ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を全員一致で決定した。また、成長分野などに融資する金融機関向けの低利融資制度の1年延長もあわせて決定した。内容は特に目新しいものではなかったが、株式市場は予想外の反応を見せ、18日の日経平均株価は前日より450円も値を上げて終了した。

nichigin

 金融機関向けの低利融資が延長されれば、金融機関は資金調達がしやすくなるため、融資の増加に何らかのプラス効果があることは間違いない。ただこれが日経平均を450円も上げるほどのインパクトがある政策なのかという点については疑問の余地が残る。

 市場関係者の多くは、今回の市場の反応は日銀に対する追加緩和の催促であると解釈している。内閣府が発表した2013年10~12月期の実質国内総生産(GDP)は、前期比プラス0.3%、年率換算ではプラス1.0%と低迷している。2013年は年初に実施した大型公共事業の効果から前半は好調だが、後半は減速するという見方が一般的であった。また今年は消費税の増税が控えており、今年前半を中心にさらに景気が落ち込むことが予想されている。

 このため市場では、安倍政権が第2次補正予算を編成したり、日銀に追加の量的緩和を要求するのではないかという見方が以前から高まっており、投資ファンドなどもそれを前提にしたポジションを組んでいるといわれている。

 今回、融資延長というちょっとした話題で株価が大きく上昇したのは、市場に政策期待が充満していることの証拠というわけである。空売りをかけていたヘッジファンドが利益確定の買い戻しを行った可能性もあり、真偽のほどは定かではない。だが、少なくとも追加緩和や第2次補正予算編成が市場で既定路線になりつつあるのは事実である。

 財政面、金融面で追加の景気対策が実施されれば、とりあえず株価は持ち直し、GDPの減速も最小限に抑えることができるかもしれない。だが問題はその後である。追加緩和と補正予算を執行してしまえば、持っているカードはすべて使い尽くしてしまったことになる。その後、大きな反動が来る可能性があることを考えれば、最後のカードは温存しておきたいところである。

 規制緩和を軸とした成長戦略を打ち出し、その後の継続的な景気回復につなげるという当初の戦略が行き詰まっている以上、追加緩和という最終手段が持つ意味は大きい。その行使のタイミングをいつにするのかをめぐって、安倍政権は難しい判断を迫られることになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

ekishoutv
TVなどの電子機器販売が壊滅状態。もはや電機メーカーは農業やゼネコンと同じ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、1月の民生用電子機器(AV機器、車 …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …