ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者会見を行い「自動列車制御装置(ATC)は作動していたが、ブレーキが十分に働かなかっ た」と理由を説明した。詳しい事故原因は国土交通省の運輸安全委員会などが調査中だが、雪が車輪とブレーキ・シューの間に挟まって摩擦力が減り、十分減速しなかった可能性があるという。

tokyu5000

 追突事故が発生した2月14日はブレーキが効かず、オーバーランするトラブルが10件発生したとされている。雪が事故の直接的な引き金になったことはほぼ間違いないだろう。
 だが鉄道関係者の中には、もっと本質的な問題が潜んでいる可能性を指摘する声もある。それは車両の過度な軽量化である。

 最近の鉄道車両の多くは、事故を起こした車両も含め回生ブレーキ・システムを搭載しており、車輪とブレーキ・シューの摩擦だけで制動するわけではない。だが当日、ブレーキが効きにくいという報告がいくつも上がっており、回生ブレーキも含めてブレーキが効かなかった可能性がある。もしそうだとすると、雪の影響でレールの上を車輪が滑っている可能性があり、ブレーキ・シューの問題だけではなくなってしまう。

 レールの上を車輪が滑ってしまう理由として考えられるのは車両の重量不足である。鉄道車両が空転することなく動力をレールに伝えるためには一定の摩擦力が必要となるが、それを担保するのは車両の重量ある。したがって鉄道工学上、動力車両の重量はなるだけ重い方がよいとされている。

 一方、重量が重いと消費電力が大きくなり、加速も悪くなる。最近では、コストとスピードアップを優先するため、車両の軽量化が急ピッチで進められている。また台車もボルスタレス台車という簡素で軽量なタイプのものが主流となっている。だが専門家の一部からは、過度な軽量化は脱線の原因になるとして慎重にすべきであるという声が上がっていた。
 このところ鉄道で脱線事故が増えているが、車両の過度な軽量化がその遠因になっている可能性は否定できないのだ。

 軽くて脱線しやすい車両は当然、ブレーキの制動力も弱くなる。もし今回の事故の遠因として車両の軽量化があるのだとすると、抜本的な対策を打つことは容易ではなくなってしまう。今回の事故の最終的な原因はまだ解明されていない。だが大きな事故が起こってからでは遅い。場当たり的な解決ではなく、根本原因を含めた徹底的な調査が必要だろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

nihonkeizai02
円安は製造業の収益力に寄与せず、内需企業は公共事業依存体質が鮮明に

 財務省は2013年12月2日、7~9月期の法人企業統計を発表した。金融業と保険 …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …

eurokabuka
景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近 …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …

matsui
引退表明の松井秀喜。頼むから日本の大学入学、巨人監督という道だけは歩まないでくれ

 現役引退を表明した松井秀喜氏が大学への進学を検討していることが明らかとなった。 …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …