ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「改憲論者」安倍首相の憲法解釈見直し論に対し、党内「改憲論者」から反発の声

 

 安倍首相の集団的自衛権行使に関する憲法解釈見直しについて、与党内部から批判の声が上がっている。批判しているのは護憲派でなく保守派。憲法解釈の見直しによる集団的自衛権の行使を認めてしまうと、憲法改正が不要になってしまうと危惧している。

abe20140213

 安倍氏の政治的な目標が憲法改正にあることは間違いなく、集団的自衛権の憲法解釈見直しをステップにして、最終的には憲法改正の議論につなげたい考えだ。
 だが集団的自衛権に関する議論は、ややもすると憲法改正に対して逆効果となる可能性があるという点は以前から指摘されていた。

 そもそもなぜ憲法を改正するのかという理由には、大きく分けて二つある。ひとつは日本には自主憲法が必要だからというもの(敗戦をきっかけに米国に押しつけられたという成立過程そのものを問題視している)、もうひとつは軍事力が行使できるよう憲法9条を改正する必要があるからというものである。も ちろんその両方ということもあるだろう。

 集団的自衛権の行使はそもそも民主国家には当然の権利として付与されているものであり、憲法の条文よりさらに上位に位置する法の精神のレベルにおいて保障されている。日本国憲法は典型的な英米法であることを考えれば、憲法9条の条文が存在していても、総合的な解釈で行使を容認することは、政治的にはともかく、法理論的にはそれほど難しい話ではない。
 米国は日本に対して政治的障壁の高い憲法改正よりも、より実務的な憲法解釈見直しによる集団的自衛権の行使を求めており、安倍政権の方向性も基本的にこれに沿ったものといえる。

 だが安倍氏は、歴代首相の中でも心情的な面での保守思想が強く、そうであればこそ、改憲論者は安倍氏に期待しているところが大きかった。歴史認識にこだわり、自主憲法制定への思い強い安倍氏と、憲法解釈見直しを最優先する安倍氏の姿には大きなギャップがある。与党内の改憲論者からこうした反発の声が上がるのは時間の問題であった。

 現在の国際情勢を考えれば、憲法解釈の見直しによる集団的自衛権の行使容認は、現実的ニーズに即した適切なものといえるだろう。
 一方、最近の憲法改正論議は、なぜ憲法を改正するのかという根本的な部分があいまいになっている印象が拭えない。中には、改憲のための改憲ともとれる安直な議論も散見される。これでは国の根幹を成す憲法改正の議論としてはあまりにも心もとない。憲法解釈の見直しをきっかけに、憲法改正がなぜ必要なのか、あらためて議論していくことが重要だろう。

 - 政治 ,

  関連記事

ecb
EUが銀行監督一元化で合意。欧州は後戻りできない道に入った!

 欧州連合(EU)は13日に開いた財理事会で、ユーロ圏の銀行監督業務をECB(欧 …

abeobama
夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実

 米国を訪問した安倍首相は、日本時間23日未明(現地時間22日午後)、オバマ米大 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

abekenpou
憲法解釈の見直しに、何故か内閣法制局が障壁となっていた日本の不思議

 安倍首相は8月2日、内閣法制局の新しい長官に、集団的自衛権の行使に前向きとされ …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

kaigoshokuin
介護職員が38万人不足との推計。抜本的な解決策は見当たらず・・・

 厚生労働省は2015年6月24日、全国で介護職員が約38人足りなくなるという推 …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …