ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前月比マイナス15.73%と大幅な減少となった。製造業、非製造業ともほぼ同じ割合いだけ減少しており、大幅増となった先月の反動が大きかった様子がうかがえる。

setsubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、市場関係者の注目度が高い。
 2012年は製造業でマイナスが続き、非製造業が横ばいという状況で あった。13年に入り、大型の公共事業が開始されたことから、非製造業の設備投資が伸び、国内の景気を牽引する形となっていた。11月の統計では、 「船舶・電力を除く民需」が前月比9.3%の大幅なプラスとなり、内需主導で設備投資が回復する兆しも見えていた。

 しかし12月は製造業、非製造業とも大幅なマイナスとなり、上昇トレンドはもとに戻ってしまった形だ。特に製造業はリーマンショック以降では最大の下落幅となっている。非製造業はもともと上下のブレが大きいが、製造業の数値はあまりブレないことを考えると少々深刻な事態といえる。

 業種別では電機の落ち込みが30%と激しい。電機はもともと設備投資の変動が大きいが、特に今回の下落は全体の足を引っ張った。非製造業は運輸、小売りなどの落ち込みが大きい。ただこれらの業種は設備の更新が一段落した可能性もあり、非製造業については今後の推移を見てから判断する必要があるだろう。

 新興国の通貨下落を引き金に、株式市場では疑心暗鬼の展開が続いている。設備投資が大幅減という今回の結果は投資家心理をさらに冷やす可能性がある。だがむしろ重要なのは、今後の機械受注統計の推移である。
 今年は消費税の増税という大イベントがあり、住宅などを中心に駆け込み需要が終了するリスクを抱えている。また政府の公共事業は大判振る舞いだった昨年に比べて減少する見込みとなっている(追加の補正予算を組まない場合)。景気の先行きを判断するためには、これらが設備投資にどう影響するのかを見極める必要がある。むしろ来月以降の数値に対する注目度が高まった調査結果といえるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

eu
EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?

 EU(欧州連合)の欧州委員会は5月3日、2013年春の欧州経済見通しを発表した …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

usakoyoutoukei201601
米雇用統計は大幅減だが、失業率低下と賃金上昇でインフレ圧力も高い

 米労働省は2016年2月5日、1月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

orinpic
日本政府の借金1000兆円は、1964年の東京オリンピック開催が発端だった?

 2020年のオリンピック開催地を決定するIOC総会が間もなくアルゼンチンで開催 …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

mof02
2014年度予算の総額が96兆円になったことには明確な理由がある

 政府は2013年12月24日、2014年度予算案を閣議決定した。社会保障費の伸 …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …