ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を全員一致で決定した。また、成長分野などに融資する金融機関向けの低利融資制度の1年延長もあわせて決定した。内容は特に目新しいものではなかったが、株式市場は予想外の反応を見せ、18日の日経平均株価は前日より450円も値を上げて終了した。

nichigin

 金融機関向けの低利融資が延長されれば、金融機関は資金調達がしやすくなるため、融資の増加に何らかのプラス効果があることは間違いない。ただこれが日経平均を450円も上げるほどのインパクトがある政策なのかという点については疑問の余地が残る。

 市場関係者の多くは、今回の市場の反応は日銀に対する追加緩和の催促であると解釈している。内閣府が発表した2013年10~12月期の実質国内総生産(GDP)は、前期比プラス0.3%、年率換算ではプラス1.0%と低迷している。2013年は年初に実施した大型公共事業の効果から前半は好調だが、後半は減速するという見方が一般的であった。また今年は消費税の増税が控えており、今年前半を中心にさらに景気が落ち込むことが予想されている。

 このため市場では、安倍政権が第2次補正予算を編成したり、日銀に追加の量的緩和を要求するのではないかという見方が以前から高まっており、投資ファンドなどもそれを前提にしたポジションを組んでいるといわれている。

 今回、融資延長というちょっとした話題で株価が大きく上昇したのは、市場に政策期待が充満していることの証拠というわけである。空売りをかけていたヘッジファンドが利益確定の買い戻しを行った可能性もあり、真偽のほどは定かではない。だが、少なくとも追加緩和や第2次補正予算編成が市場で既定路線になりつつあるのは事実である。

 財政面、金融面で追加の景気対策が実施されれば、とりあえず株価は持ち直し、GDPの減速も最小限に抑えることができるかもしれない。だが問題はその後である。追加緩和と補正予算を執行してしまえば、持っているカードはすべて使い尽くしてしまったことになる。その後、大きな反動が来る可能性があることを考えれば、最後のカードは温存しておきたいところである。

 規制緩和を軸とした成長戦略を打ち出し、その後の継続的な景気回復につなげるという当初の戦略が行き詰まっている以上、追加緩和という最終手段が持つ意味は大きい。その行使のタイミングをいつにするのかをめぐって、安倍政権は難しい判断を迫られることになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

obama20130303
米国で歳出の自動カットがスタート。オバマ大統領がこれを強行する真の狙い

 オバマ大統領は3月1日、米政府の財政支出を自動的にカットする大統領令に署名し、 …

no image
オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。  沖縄県議 …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …