ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日本、韓国、マレーシア、フィリピンの4カ国を訪問すると発表した。日本には4月22日から23日まで滞在する方向で調整が進められている。実現すればオバマ大統領の来日は2010年1月以来となる。

obamadenwa

 オバマ大統領は滞在中、安倍首相と首脳会談を行い、米軍普天間基地の移設問題や北朝鮮問題、東アジア情勢などについて意見交換する予定となっている。現在、日本と米国は歴史認識問題をめぐってギクシャクした関係にあり、日本としては今回の会談でこうした状況を打開したい意向だ。

 日本側はオバマ大統領との関係をより密にするため国賓待遇で2泊する日程を求めているが、これについては微妙な状況となっている。
 今回のアジア歴訪では、韓国が日本と同様に韓国も訪問するよう強く求めており、この調整によって日程がタイトになってしまった。米国側は基本的に1泊での滞在を考えており、国賓待遇に難色を示しているという。

 ただこうしたスケジュール的な面とは別に、国賓待遇での来日に調整がつかないこと関して、別な理由が存在しているとの見方もある。それは天皇陛下とのやり取りに関するものである。

 オバマ大統領の来日が国賓待遇となれば、天皇陛下主催の宮中晩餐会が催され、そこでは何らかのスピーチが行われることになる。天皇・皇后両陛下は、日本の右傾化や米国との関係悪化に懸念を示しているといわれており、皇室としては異例の政治的発言を何度か行っている。
 天皇陛下が歴史認識問題や米国との関係についてより突っ込んだ発言を行い、オバマ大統領がそれに応えるというシナリオが描ければ、日米同盟の強固さを世界にアピールできることになる。

 皇室は政治的に中立な存在とされているが、天皇陛下が日本の国家元首である以上、厳密な意味での政治的中立はあり得ない。2009年にオバマ大統領が来日し、天皇・皇后両陛下と会見した際、90度のおじぎをして大きな話題となったことがある。国家元首どうしのやり取りは象徴以上の意味を持っており、これは国際的な常識といえる。

 中国の台頭にともなって米国のアジア太平地域における最大の関心は中国にシフトしている。2014年は、米国と中国にとって国交樹立35周年という節目の年となっており、現在、両国はアジア地域の経済や安全保障問題をめぐって、大がかりな包括的交渉を行っている最中である。

 このような微妙な時期であるだけに、米国側は天皇陛下主催の晩餐会というインパクトのあるイベントをなるだけ回避したいと考えているフシがある。
 さらにうがった見方をすれば、米国側だけではなく、日本側にも日米の関係改善に消極的になる理由があると解釈することもできる。保守派の一部は、天皇陛下が歴史認識問題に言及してしまうと、日本の保守化の流れがストップしてしまうと危惧している可能性があるからだ。

 いずれにせよ、米国は日本と中韓の緊張緩和を求めてくる可能性が高く、日本側がどのように対応するのかが注目される。

 - 政治 , ,

  関連記事

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …

no image
(速報)オバマ大統領再選確実

 開票が始まっていた米大統領選挙において、オバマ大統領の再選がほぼ確実となった。 …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

suti
ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視

 民主化と経済開放が進んでいるはずのミャンマーで、仏教徒による大規模なイスラム少 …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

mof02
与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …