ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を全員一致で決定した。また、成長分野などに融資する金融機関向けの低利融資制度の1年延長もあわせて決定した。内容は特に目新しいものではなかったが、株式市場は予想外の反応を見せ、18日の日経平均株価は前日より450円も値を上げて終了した。

nichigin

 金融機関向けの低利融資が延長されれば、金融機関は資金調達がしやすくなるため、融資の増加に何らかのプラス効果があることは間違いない。ただこれが日経平均を450円も上げるほどのインパクトがある政策なのかという点については疑問の余地が残る。

 市場関係者の多くは、今回の市場の反応は日銀に対する追加緩和の催促であると解釈している。内閣府が発表した2013年10~12月期の実質国内総生産(GDP)は、前期比プラス0.3%、年率換算ではプラス1.0%と低迷している。2013年は年初に実施した大型公共事業の効果から前半は好調だが、後半は減速するという見方が一般的であった。また今年は消費税の増税が控えており、今年前半を中心にさらに景気が落ち込むことが予想されている。

 このため市場では、安倍政権が第2次補正予算を編成したり、日銀に追加の量的緩和を要求するのではないかという見方が以前から高まっており、投資ファンドなどもそれを前提にしたポジションを組んでいるといわれている。

 今回、融資延長というちょっとした話題で株価が大きく上昇したのは、市場に政策期待が充満していることの証拠というわけである。空売りをかけていたヘッジファンドが利益確定の買い戻しを行った可能性もあり、真偽のほどは定かではない。だが、少なくとも追加緩和や第2次補正予算編成が市場で既定路線になりつつあるのは事実である。

 財政面、金融面で追加の景気対策が実施されれば、とりあえず株価は持ち直し、GDPの減速も最小限に抑えることができるかもしれない。だが問題はその後である。追加緩和と補正予算を執行してしまえば、持っているカードはすべて使い尽くしてしまったことになる。その後、大きな反動が来る可能性があることを考えれば、最後のカードは温存しておきたいところである。

 規制緩和を軸とした成長戦略を打ち出し、その後の継続的な景気回復につなげるという当初の戦略が行き詰まっている以上、追加緩和という最終手段が持つ意味は大きい。その行使のタイミングをいつにするのかをめぐって、安倍政権は難しい判断を迫られることになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

no image
SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバ …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

ribiatero
米国が中東で2つの対テロ作戦を同時遂行。今後はこうした「見えない」戦争が中心か?

 米軍は10月5日、リビアとソマリアにおいてほぼ同じタイミングで特殊部隊による対 …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

goodyeardunrop
フランスの隣接する2つのタイヤ工場の明暗を分けたものは、長時間労働の受け入れだった

 フランス北部アミアンにある2つのタイヤ工場をめぐって、ちょっと変わった事態が発 …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …