ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日本、韓国、マレーシア、フィリピンの4カ国を訪問すると発表した。日本には4月22日から23日まで滞在する方向で調整が進められている。実現すればオバマ大統領の来日は2010年1月以来となる。

obamadenwa

 オバマ大統領は滞在中、安倍首相と首脳会談を行い、米軍普天間基地の移設問題や北朝鮮問題、東アジア情勢などについて意見交換する予定となっている。現在、日本と米国は歴史認識問題をめぐってギクシャクした関係にあり、日本としては今回の会談でこうした状況を打開したい意向だ。

 日本側はオバマ大統領との関係をより密にするため国賓待遇で2泊する日程を求めているが、これについては微妙な状況となっている。
 今回のアジア歴訪では、韓国が日本と同様に韓国も訪問するよう強く求めており、この調整によって日程がタイトになってしまった。米国側は基本的に1泊での滞在を考えており、国賓待遇に難色を示しているという。

 ただこうしたスケジュール的な面とは別に、国賓待遇での来日に調整がつかないこと関して、別な理由が存在しているとの見方もある。それは天皇陛下とのやり取りに関するものである。

 オバマ大統領の来日が国賓待遇となれば、天皇陛下主催の宮中晩餐会が催され、そこでは何らかのスピーチが行われることになる。天皇・皇后両陛下は、日本の右傾化や米国との関係悪化に懸念を示しているといわれており、皇室としては異例の政治的発言を何度か行っている。
 天皇陛下が歴史認識問題や米国との関係についてより突っ込んだ発言を行い、オバマ大統領がそれに応えるというシナリオが描ければ、日米同盟の強固さを世界にアピールできることになる。

 皇室は政治的に中立な存在とされているが、天皇陛下が日本の国家元首である以上、厳密な意味での政治的中立はあり得ない。2009年にオバマ大統領が来日し、天皇・皇后両陛下と会見した際、90度のおじぎをして大きな話題となったことがある。国家元首どうしのやり取りは象徴以上の意味を持っており、これは国際的な常識といえる。

 中国の台頭にともなって米国のアジア太平地域における最大の関心は中国にシフトしている。2014年は、米国と中国にとって国交樹立35周年という節目の年となっており、現在、両国はアジア地域の経済や安全保障問題をめぐって、大がかりな包括的交渉を行っている最中である。

 このような微妙な時期であるだけに、米国側は天皇陛下主催の晩餐会というインパクトのあるイベントをなるだけ回避したいと考えているフシがある。
 さらにうがった見方をすれば、米国側だけではなく、日本側にも日米の関係改善に消極的になる理由があると解釈することもできる。保守派の一部は、天皇陛下が歴史認識問題に言及してしまうと、日本の保守化の流れがストップしてしまうと危惧している可能性があるからだ。

 いずれにせよ、米国は日本と中韓の緊張緩和を求めてくる可能性が高く、日本側がどのように対応するのかが注目される。

 - 政治 , ,

  関連記事

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …

kitachosenmisairu
北朝鮮がミサイル発射延期。だが日本政府にとっては基本的に他人事

 北朝鮮が発射予告している長距離弾道ミサイルについて、発射が延期される可能性が高 …

obamaaquino201404
米国がフィリピンと新軍事協定。本格的な米軍駐留が再開されるが・・・

 米国政府とフィリピン政府は2014年4月28日、米軍のフィリピン展開を強化する …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

furusatonozei
ようやく聞こえてきた、ふるさと納税制度に対する自治体からの異論

 ふるさと納税に対する異論が一部の自治体から出始めている。今のところ、税収が減っ …

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …