「決定した事実はない」と否定しているが、もし見直しが事実であれば、日本の原子力政策は大きな転換点を迎えることになる。

monju

 現在政府は、新しいエネルギー基本計画の策定作業を進めている。もんじゅの見直し案は、従来のような積極的にプルトニウムを産出する増殖炉としての計画を取りやめるというもの。
 政府はもんじゅの計画を見直したとしても、既存の軽水炉でプルトニウムを燃やす「プルサーマル」については推進する立場を崩していない。しかし、高速増殖炉は核燃料サイクルの中核的存在であり、この計画が見直されることになれば、日本が一貫して進めてきた核燃料サイクル構想が頓挫する可能性も出てくる。

 日本では福島原発の事故以来、原発推進か脱原発かをめぐって激しい議論が続いているが、実は原発推進の中にも、2つの選択肢がある。しかも、両者の違いは極めて大きく、同じ原発推進でも、どちらを選択するのかによって、日本の将来は大きく変わる。

 現在、日本が進めている原子力開発は核燃料サイクルの構築を基本としたものである。これは原発から出た使用済み燃料を再処理し、その中からプルトニウムを抽出して核燃料として再利用するというものである。使用済み燃料を加工してそこから再び燃料を取り出す一連の仕組みを核燃料サイクルと呼び、高速増殖炉はその中核に位置付けられている。

 一方、使用済み燃料には何の処理も行わずそのまま廃棄するという方式(ワンス・スルー方式)と呼ばれるものもあり、この方式は主に米国で採用されている。
 ワンス・スルー方式は、再処理の手間がかからず、危険なプルトニウムを扱う必要がないことから、事故のリスクを軽減できるというメリットがある。しかし日本の場合、すべてのウラン燃料を輸入に頼っており、これを安定的に確保できる見通しが立たないことなどから、一貫して核燃料サイクルの確立を目指してきた。

 しかし核燃料サイクルには様々な問題がある。高速増殖炉は冷却剤と減速材に金属ナトリウムという危険な物質を用いる必要があるため、既存の軽水炉と比べて技術的難易度が極めて高い。また使用済み燃料を再処理する施設は現在六ヶ所村に建設中だが、こちらも安全にかつ安定的に稼働できるのかまだ不透明な状況といえる。
 これに加えて核燃料サイクルには安全保障上のやっかいな問題もつきまとう。プルトニウムはウランと比べて核兵器への転用が容易であり、日常的にプルトニウムを扱うということになると、テロ対策など超えなければならないカベが厚くなる。また大量のプルトニウムを蓄積すれば、日本の核武装に対する懸念を高めることにもなるため、外交的な影響も無視できない。

 政府は期限を定めずに新しいエネルギー基本政策を定めるとしているが、2月中には決定したい意向だ。だが、もんじゅは断念するものの、既存のプルサーマル計画は続行するということになると、計画は非常に中途半端なものになる。
 日本は、脱原発に向けて舵を切るべきなのか、再稼働はするが核燃料サイクルの確立は断念するのか、従来通りすべての計画を推進するのかという3つの選択肢の中から、議論を進めていくことが重要である。核燃料サイクルの是非という問題は、脱原発か原発推進かという選択肢と同じくらいのインパクトがある。時間をかけた国民的議論が必要である。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

lenovo
米国政府が中国製ITシステムの調達を制限。ただし完全な実施は困難との見方

 米国で中国製ITシステムの政府調達を制限する法律が成立した。3月26日に成立し …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

no image
中国の漁船団1000隻が尖閣に集結との情報。ただし位置特定システム上では未確認

 日本の尖閣諸島国有化に対抗して、大量出航したといわれている中国の漁船1000隻 …

B2
米国が北朝鮮の牽制にとうとうB2爆撃機を投入。それが意味するところとは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まっているなか、米軍は3月28日、韓国で実施している米韓 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

abeobama
夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実

 米国を訪問した安倍首相は、日本時間23日未明(現地時間22日午後)、オバマ米大 …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

f35c
武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機F35について、武器輸出三原則の例外扱いとし、 …