ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバンクの巨額資金調達を指揮した北尾吉考氏。現在は、ソフトバンクから分離独立し、ネット金融事業を中核とするSBIグループを率いている。

 そのSBIをめぐってこのところ市場ではいろいろな噂が飛び交っている。

 ひとつは、一見順調に見えるSBIグループが苦境に陥っており、グループ各社の身売りを検討しているというもの。経済誌FACTAによれば、北尾氏がヤフーの新社長である宮坂学氏に、グループ会社のいくつかの買収を打診したという。だが宮坂氏はにべもなく北尾氏の申し出を断ったという。

 北尾氏は、証券業界や古い時代のネットビジネスの世界ではかなりの有名人であり、よくいえば豪快、悪く言えば横柄な人柄で知られている。
 一昔前のネット企業家ならもう少し恐縮して話を聞いたかもしれないが、宮坂氏は44歳と若く、ヤフーの内部昇格で社長になった人物。いわゆる業界のしがらみはまったくない。
 しかもヤフーは、メディア企業に徹するべく「爆速経営」を掲げ、スマホ向けコンテンツの拡充に舵を切っている真っ最中。他の分野のネット企業の買収などには関心がない。宮坂社長はまさに会社のキャッチフレーズ通り、「爆速」で北尾氏の申し出を断ったわけだ。

 一方、証券市場でもSBIに異変が起こっている。かつてニッポン放送株をめぐるインサイダー取引事件で逮捕され有罪判決を受けた「モノ言う株主」である村上世彰氏。彼が最近投資家として市場に復帰し、SBIの株を買い占めているというのだ。

 実質的に村上氏が経営するといわれる投資会社「レノ」が10月に大量保有報告書を提出し、SBI株の5%を保有する大株主になっていることが明らかになった。
 株式保有の目的は明らかになっていない。かつて8000円を超えていたSBIの株価は今や500円台。割安とみて投資をしているのか、公開買い付けなどで非上場化する前触れなのか、市場では様々な憶測が流れている。

 北尾氏は「俺は野村證券の社長になるはずだった人間だ」「俺は一流のモノしか食わん」が口癖。北尾氏にとっては初めての大きな逆風である。北尾流の強気の経営で状況を打破できるのか、市場関係者の多くが注目している。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

datacenter
NSA盗聴問題であらためてクローズアップされるクラウドのメリット/デメリット

 米国の諜報機関によるインターネット盗聴問題は、クラウドコンピューティングの持つ …

cupnoodle
円安をきっかけに各業界で値上げ続々。輸入価格主導でもう一段の物価高に

 急速に進行した円安をきっかけに各業界で続々と値上げが発表されている。輸入物価の …

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …