ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト」を買収した経緯をめぐって波紋が広がっている。シャフトの開発には国費が投じられているが、官民ファンドである産業革新機構に追加支援を依頼したところ断られ、やむを得ずグーグルに売却することになったという。

shaft01

 国費を投じて開発された日本の優秀な技術が、いとも簡単に米国の軍事技術として買収されてしまったわけだが、こういったケースでは、国をあげて支援すべきという安易な声につながりやすい。
 だが日本でこうしたベンチャーを育成できない最大の原因は、産業革新機構に代表されるような、官主導でベンチャー支援を行う風土そのものにある。国をあげてベンチャーを育成したいのなら、むしろ国の関与を減らした方が効果的なのだ。

 シャフトの技術は、産業技術総合研究所での研究がベースになっており、日経新聞の報道によると、金額は明かされていないものの、その開発には国費が投入されているという。
 同社は、2013年12月に開催された米国のロボット競技会で優勝し、その前後にグーグルによる買収が発表された。同競技会は、米国防総省国防高等研究計画局が主催しているもので、その目的はズバリ、軍事用ロボットの開発である。

 シャフトは国内企業に資金提供を依頼したが断られ、官民ファンドである産業革新機構にも打診をしたもののやはり断られたという。グーグルだけが資金提供を申し出たことで買収に至ったとされる。
 こうした状況に対して憂慮する声が上がっているわけだが、もっとも危惧されるのは、国による支援体制をさらに強化せよという声が高まることである。これは完全に逆効果となる可能性が高い。

 日本では、事前に有望な分野を絞り込み、集中的に国家予算を投入すれば高い成果が得られるという認識が強く、特定分野を支援する政策が主流となっている(ターゲティング・ポリシー)。科学技術が未熟な途上国では有効に機能するが、本当のイノベーションを必要とする先進国ではそういった概念は通用しないというのが国際的なコンセンサスになっている。だが日本ではいまだにそうした途上国的価値観が根強い。

 官民ファンドである産業革新機構もその概念に基づいて設立された組織なのだが、官というもっとも保守的な組織が、将来有望な技術を見極め、計画的に育成することができるほど、イノベーションや国際競争の世界は甘くない。
 グーグルの創業者は勝手に創業し、民間のベンチャーキャピタルは純粋に営利目的でいち早く投資を決めただけのことである。国際競争力をつけるためには、競争環境を整備することに全力を傾け、あとは有望な技術が育つのを待つしかないのである。

 今回の事例をきっかけに支援体制の強化が叫ばれれば、経済産業省はさらに予算を増額し、新しい官民ファンドや支援組織を作るだけである。国による支援体制が強化されればされるほど、リスクを取る文化はなくなり、シャフトのような会社に出資する企業やファンドは少なくなるだろう。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

hitogomi
投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

bouekitoukei201403
3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

okane201407
インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …