ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバンクの巨額資金調達を指揮した北尾吉考氏。現在は、ソフトバンクから分離独立し、ネット金融事業を中核とするSBIグループを率いている。

 そのSBIをめぐってこのところ市場ではいろいろな噂が飛び交っている。

 ひとつは、一見順調に見えるSBIグループが苦境に陥っており、グループ各社の身売りを検討しているというもの。経済誌FACTAによれば、北尾氏がヤフーの新社長である宮坂学氏に、グループ会社のいくつかの買収を打診したという。だが宮坂氏はにべもなく北尾氏の申し出を断ったという。

 北尾氏は、証券業界や古い時代のネットビジネスの世界ではかなりの有名人であり、よくいえば豪快、悪く言えば横柄な人柄で知られている。
 一昔前のネット企業家ならもう少し恐縮して話を聞いたかもしれないが、宮坂氏は44歳と若く、ヤフーの内部昇格で社長になった人物。いわゆる業界のしがらみはまったくない。
 しかもヤフーは、メディア企業に徹するべく「爆速経営」を掲げ、スマホ向けコンテンツの拡充に舵を切っている真っ最中。他の分野のネット企業の買収などには関心がない。宮坂社長はまさに会社のキャッチフレーズ通り、「爆速」で北尾氏の申し出を断ったわけだ。

 一方、証券市場でもSBIに異変が起こっている。かつてニッポン放送株をめぐるインサイダー取引事件で逮捕され有罪判決を受けた「モノ言う株主」である村上世彰氏。彼が最近投資家として市場に復帰し、SBIの株を買い占めているというのだ。

 実質的に村上氏が経営するといわれる投資会社「レノ」が10月に大量保有報告書を提出し、SBI株の5%を保有する大株主になっていることが明らかになった。
 株式保有の目的は明らかになっていない。かつて8000円を超えていたSBIの株価は今や500円台。割安とみて投資をしているのか、公開買い付けなどで非上場化する前触れなのか、市場では様々な憶測が流れている。

 北尾氏は「俺は野村證券の社長になるはずだった人間だ」「俺は一流のモノしか食わん」が口癖。北尾氏にとっては初めての大きな逆風である。北尾流の強気の経営で状況を打破できるのか、市場関係者の多くが注目している。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

imf201501
IMFが2015年の世界経済見通しを発表。米国だけが大幅上方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年1月20日、世界経済見通しを発表した。201 …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

feisubukkugamen
先進国でしか稼げないフェイスブック。今後どれだけ拡大できるか?

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年1月28日、2014年10~12月期 …

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

cybermonday
米国経済を占う感謝祭セール。失業率の低下と原油安で出足は絶好調

 米国経済の先行きを占う年末商戦がスタートした。今年の年末商戦は米国景気の回復に …

gasstation02
原油の大幅安でも国内のガソリン価格がそれほど下がらない理由

 原油の大幅安が米国の消費を活気づけている。ガソリン価格の下落によって米国の新車 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …