ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の発言が話題となっている。渡辺氏は元財務官でいわゆる国際的な通貨マフィアの一員ともいわれる人物。通常は、立場上、マーケットの動きに言及することがないだけに、その真意をめぐって様々な憶測が流れている。

jbicwatanabe

 渡辺氏の一連の発言は、2014年2月14日の講演で出てきたもの。日本が3カ月連続で経常赤字になったことについて「日本の根源的な強さがひっくりかえるかもしれない」と述べ「2月の赤字ということになると、日本の体質が変わったと市場が認定する可能性がある」と分析した。さらには「3月には市場が混乱するかもしれない」と時期まで明示して、市場の混乱に懸念を表明している。

 経済学的に言えば、経常収支が赤字なのか黒字なのかは、経済成長にとってニュートラルである。だが政治的には経常赤字は「悪」と認識されているし、これまで経常黒字だった国が、赤字体質に転換すれば国内経済にそれなりの影響を与えることになる。したがって、渡辺氏のような立場の人物であれば、その本心はともかくとして「急激な経常収支の変化は好ましくない」といったあたりが教科書的な発言ということになるだろう。

 だが渡辺氏はあえて「日本の強さがひっくり返る」として経常赤字転落のマイナス影響が極めて大きいことを強調している。さらにマーケット関係者が驚いたのが、3月という時期まで明示して、市場の混乱を警戒している点である。

 海外のヘッジファンドをはじめとするいわゆる投機筋が、かなり前から日本円や日本国債を売るタイミングを虎視眈々と狙っていることは周知の事実である。円については量的緩和で円安が進んだものの、国債については金利が低くなる一方で、多くのファンドが売り崩しに失敗して撤退している。
 ファンドが次に狙うタイミングは、日本の経常収支赤字化である可能性が高く、渡辺氏の発言はそのあたりを意識しているのかもしれないと憶測を呼んでいるのである。

 市場の動きとは別に、渡辺氏が財務省出身であることから、財務省の意向が大きく影響しているとの見方もある。経常収支が慢性的な赤字となると、それは貯蓄投資バランスという観点から、貯蓄不足が想起されることになり、国債の消化余力に疑問符が付くきっかけとなりかねない。財政再建を最優先したい財務省にとって、金利の上昇は何としても避けたいところであり、経常収支の赤字転落に警鐘を鳴らしたという解釈である。

 3月に市場が荒れるのかどうかはともかく、日本が慢性的な経常赤字体質に向かっていることは事実である。こうした状況において、単なる輸出振興策という従来型の経済政策は意味をなさない。安倍政権はそろそろ現実を見据えた経済政策に舵を切る必要が出てくるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

toshibakojo
東芝が持ち株会社化を検討との報道。情報開示レベルが低下する懸念も

 経営危機が囁かれる東芝が持ち株会社への移行を検討しているとの報道が出ている。持 …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

bukkajoushou
8月の消費者物価指数。コアはマイナス、コアコアはプラスとちぐはぐな状況に

 総務省は2015年9月25日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標であ …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

doragi02
欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討し …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …