ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10~12月期のGDPは輸出不振から予想を下回る。早くも補正予算追加との声も

 

 内閣府は2014年2月17日、2013年10~12月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDP成長率は 前期比プラス0.3%、年率換算ではプラス1.0% だった。輸入が輸出を大きく上回り、貿易赤字が拡大したことが、全体の数値を押し下げた。

businessman02

 市場ではプラス0.7%程度を予想する声が多かったことから、今回の結果は市場予想を大きく下回ったことになる。
 現在の日本経済は完全に公共事業に依存する体質となっており、大型の公共事業が発動された2013年前半に比べて後半が失速することはある程度予想されていた。だが貿易赤字の拡大が予想よりも大きかったことから、後半の失速がより大きなものになった。

 項目別ではやはり公共事業と消費税増税を前にした住宅の駆け込み需要が目立つ。公的資本形成は前期比プラス2.3%、民間住宅はプラス4.2%となった。
 これに対して個人消費はプラス0.5%、民間設備投資は増加しているもののプラス1.3%の伸びにとどまっており、輸出の増大には追い付かなかった。公的資本形成は相対的に伸びが大きいといっても、4~6月期はプラス6.9%、7~9月期はプラス7.2%だったことを考えると、その効果は薄れている。

 今年は4月に消費税の増税が控えていることから、景気の失速が予想されている。内閣府の2014年度の成長率見通しは1.4%となっている。政府は2月6日に可決した総額5.5兆円の補正予算をできるだけ今年前半に執行し、増税の影響を緩和しようとしている。だが、現在のままでは政府支出の総額が2013年度と変わらないため、大きな効果は期待できない状況にある。

 ここまでは予想の範囲内だったが、今回のGDPの結果でさらに貿易赤字拡大というマイナス要素が加わることになってしまった。すでに日銀には追加緩和圧力が高まっており、政府与党内部からは追加の補正予算を求める声も出始めている。株価の下落もあり、安倍政権としては何としても景気を持たせたいところだが、追加の補正予算ということになると、さらに日本の経済の公共事業依存度が高まることになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

sharp
シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることにな …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

yukashi03
このタイミングでアブラハム社が行政処分となった背景は何か?

 証券取引等監視委員会が投資助言会社アブラハム・プライベートバンクを行政処分する …

tokyotower
経常収支が3ヶ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・

 財務省は3月8日、1月の国際収支を発表した。経常収支は3648億円の赤字で、経 …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …