ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前月比マイナス15.73%と大幅な減少となった。製造業、非製造業ともほぼ同じ割合いだけ減少しており、大幅増となった先月の反動が大きかった様子がうかがえる。

setsubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、市場関係者の注目度が高い。
 2012年は製造業でマイナスが続き、非製造業が横ばいという状況で あった。13年に入り、大型の公共事業が開始されたことから、非製造業の設備投資が伸び、国内の景気を牽引する形となっていた。11月の統計では、 「船舶・電力を除く民需」が前月比9.3%の大幅なプラスとなり、内需主導で設備投資が回復する兆しも見えていた。

 しかし12月は製造業、非製造業とも大幅なマイナスとなり、上昇トレンドはもとに戻ってしまった形だ。特に製造業はリーマンショック以降では最大の下落幅となっている。非製造業はもともと上下のブレが大きいが、製造業の数値はあまりブレないことを考えると少々深刻な事態といえる。

 業種別では電機の落ち込みが30%と激しい。電機はもともと設備投資の変動が大きいが、特に今回の下落は全体の足を引っ張った。非製造業は運輸、小売りなどの落ち込みが大きい。ただこれらの業種は設備の更新が一段落した可能性もあり、非製造業については今後の推移を見てから判断する必要があるだろう。

 新興国の通貨下落を引き金に、株式市場では疑心暗鬼の展開が続いている。設備投資が大幅減という今回の結果は投資家心理をさらに冷やす可能性がある。だがむしろ重要なのは、今後の機械受注統計の推移である。
 今年は消費税の増税という大イベントがあり、住宅などを中心に駆け込み需要が終了するリスクを抱えている。また政府の公共事業は大判振る舞いだった昨年に比べて減少する見込みとなっている(追加の補正予算を組まない場合)。景気の先行きを判断するためには、これらが設備投資にどう影響するのかを見極める必要がある。むしろ来月以降の数値に対する注目度が高まった調査結果といえるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

gekyutoki
GEが家電部門を売却交渉。金融部門の分離に続いて、インフラ事業への集中が加速

 スウェーデンに本社を置く、欧州の家電大手エレクトロラックスは2014年8月14 …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …