ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの業績が改善している。買収が成功だったのかについて結論付けるのはまだ早いが、先行きの見通しに明るさが見え始めた。

softbanksprint

 同社は2013年7月、216億ドル(約2兆2500億円)を投じて、米国第3位の携帯電話会社スプリントを買収した。
 同社は契約者の減少に歯止めがかからず赤字を垂れ流している状態であった。だが米国3位の携帯電話会社が健全な状態で売りに出されるはずはなく、ソフトバンクにとってこの買収は、最大のチャンスでもあり、一方で最大のリスクにもなっていた。

 スプリントの2013年10~12月期の売上げは前年同期比1.5%増の91億4200万ドル(約9370億円)。当期利益は10億3800万ドル(約1064億円)の赤字だったが、赤字幅は23%ほど縮小した。
 スプリントは、旧スプリントと旧ネクステルが2005年に合併して出来た会社だが、合併後、シナジー効果を発揮できず契約者の減少が続いていた。最近では旧ネクステル側のインフラをスプリント側に一本化するリストラを実施、これによって旧ネクステル側の解約が続いている状態であった。

 10~12月期も引き続きネクステル側の解約は続いているが、前期と比較すると解約者数(プリペイド除く)は12万7000人と4万8000人減少した。一方、スプリント側の契約者はプラスに転じており、この四半期は5万8000人の増加となった。
 新規の契約者数から解約者数を差し引いた最終的な契約者純増数はマイナス6万9000人となり、前期の53万5000人よりも大幅に改善した。プリペイドの契約者数はすでに増加に転じており、全体的な契約者数が純増となる見通しが出てきた。

 2013年通期の赤字額は約30億ドル(約3075億円)となり、前期よりも10億ドル改善している。ソフトバンク本体の業績は堅調であり、2014年3月期には1兆円程度の営業利益を実現できる見込みとなっている。スプリントが来期、黒字化あるいは赤字幅のさらなる縮小に成功すれば、ソフトバンク本体の利益にも貢献し始めることになる。少なくとも、現在の赤字水準にとどめることができれば、ソフトバンク本体の利益を圧迫する事態は回避できる可能性が高い。

 もっとも今回の契約者数の増加は携帯電話ではなくタブレットの販売に負うところが大きいといわれている。通話料収入が期待できる携帯電話の方が収益力が高いことから、来期以降の収益は契約者数の増加ほどには伸びない可能性もある。ただ株式市場ではこの決算を好感しており、決算が発表された2月11日の同社株は2.7%の上昇となった。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

taobaorakuten
中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること

 中国におけるインターネット通販が急拡大している。中国最大の電子商取引サービス会 …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

girishagikai
ギリシャが事実上、旧通貨発行と同じ効果を持つ約束手形の発行に追い込まれる?

 ドイツのショイブレ財務相は、欧州メディアのインタビュー記事において、ギリシャが …

no image
日本の英語力は世界22番目でラテン諸国と同レベル。モノ作り大国ゲルマンとの差が際立つ

 教育大手EF Education First社が発表している2012年の世界英 …