ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英中央銀行がフォワードガイダンスを見直し。これってどういう意味?

 

 英国の中央銀行であるイングランド銀行は2014年2月12日、金融政策の見通しをはっきり示す「フォワード・ガイダンス」と呼ばれる手法を見直すと発表した。経済の成長が予想以上に好調で、緩和継続の目安としてきた失業率7%を切ることが確実になってきたことが主な原因。

towerbridge

 フォワード・ガイダンスとは、量的緩和や金利など、中央銀行の金融政策の見通しについて、よりはっきりと示す手法のこと。
 例えば「失業率が6.5%を切るまでは緩和を継続する」「インフレ率が2%を下回っているうちは金利を上げない」など、中央銀行が具体的なメッセージを発することを指す。

 中央銀行のスタンスがはっきりしていれば、投資家はそれに合わせて行動することになる。中央銀行のスタンスをめぐって疑心暗鬼になる必要はないので、金融政策の効果を高めることができるといわれている。もともとは「時間軸政策」という名称で日銀が始めたものだが、現在では米FRB(連邦準備制度理事会)や英イングランド銀行など、各国の中央銀行が積極的にこの手法を採用している。

 一方フォワードガイダンスには弊害もある。目標とした指標と実体経済の状況が合致していればよいが、必ずしもそうとは限らないからである。米国は失業率6.5%を目安とするフォワードガイダンスを導入しているが、失業率はすでに6.6%に低下しており、額面通りに受け取れば、緩和縮小とともに、高金利政策に移行するタイミングとなる。米国は緩和縮小は開始しているが、金利は引き続き低め誘導を行う方針をあらためて強調している。

 こうしたズレがもっとも顕著になってしまったのが英国というわけである。イングランド銀行のカーニー総裁が就任した2013年8月当時は失業率が8%と高く、イングランド銀行は7%を目安とするフォワードガイダンスを実施してきた。だが年後半から英国の経済は急回復し、あっという間に失業率は7%を切る勢いとなっている。

 だが経済成長が顕著になってきたとはいえ、あらゆる産業分野が好調というわけではなく、経営者の中には金利上昇にかなりの抵抗感を持つ人も多い。このためイングランド銀行では、フォワードガイダンスを見直し、当面は低金利を維持する方向性を明確にした。

 英国の場合は、一種の嬉しい悲鳴ともいえるが、結果的に金融政策の今後の透明性は低下し、もとのやり方に戻ってしまった。経済は生き物であり、経済モデルの解析だけではすべてを説明することは難しい。やはり中央銀行のトップにはマエストロ的な能力が求められるのかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …

bukkajoushou
消費税の便乗値上げはあったのか?4月の東京都区部の消費者物価指数は2.7%上昇

 消費増税後、初の物価統計として注目されていた4月における東京都区部の消費者物価 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …