ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年における農林水産物の輸出は前年比22.4%増の5506億円となり、過去最高を記録した。海外での和食ブームや円安を追い風にアジア向けが大きく伸びたという。

nougyouyushutu

 農業はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を目前に控え、国際競争力の強化が重要課題となっている。そのような環境の中、輸出が増加することは望ましいことといえる。
 だが農業全体、あるいは日本経済全体という視点で眺めてみると、日本の農業輸出はあまりにも規模が小さい。単なる輸出の振興策だけでは根本的な問題解決にはならないという厳しい現実がある。
 TPPを前提にした日本の農業のあり方を考える上では、各論も重要だが、全体的な規模感をよく認識しておく必要があるだろう。

 農作物の輸出額は過去最高となったが、農業全体から見るとその割合はごくわずかである。2013年における日本の農業の総産出額は約8.5兆円あるが、輸出額は全体のわずか6.5%に過ぎない。政府では農作物の輸出額を1兆円に倍増する計画を掲げている。だが、多くの農作物が輸出競争力に乏しいという現状を考えると、輸出振興策の対象となる農作物はごく一部であり、農業全体の底上げには寄与しない可能性が高い。

 しかも日本経済全体という視点ではさらに厳しい現状が浮かび上がる。2013年における日本の輸出総額は約70兆円もある。日本の輸出全体に占める農作物の割合はわずか0.8%に過ぎない。輸出立国日本という観点で考えると、残念ながら農業の存在感はほぼゼロといってよいのが現実だ。
 一方、日本は諸外国から毎年6.5兆円もの食料を輸入している。TPP問題の本質は、国内の農業生産高8.5兆円と食料品輸入6.5兆円の攻防である。

 もし従来の方針通り、自由化が広範囲に実施されれば、食料品輸入と国内農業生産高が逆転する可能性も出てくる。製造業やサービス業などにおける自由化メリットとの総合判断ということになるが、仮に大きな市場を失うとなった場合には、その受け皿をどうするのか真剣に検討する必要が出てくる。

 農業の国際競争力を強化し輸出に活路を見出すというのはごく一部の話であり、大方の農家にとって解決策にはならない。その事実に目をつぶり、単なる一時的なバラマキで問題を解決するような状況となってしまっては、内需の拡大にも寄与しないことになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

no image
パネッタ米国防長官が来日。主要な議題はオスプレイではない

 米国のパネッタ国防長官が来日している。各メディアは、新型輸送機オスプレイの普天 …

zipcar
米レンタカー大手がカーシェア企業を買収。自動車社会は地殻変動を起こしつつある

 米国のレンタカー大手エイビス・バジェット・グループは2日、カーシェアリング大手 …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

twitter
ツイッターがとうとう折り返し地点?利用者数の伸びが鈍化し株価は大幅下落

 短文投稿サイトの米ツイッターは2015年7月28日、2015年4~6月期決算を …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

no image
復興予算の流用・便乗問題。それは間接的に国民が望んだこと

 東日本大震災の復興予算が、復興と関係の薄い事業に使われていたり、他の予算に振り …

dellmicrosoft
デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900 …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …