ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前月比マイナス15.73%と大幅な減少となった。製造業、非製造業ともほぼ同じ割合いだけ減少しており、大幅増となった先月の反動が大きかった様子がうかがえる。

setsubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、市場関係者の注目度が高い。
 2012年は製造業でマイナスが続き、非製造業が横ばいという状況で あった。13年に入り、大型の公共事業が開始されたことから、非製造業の設備投資が伸び、国内の景気を牽引する形となっていた。11月の統計では、 「船舶・電力を除く民需」が前月比9.3%の大幅なプラスとなり、内需主導で設備投資が回復する兆しも見えていた。

 しかし12月は製造業、非製造業とも大幅なマイナスとなり、上昇トレンドはもとに戻ってしまった形だ。特に製造業はリーマンショック以降では最大の下落幅となっている。非製造業はもともと上下のブレが大きいが、製造業の数値はあまりブレないことを考えると少々深刻な事態といえる。

 業種別では電機の落ち込みが30%と激しい。電機はもともと設備投資の変動が大きいが、特に今回の下落は全体の足を引っ張った。非製造業は運輸、小売りなどの落ち込みが大きい。ただこれらの業種は設備の更新が一段落した可能性もあり、非製造業については今後の推移を見てから判断する必要があるだろう。

 新興国の通貨下落を引き金に、株式市場では疑心暗鬼の展開が続いている。設備投資が大幅減という今回の結果は投資家心理をさらに冷やす可能性がある。だがむしろ重要なのは、今後の機械受注統計の推移である。
 今年は消費税の増税という大イベントがあり、住宅などを中心に駆け込み需要が終了するリスクを抱えている。また政府の公共事業は大判振る舞いだった昨年に比べて減少する見込みとなっている(追加の補正予算を組まない場合)。景気の先行きを判断するためには、これらが設備投資にどう影響するのかを見極める必要がある。むしろ来月以降の数値に対する注目度が高まった調査結果といえるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …

nvidiaceo
ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガス …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …