ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見直しを検討していることが明らかとなった。菅官房長官は記者会見において「決定した事実はない」と否定しているが、もし見直しが事実であれば、日本の原子力政策は大きな転換点を迎えることになる。

monju

 現在政府は、新しいエネルギー基本計画の策定作業を進めている。もんじゅの見直し案は、従来のような積極的にプルトニウムを産出する増殖炉としての計画を取りやめるというもの。
 政府はもんじゅの計画を見直したとしても、既存の軽水炉でプルトニウムを燃やす「プルサーマル」については推進する立場を崩していない。しかし、高速増殖炉は核燃料サイクルの中核的存在であり、この計画が見直されることになれば、日本が一貫して進めてきた核燃料サイクル構想が頓挫する可能性も出てくる。

 日本では福島原発の事故以来、原発推進か脱原発かをめぐって激しい議論が続いているが、実は原発推進の中にも、2つの選択肢がある。しかも、両者の違いは極めて大きく、同じ原発推進でも、どちらを選択するのかによって、日本の将来は大きく変わる。

 現在、日本が進めている原子力開発は核燃料サイクルの構築を基本としたものである。これは原発から出た使用済み燃料を再処理し、その中からプルトニウムを抽出して核燃料として再利用するというものである。使用済み燃料を加工してそこから再び燃料を取り出す一連の仕組みを核燃料サイクルと呼び、高速増殖炉はその中核に位置付けられている。

 一方、使用済み燃料には何の処理も行わずそのまま廃棄するという方式(ワンス・スルー方式)と呼ばれるものもあり、この方式は主に米国で採用されている。
 ワンス・スルー方式は、再処理の手間がかからず、危険なプルトニウムを扱う必要がないことから、事故のリスクを軽減できるというメリットがある。しかし日本の場合、すべてのウラン燃料を輸入に頼っており、これを安定的に確保できる見通しが立たないことなどから、一貫して核燃料サイクルの確立を目指してきた。

 しかし核燃料サイクルには様々な問題がある。高速増殖炉は冷却剤と減速材に金属ナトリウムという危険な物質を用いる必要があるため、既存の軽水炉と比べて技術的難易度が極めて高い。また使用済み燃料を再処理する施設は現在六ヶ所村に建設中だが、こちらも安全にかつ安定的に稼働できるのかまだ不透明な状況といえる。
 これに加えて核燃料サイクルには安全保障上のやっかいな問題もつきまとう。プルトニウムはウランと比べて核兵器への転用が容易であり、日常的にプルトニウムを扱うということになると、テロ対策など超えなければならないカベが厚くなる。また大量のプルトニウムを蓄積すれば、日本の核武装に対する懸念を高めることにもなるため、外交的な影響も無視できない。

 政府は期限を定めずに新しいエネルギー基本政策を定めるとしているが、2月中には決定したい意向だ。だが、もんじゅは断念するものの、既存のプルサーマル計画は続行するということになると、計画は非常に中途半端なものになる。
 日本は、脱原発に向けて舵を切るべきなのか、再稼働はするが核燃料サイクルの確立は断念するのか、従来通りすべての計画を推進するのかという3つの選択肢の中から、議論を進めていくことが重要である。核燃料サイクルの是非という問題は、脱原発か原発推進かという選択肢と同じくらいのインパクトがある。時間をかけた国民的議論が必要である。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

scotlandmap02
スコットランドの独立問題。果たして本当に国家分裂の危機だったのか?

 英国北部スコットランド独立の賛否を問う住民投票は、賛成が45%、反対が55%( …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

egyptdemo
「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生 …

nichigin04
日銀の政策委員会、積極緩和派の原田氏起用で黒田路線がより強固に

 政府は2015年2月5日、退任する日銀の宮尾龍蔵審議委員の後任に、積極的な金融 …

shukinpei06
中国共産党が今度は人民解放軍幹部の党籍を剥奪。習氏への権力集中は完成段階に

 中国共産党は2014年6月30日、政治局会議を開催し、人民解放軍幹部の徐才厚・ …