ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17日、同社グループでは最大規模となる兵庫県の太陽光発電所を稼働させるほか、春には電力の小売事業にも参入する。現在は事業者向けのみだが、電力の小売りが完全自由化される2016年には、家庭向けの電力販売をスタートさせたい意向だ。

sbtakasago

 日本の電力は地域ごとに設立された電力会社が送配電一体で独占的に供給していた。しかし1995年から部分的な電力の自由化が始まり、一定の条件を満たす事業者は電力事業に参入することが可能となった。現在では大口を中心に一部の電気料金は自由化されている。

 しかし小規模事業所や家庭向けの電気料金はまだ規制の対象となっているほか、送電網が地域電力会社の所有となっていることから、公平な競争が実現できないとの指摘がある。
 政府では電力システム改革法に基づき、2016年をメドに家庭用も含めて電力の小売を完全自由化し、2018年から2020年にかけて送配電の分離を実施したい考えだ。

 ソフトバンクは現在のところ、大口需要家向けの電力事業者としての参入だが、2016年の完全自由化のタイミングで家庭用電力販売に進出する予定である。
 同社グループはすでに通信事業者として多くの世帯と契約を行っている。電気料金が自由化されれば、携帯電話とのセット割引などが可能となるため、利用者によっては、安い料金で電力を利用できるようになる可能性がある。同社の場合、発電所のほとんどが太陽光なので、価格面よりも環境に優しいといった別の部分を強調した販売戦略を採用する可能性もある。

 家庭用の電力小売にどれほどの企業が名乗りを上げるのかは分からないが、地域独占にあぐらをかいていた家庭用電力の分野に競争相手が出てくることは基本的に歓迎すべきことだろう。
 だが電力が自由化されたからといって、電気料金が単純に安くなると考えるのは早計である。場合によっては電気料金が上昇する可能性があることも利用者は頭に入れておく必要がある。

 現在の日本における家庭用電力の料金は1キロワットあたり約30円となっており、諸外国に比べるとかなり高い。米国は平均約12円(米国地域差が大きく、1キロワットあたり7円から25円までバラツキがある)、英国は23円、自然エネルギーを重視しもっとも高い部類に入るドイツでも26円程度である。
 従来の電気料金は、電力会社がコストを積み上げる総括原価方式によって算定されている。電力会社間には競争がないため、事実上、電力会社の言い値で電気料金が決定される。もっとも電力会社は過剰な利益を計上できないよう制限が課せられており、コスト積み上げといっても、電力会社が法外な利益を上げてきたわけではない。
 だが地域独占の立場を維持するため、下請け企業や地域への配分も含め、コストをあまり考えず事業を行ってきたのは事実である。基本的には競合の参入によって価格低下が期待されると考えてよいだろう。

 だが一方で、電気料金の2割を燃料代が占めているのも事実である。他の部分でコストダウンが可能であっても、燃料費が高騰すれば電気料金は跳ね上がる可能性もある。実際、諸外国で自由化を実施したところの多くが、燃料費の高騰によって逆に電気料金が上昇するという現象が起きている。
 料金の引き下げは、自由化がもたらすメリットのひとつではあるが、それがすべてではない。自由化を行う最大のメリットは、利用者における選択肢の確保であり、価格低下はあくまで副産物であることを認識しておく必要があるだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

gunmap
銃規制の議論が高まる米国で、銃所有者の住所氏名を検索できるサイトが登場

 米コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件をきかっけに、米国は銃規制をめぐる …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

bukkajoushou
物価上昇の伸びは着実に鈍化。だが一方で国民はインフレを懸念

 総務省は2014年9月26日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …