ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

うつによる休職や他社への転職、さらには出世候補までシステムが予測する時代に!

 

 「営業部の佐藤さんはうつで会社を休む可能性が高くなっています」「開発部の高橋さんは、そろそろ会社を辞めるかもしれません」。こういった情報が人事部の担当者宛にコンピュータから発せられる時代はすでに現実のものとなっている。

touchou

 人事関連の支援サービスを行う株式会社サイダスは、2014年2月から、欠勤や遅刻の状況などを分析し、従業員がうつ病で休む前兆を見つけて会社に警告を送るサービスを開始する。これまでに収拾した約3万人のビジネスマンに関するデータを活用し、うつ病で休んだ人の特徴や、病気の前兆を導き出したという。

 実はこうした取り組みはかなり以前から水面下では実用化されていた。いわゆるビッグデータ解析の分野で最先端を行く米グーグルは、勤怠状況や電子メールのやり取りなどから、退職の可能性が高い社員を事前に割り出すシステムを導入しているといわれている。
 転職が激しい米国の場合、会社にとって重要な社員の場合には条件アップなどの措置を検討したり、敵対的な社員の場合には訴訟対策などの準備が必要となる。 事前に退職の兆候が分かることは会社にとって非常に都合がよい。

 システムを使った情報の解析と既存の社会学的分析がセットになれば実にいろいろなことが分かるようになる。電子メールの受発信情報さえあれば、何と、社内で誰が出世するのかもある程度分かってしまうのだ。

 社会学の世界では、組織のキーマンには情報が集中する現象がよく知られている。意思決定の中枢に近い人には、多くの人が情報を持ち込み、また本人も情報を数多く発信している。一方、意思決定の中枢から離れた人の情報はほとんどが一方通行のままとなっている。
 この事実を社内における電子メールの受発信情報と合わせれば、恐ろしいことが分かる。情報システムの業務に携わる人の中では半ば常識だが、出世候補とされる社内のキーマンが受発信する電子メールの数は、そうではない人と比較すると圧倒的に多いことが知られている。電子メールの中身を読まなくても、受発信情報だけでもここまで分かるのである。
 また社内におけるパソコンの稼働状況などを調べれば、離席の頻度や生産性の高さなどもすぐに数値化することができる。

 ビックデータは、もはや技術の話題ではない。そこからどのような成果が得るのかは、倫理的な面も含めて、分析を行うのか行わないのかという、単なる意思決定の問題となりつつある。企業がその気になれば、あらゆる面での分析が可能となるだろう。

 米CIA(中央情報局)の元職員エドワード・スノーデン氏が暴露した、米国家安全保障局(NSA)による広範囲な国民監視は全世界に衝撃を与えた。だがNSAで実現できていることは、それほど時間を置かずに民間企業でも実施できるようになる。間接的にではあるが、心の中までシステムに予測される時代がすでに到来しているのである。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

part_s
パート労働者の時給が急上昇。コストプッシュ・インフレの前触れ?

 パートタイム労働者の賃金が大幅に上昇している。これまで低く抑えられてきた非正規 …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

airplane01
IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

erudoan
大統領の独裁化につながるトルコの国民投票にドイツ人が動揺している理由

 大統領権限の強化を狙ったトルコの国民投票で賛成が反対を上回ったことで、ドイツ国 …

linemorikawa
LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

onkaho
温家宝首相の2200億円蓄財手段が明らかに。日本のSBIグループもファンドに出資

 中国の政権交代に関連して、現指導部と対立している太子党グループから、温家宝首相 …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …