ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要望する文書を政府と与野党に提出した。自動車メーカー首脳を集めた記者会見で、自工会会長であるトヨタの豊田章男社長は、「自動車ユーザーばかりに負担を強いるのは不公平」と強調した。

 自工会では2税が維持されたまま消費税率が10%に引き上げられた場合、国内の新車販売は年間400万台を大幅に下回るとの試算結果を公表している。

 だが消費税の増税で苦しいのはどの業界も同じ。しかも自動車業界には、エコカー減税など多額の実質的補助金が山のように注がれている。自動車業界は、税金の恩恵をもっとも受けている業界のひとつであり、自らが被害者であるかのような豊田章男社長の発言は、大きな反発を呼びそうだ。

 消費税増税の是非はともかくとして、その目的は財政再建と社会保障費の拡充である。一方で増税して他では減税していたのでは、増税の意味がなくなってしまう。また自動車2税は貴重な地方税の財源でもあり、2税の廃止は地方分権にも完全に逆行している。

 このように各業界がワガママを主張し、そのたびにそれを政府が受け入れていては、消費税の増税はすべて骨抜きになってしまう。結局のところ、生活必需品だけが増税され、一般国民の生活が苦しくなるだけだ。

 現在の自動車税の水準で商売ができないのなら、いっそ廃業してしまってもよいのではないか?独フォルクスワーゲンは50万円の超低価格車を投入する見通しだという。ユーザーにとっては日本車かどうかは関係ない。安くていいものであれば何でもよいのだ。

 日本メーカだってかつては、「安くていいものであれば何でもいいでしょ!と言ってアメリカ市場にあれだけ自動車を売り付けたのだから文句はあるまい。

 - 政治, 経済

  関連記事

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

abe201405
集団的自衛権見直しの報告書提出へ。ただ公明への配慮から閣議決定時期は流動的

 集団的自衛権の行使に関する憲法解釈見直しを議論している安倍首相の私的懇談会は、 …

bananki
バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

obamaputin2015
国連総会での各国首脳会談。日は露に、露は米にラブコールを送っているが・・・

 ニューヨークで開かれている国連総会を利用した首脳会談が相次いでいるが、各国のス …

fcatokai
米国からのプルトニウム返還要請は何を意味しているのか?

 日本政府が、米国から研究用として提供されていた高濃度プルトニウムを、米国に返還 …

gooddesign
グーグルマップの受賞禁止で期せずして注目を浴びたグッドデザイン賞のビジネスモデル

 日本デザイン振興会が2013年度グッドデザイン賞の大賞(内閣総理大臣賞)として …

benesse
ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …