ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国での原発トラブルが止まらない!本当にヤバイのでは?との声も

 

 韓国で原発のトラブルが相次いでいるが、このところその傾向に拍車がかかっている。

 7月末に南西部の霊光原発6号機が故障し運転を一時停止した。詳しい原因は不明だが、制御棒駆動装置に供給される電源系統側に問題が生じたと見られる。

 続いて8月19日、慶尚北道にある新月城原子力発電所1号機が故障により停止した。炉心に挿入した燃料棒が滑り緊急停止装置が働いた。この炉は、 8月31日に商業運転を開始してからわずか19日しか経っていない。

 さらに10月2日、今度は南部釜山郊外の新古里原発1号機が故障し発電を停止した。原因はやはり制御棒関連システムの故障。しかも同じ日、全羅南道にある霊光原発5号機も故障で停止した。こちらは、蒸気発生器の異常が原因。

 事故はまだまだ続く。10月28日には韓国東部の蔚珍原発2号機においてタービン制御系の部品が故障して運転を停止。さらに29日には、慶尚北道の月城原発1号機が突然発電を停止した。詳しい原因は分かっていないが、こちらもタービン系統のトラブルと見られる。この炉は、来月20日に30年の設計寿命を迎え、そのまま使用するかどうかで議論が分かれていた。
 まとめると以下のようになる。

原子炉名 稼動 タイプ 故障原因
霊光6号機 2002年 韓国標準型 制御棒関連
新月城1号機 2011年 韓国標準型 制御棒関連
新古里1号機 2011年 韓国標準型 制御棒関連
霊光5号機 2002年 韓国標準型 蒸気発生器
蔚珍2号機 1989年 外国製 タービン
月城1号機 1983年 外国製 タービン

 このほか話題になっていない小さなトラブルは100回以上発生しているといわれる。韓国の原発はほとんどが加圧水型と呼ばれるもので、初期はすべて外国製であったが、最近ではアセア・ブラン・ボベリ社からの技術導入によって韓国で独自開発されたタイプ(韓国標準型原発)が多い。

 これまでの事故を見てみると、蔚珍2号機 月城1号機は設計寿命が近づいている外国性の古いタイプであり、トラブルもタービン系という原子炉外部の場所となっている。
 問題なのは韓国が独自に開発したと主張している韓国標準型。故障を起こした原子炉の多くを占めており、しかも故障原因を見てみると、どれも制御棒関連のトラブルが中心だ。制御棒は原子炉の安全性を担保する最後の砦であり、この部分にトラブルが多いというのは、かなり深刻な状況になっている可能性もある(原子力技術者)。霊光5号機の故障原因である蒸気発生器も原子炉の心臓部ひひとつであり制御棒と同様、重大性が高い。

 日本でも原発の停止で電力不足といわれているが、これは電力会社の自作自演であり、実際には火力発電を中心にかなり余力がある。だが韓国の電力事情は本当に逼迫していて、どんなに危ない原発でも止めることができないという事情がある。

 小さな事故が連続して起こった後には大きな事故が起こりやすいといわれている。日本では大きな原発事故があったばかりということもあり、これまで韓国原発のトラブル報道にはそれほど高い関心が寄せられていなかった。だが、ここまでトラブルが連続すると「本当にマズイ状況なのでは?」という声も上がってきている。実態の解明が急がれる。

 - 社会

  関連記事

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

kokou
高校教育の質は偏差値には影響を与えないが、仕事をする能力には影響を与えている!

 政府の教育再生実行会議が、国立大学入試を学力だけの評価から人物など多面的な評価 …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …

no image
ルイヴィトンのオーナーが課税強化を嫌ってベルギー国籍を取得

 フランスの大富豪で「LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)」会長のベルナール・ …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …