ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者会見を行い「自動列車制御装置(ATC)は作動していたが、ブレーキが十分に働かなかっ た」と理由を説明した。詳しい事故原因は国土交通省の運輸安全委員会などが調査中だが、雪が車輪とブレーキ・シューの間に挟まって摩擦力が減り、十分減速しなかった可能性があるという。

tokyu5000

 追突事故が発生した2月14日はブレーキが効かず、オーバーランするトラブルが10件発生したとされている。雪が事故の直接的な引き金になったことはほぼ間違いないだろう。
 だが鉄道関係者の中には、もっと本質的な問題が潜んでいる可能性を指摘する声もある。それは車両の過度な軽量化である。

 最近の鉄道車両の多くは、事故を起こした車両も含め回生ブレーキ・システムを搭載しており、車輪とブレーキ・シューの摩擦だけで制動するわけではない。だが当日、ブレーキが効きにくいという報告がいくつも上がっており、回生ブレーキも含めてブレーキが効かなかった可能性がある。もしそうだとすると、雪の影響でレールの上を車輪が滑っている可能性があり、ブレーキ・シューの問題だけではなくなってしまう。

 レールの上を車輪が滑ってしまう理由として考えられるのは車両の重量不足である。鉄道車両が空転することなく動力をレールに伝えるためには一定の摩擦力が必要となるが、それを担保するのは車両の重量ある。したがって鉄道工学上、動力車両の重量はなるだけ重い方がよいとされている。

 一方、重量が重いと消費電力が大きくなり、加速も悪くなる。最近では、コストとスピードアップを優先するため、車両の軽量化が急ピッチで進められている。また台車もボルスタレス台車という簡素で軽量なタイプのものが主流となっている。だが専門家の一部からは、過度な軽量化は脱線の原因になるとして慎重にすべきであるという声が上がっていた。
 このところ鉄道で脱線事故が増えているが、車両の過度な軽量化がその遠因になっている可能性は否定できないのだ。

 軽くて脱線しやすい車両は当然、ブレーキの制動力も弱くなる。もし今回の事故の遠因として車両の軽量化があるのだとすると、抜本的な対策を打つことは容易ではなくなってしまう。今回の事故の最終的な原因はまだ解明されていない。だが大きな事故が起こってからでは遅い。場当たり的な解決ではなく、根本原因を含めた徹底的な調査が必要だろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

menkyo
韓国で自動車免許を取得する中国人が急増中。日本人の利用も

 最近、韓国の自動車教習所で免許を取得する中国人が急増しているという。自動車免許 …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

sakuranomiya01
桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

itoyokado
イトーヨーカドーが20店舗を閉鎖。エースだった社長の電撃辞任で内部体制もガタガタ

 セブン&アイ・ホールディグスは2016年3月8日、傘下の総合スーパーであるイト …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …