ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見直しを検討していることが明らかとなった。菅官房長官は記者会見において「決定した事実はない」と否定しているが、もし見直しが事実であれば、日本の原子力政策は大きな転換点を迎えることになる。

monju

 現在政府は、新しいエネルギー基本計画の策定作業を進めている。もんじゅの見直し案は、従来のような積極的にプルトニウムを産出する増殖炉としての計画を取りやめるというもの。
 政府はもんじゅの計画を見直したとしても、既存の軽水炉でプルトニウムを燃やす「プルサーマル」については推進する立場を崩していない。しかし、高速増殖炉は核燃料サイクルの中核的存在であり、この計画が見直されることになれば、日本が一貫して進めてきた核燃料サイクル構想が頓挫する可能性も出てくる。

 日本では福島原発の事故以来、原発推進か脱原発かをめぐって激しい議論が続いているが、実は原発推進の中にも、2つの選択肢がある。しかも、両者の違いは極めて大きく、同じ原発推進でも、どちらを選択するのかによって、日本の将来は大きく変わる。

 現在、日本が進めている原子力開発は核燃料サイクルの構築を基本としたものである。これは原発から出た使用済み燃料を再処理し、その中からプルトニウムを抽出して核燃料として再利用するというものである。使用済み燃料を加工してそこから再び燃料を取り出す一連の仕組みを核燃料サイクルと呼び、高速増殖炉はその中核に位置付けられている。

 一方、使用済み燃料には何の処理も行わずそのまま廃棄するという方式(ワンス・スルー方式)と呼ばれるものもあり、この方式は主に米国で採用されている。
 ワンス・スルー方式は、再処理の手間がかからず、危険なプルトニウムを扱う必要がないことから、事故のリスクを軽減できるというメリットがある。しかし日本の場合、すべてのウラン燃料を輸入に頼っており、これを安定的に確保できる見通しが立たないことなどから、一貫して核燃料サイクルの確立を目指してきた。

 しかし核燃料サイクルには様々な問題がある。高速増殖炉は冷却剤と減速材に金属ナトリウムという危険な物質を用いる必要があるため、既存の軽水炉と比べて技術的難易度が極めて高い。また使用済み燃料を再処理する施設は現在六ヶ所村に建設中だが、こちらも安全にかつ安定的に稼働できるのかまだ不透明な状況といえる。
 これに加えて核燃料サイクルには安全保障上のやっかいな問題もつきまとう。プルトニウムはウランと比べて核兵器への転用が容易であり、日常的にプルトニウムを扱うということになると、テロ対策など超えなければならないカベが厚くなる。また大量のプルトニウムを蓄積すれば、日本の核武装に対する懸念を高めることにもなるため、外交的な影響も無視できない。

 政府は期限を定めずに新しいエネルギー基本政策を定めるとしているが、2月中には決定したい意向だ。だが、もんじゅは断念するものの、既存のプルサーマル計画は続行するということになると、計画は非常に中途半端なものになる。
 日本は、脱原発に向けて舵を切るべきなのか、再稼働はするが核燃料サイクルの確立は断念するのか、従来通りすべての計画を推進するのかという3つの選択肢の中から、議論を進めていくことが重要である。核燃料サイクルの是非という問題は、脱原発か原発推進かという選択肢と同じくらいのインパクトがある。時間をかけた国民的議論が必要である。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …

100jikan
残業上限は「100時間」それとも「100時間未満」?という不毛な議論

 政府が導入を検討している長時間労働の上限規制について、最終的に「月100時間未 …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

IBM Lenobo
IBMの低価格ハード部門は中国企業へ売却。富士通でなかったのはかえって好都合?

 中国のパソコン・メーカーであるレノボ・グループ(聯想集団)は2014年1月23 …

amarikaiken
甘利氏の「予想」通りGDPは上方修正。発言の何が問題なのか?

 内閣府は2015年12月8日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)改定値 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …