ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかになった。社会保障費の抑制が叫ばれる中、生涯現役という体制にシフトしつつあることが裏付けられた。
 ただ高齢者の中で働いている人の割合いはさほど増えておらず、働く必要がある人とそうでない人の格差は縮まっていない。

koureishasigoto

 2013年12月の就業者数は6311万人だったが、このうち65歳以上の人は636万人に達し、全体の1割を超えた。日本の財政は逼迫しており、社会保障費の給付抑制が急務となっているが、生涯現役という体制は、社会保障費を抑制する有力な手段となる。今後もこの傾向に拍車がかかってくる可能性が高い。

 ただこうした状況は貧しさの裏返しでもある。欧州では働く高齢者の割合いは数%というところが多いのだが、それは手厚い年金制度でリタイア可能な人がまだ多いことを物語っている。日本は生涯現役に舵を切らないと生活が成り立たないという方が現実に近い。

 日本の高齢者の貧困率は20%に達するといわれているが、これはドイツや英国の2倍近くの水準である。ここまで貧困率が高いのは、先進国では米国くらいしかない。米国ではオバマケアが始まった昨年10月より前は、一部を除いて公的な医療保険や年金制度がなかった。日本には国民皆保険制度があることを考えると、この貧困率の高さは際立っている。

 65歳以上の就業者数が高齢化によって増えているのは事実だが、65歳以上の人で働いている人の割合いは実はあまり変化していない。2003年には19.7%だったが、現在は20.0%に増えたに過ぎない。年金がたっぷりあり、働かなくてもよい大企業の社員や公務員と、生涯働かないと生活できな一般的な労働者の差はあまり縮まっていないのが現実だ。

 ただこうした状況は今だけのことである可能性も高い。今後は大企業の社員でも十分な年金をもらうことが難しくなるため、よほどの富裕層か公務員でない限りは、基本的に生涯労働という形が原則になってくるだろう。ただ、仕事を持っていると病気になりにくいというのは、臨床的にはよく知られており、生涯労働が当たり前になれば、寝たきりとなる人の割合いなども減少するかもしれない。

 高齢化や生産年齢人口の減少は避けて通ることができない課題なので、このことを自体を嘆いても意味がない。生涯労働であることを前提とした制度設計や、生涯労働制度によって若い世代の就労チャンスが奪われないような配慮が必要である。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

joshi
大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ …

morusi
エジプトでイスラム憲法が承認。一部では預金引き出しの動きも

 イスラム色が強く民主的でないとして反発の声が大きかったエジプトの新憲法が26日 …

orando02
フランスがアフリカで2つの軍事作戦を同時決行。ソマリアでの作戦は完全に失敗

 フランス政府は12日、ソマリアのイスラム武装勢力に拘束されている諜報部員を救出 …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

roujin
都市在住高齢者の地方施設への移住が検討されている背景とは?

 都市部における介護施設不足の解決策として、地方施設への移住を促す動きが活発化し …

Buenos Aires
アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきてい …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …