ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要望する文書を政府と与野党に提出した。自動車メーカー首脳を集めた記者会見で、自工会会長であるトヨタの豊田章男社長は、「自動車ユーザーばかりに負担を強いるのは不公平」と強調した。

 自工会では2税が維持されたまま消費税率が10%に引き上げられた場合、国内の新車販売は年間400万台を大幅に下回るとの試算結果を公表している。

 だが消費税の増税で苦しいのはどの業界も同じ。しかも自動車業界には、エコカー減税など多額の実質的補助金が山のように注がれている。自動車業界は、税金の恩恵をもっとも受けている業界のひとつであり、自らが被害者であるかのような豊田章男社長の発言は、大きな反発を呼びそうだ。

 消費税増税の是非はともかくとして、その目的は財政再建と社会保障費の拡充である。一方で増税して他では減税していたのでは、増税の意味がなくなってしまう。また自動車2税は貴重な地方税の財源でもあり、2税の廃止は地方分権にも完全に逆行している。

 このように各業界がワガママを主張し、そのたびにそれを政府が受け入れていては、消費税の増税はすべて骨抜きになってしまう。結局のところ、生活必需品だけが増税され、一般国民の生活が苦しくなるだけだ。

 現在の自動車税の水準で商売ができないのなら、いっそ廃業してしまってもよいのではないか?独フォルクスワーゲンは50万円の超低価格車を投入する見通しだという。ユーザーにとっては日本車かどうかは関係ない。安くていいものであれば何でもよいのだ。

 日本メーカだってかつては、「安くていいものであれば何でもいいでしょ!と言ってアメリカ市場にあれだけ自動車を売り付けたのだから文句はあるまい。

 - 政治, 経済

  関連記事

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

komonsodanyaku
東証が顧問・相談役制度の情報開示を要請も、この習慣はなくならない?

 上場企業のトップ経験者などが、顧問や相談約などの形で会社に残ることについて批判 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

seifusenyouki
安倍首相が米国訪問に出発。日本側だけが大はしゃぎで米国側は無関心

 安倍首相は21日夕方、オバマ大統領との首脳会談を行うため、政府専用機で首都ワシ …

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …