ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかになった。社会保障費の抑制が叫ばれる中、生涯現役という体制にシフトしつつあることが裏付けられた。
 ただ高齢者の中で働いている人の割合いはさほど増えておらず、働く必要がある人とそうでない人の格差は縮まっていない。

koureishasigoto

 2013年12月の就業者数は6311万人だったが、このうち65歳以上の人は636万人に達し、全体の1割を超えた。日本の財政は逼迫しており、社会保障費の給付抑制が急務となっているが、生涯現役という体制は、社会保障費を抑制する有力な手段となる。今後もこの傾向に拍車がかかってくる可能性が高い。

 ただこうした状況は貧しさの裏返しでもある。欧州では働く高齢者の割合いは数%というところが多いのだが、それは手厚い年金制度でリタイア可能な人がまだ多いことを物語っている。日本は生涯現役に舵を切らないと生活が成り立たないという方が現実に近い。

 日本の高齢者の貧困率は20%に達するといわれているが、これはドイツや英国の2倍近くの水準である。ここまで貧困率が高いのは、先進国では米国くらいしかない。米国ではオバマケアが始まった昨年10月より前は、一部を除いて公的な医療保険や年金制度がなかった。日本には国民皆保険制度があることを考えると、この貧困率の高さは際立っている。

 65歳以上の就業者数が高齢化によって増えているのは事実だが、65歳以上の人で働いている人の割合いは実はあまり変化していない。2003年には19.7%だったが、現在は20.0%に増えたに過ぎない。年金がたっぷりあり、働かなくてもよい大企業の社員や公務員と、生涯働かないと生活できな一般的な労働者の差はあまり縮まっていないのが現実だ。

 ただこうした状況は今だけのことである可能性も高い。今後は大企業の社員でも十分な年金をもらうことが難しくなるため、よほどの富裕層か公務員でない限りは、基本的に生涯労働という形が原則になってくるだろう。ただ、仕事を持っていると病気になりにくいというのは、臨床的にはよく知られており、生涯労働が当たり前になれば、寝たきりとなる人の割合いなども減少するかもしれない。

 高齢化や生産年齢人口の減少は避けて通ることができない課題なので、このことを自体を嘆いても意味がない。生涯労働であることを前提とした制度設計や、生涯労働制度によって若い世代の就労チャンスが奪われないような配慮が必要である。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

abehobei
TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?

 日米首脳会談を終え、安倍政権はTPPへの参加問題について「関税撤廃の例外品目が …

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …