ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの業績が改善している。買収が成功だったのかについて結論付けるのはまだ早いが、先行きの見通しに明るさが見え始めた。

softbanksprint

 同社は2013年7月、216億ドル(約2兆2500億円)を投じて、米国第3位の携帯電話会社スプリントを買収した。
 同社は契約者の減少に歯止めがかからず赤字を垂れ流している状態であった。だが米国3位の携帯電話会社が健全な状態で売りに出されるはずはなく、ソフトバンクにとってこの買収は、最大のチャンスでもあり、一方で最大のリスクにもなっていた。

 スプリントの2013年10~12月期の売上げは前年同期比1.5%増の91億4200万ドル(約9370億円)。当期利益は10億3800万ドル(約1064億円)の赤字だったが、赤字幅は23%ほど縮小した。
 スプリントは、旧スプリントと旧ネクステルが2005年に合併して出来た会社だが、合併後、シナジー効果を発揮できず契約者の減少が続いていた。最近では旧ネクステル側のインフラをスプリント側に一本化するリストラを実施、これによって旧ネクステル側の解約が続いている状態であった。

 10~12月期も引き続きネクステル側の解約は続いているが、前期と比較すると解約者数(プリペイド除く)は12万7000人と4万8000人減少した。一方、スプリント側の契約者はプラスに転じており、この四半期は5万8000人の増加となった。
 新規の契約者数から解約者数を差し引いた最終的な契約者純増数はマイナス6万9000人となり、前期の53万5000人よりも大幅に改善した。プリペイドの契約者数はすでに増加に転じており、全体的な契約者数が純増となる見通しが出てきた。

 2013年通期の赤字額は約30億ドル(約3075億円)となり、前期よりも10億ドル改善している。ソフトバンク本体の業績は堅調であり、2014年3月期には1兆円程度の営業利益を実現できる見込みとなっている。スプリントが来期、黒字化あるいは赤字幅のさらなる縮小に成功すれば、ソフトバンク本体の利益にも貢献し始めることになる。少なくとも、現在の赤字水準にとどめることができれば、ソフトバンク本体の利益を圧迫する事態は回避できる可能性が高い。

 もっとも今回の契約者数の増加は携帯電話ではなくタブレットの販売に負うところが大きいといわれている。通話料収入が期待できる携帯電話の方が収益力が高いことから、来期以降の収益は契約者数の増加ほどには伸びない可能性もある。ただ株式市場ではこの決算を好感しており、決算が発表された2月11日の同社株は2.7%の上昇となった。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

no image
日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能 …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …