ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年における農林水産物の輸出は前年比22.4%増の5506億円となり、過去最高を記録した。海外での和食ブームや円安を追い風にアジア向けが大きく伸びたという。

nougyouyushutu

 農業はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を目前に控え、国際競争力の強化が重要課題となっている。そのような環境の中、輸出が増加することは望ましいことといえる。
 だが農業全体、あるいは日本経済全体という視点で眺めてみると、日本の農業輸出はあまりにも規模が小さい。単なる輸出の振興策だけでは根本的な問題解決にはならないという厳しい現実がある。
 TPPを前提にした日本の農業のあり方を考える上では、各論も重要だが、全体的な規模感をよく認識しておく必要があるだろう。

 農作物の輸出額は過去最高となったが、農業全体から見るとその割合はごくわずかである。2013年における日本の農業の総産出額は約8.5兆円あるが、輸出額は全体のわずか6.5%に過ぎない。政府では農作物の輸出額を1兆円に倍増する計画を掲げている。だが、多くの農作物が輸出競争力に乏しいという現状を考えると、輸出振興策の対象となる農作物はごく一部であり、農業全体の底上げには寄与しない可能性が高い。

 しかも日本経済全体という視点ではさらに厳しい現状が浮かび上がる。2013年における日本の輸出総額は約70兆円もある。日本の輸出全体に占める農作物の割合はわずか0.8%に過ぎない。輸出立国日本という観点で考えると、残念ながら農業の存在感はほぼゼロといってよいのが現実だ。
 一方、日本は諸外国から毎年6.5兆円もの食料を輸入している。TPP問題の本質は、国内の農業生産高8.5兆円と食料品輸入6.5兆円の攻防である。

 もし従来の方針通り、自由化が広範囲に実施されれば、食料品輸入と国内農業生産高が逆転する可能性も出てくる。製造業やサービス業などにおける自由化メリットとの総合判断ということになるが、仮に大きな市場を失うとなった場合には、その受け皿をどうするのか真剣に検討する必要が出てくる。

 農業の国際競争力を強化し輸出に活路を見出すというのはごく一部の話であり、大方の農家にとって解決策にはならない。その事実に目をつぶり、単なる一時的なバラマキで問題を解決するような状況となってしまっては、内需の拡大にも寄与しないことになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

carnival
洋上火災を起こした大型クルーズ船の姉妹船で、今度は乗客が行方不明

 オーストラリアのクルーズ船で乗客2名が行方不明になっている。5月9日午前、10 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

senkaku
中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた …

abedabos2014
抵抗勢力と徹底的に戦うという安倍首相のスピーチは誰に向けられたものか?

 安倍首相は2014年1月22日、スイスで開かれている世界経済フォーラムの年次総 …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

mizunomaki
水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られて …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

mof05
2016年度予算の概算要求はさらに大型化。財務省は前年度並みに減額したいところだが

 財務省は2015年9月4日、2016年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は …