ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した。2014年2月18日、財政制度審議会の財政投融資分科会を開き、有識者などを交え今後の議論の進め方などについて確認を行った。焦点のひとつになっているのは、財政投融資の一部として急激に存在感を高めている産業投資のあり方である。

kosokudoro02

 かつて財政投融資は、郵便貯金、年金積立金を原資とした巨額の資金運用主体となっており、政府与党最大の利権ともわれていた。
 小泉政権の構造改革においてこれがやり玉にあがり、2001年には郵便貯金と年金による預託から、財投債(国債)を発行して資金を調達する現在のやり方に変更された。
 これをきっかけに財政投融資は急激に縮小。ピーク時には420兆円ほどあった残高は現在では170兆円程度まで減少している。

 リーマンショックまでは毎年、投融資額の減少が進んでいたが、その状況が変化するきっかけとなったのがリーマショック後の金融危機対応と震災復興対応である。残高は減少が続いているものの、リーマンショックを境に毎年の投融資額は増加に転じている。特にここ最近は、成長戦略の一環として、輸出企業振興策や官民ファンドなど、いわゆる産業投資と呼ばれる分野への支出が増えてきており、2014年度は3172億円が予定されている。産業投資の残高はすでに4兆6800億円に達している。

 産業投資の中で最も大きな割合いを占めるのが、政策投資銀行や国際協力銀行を通じた、資本性の高い投融資、資源投資、アジア進出関連投資などである。だが最近、注目を集めているのは官製ファンドを使ったリスクマネーの供給である。これらは革新性が高いがリスクも高いベンチャー企業などへの出資が想定された資金である。産業革新機構などを中心にすでに3000億円以上の投資実績がある。

 だが産業革新機構が、巨額の運用資金を持て余し、途上国のインフラ関連投資や経営危機に陥った半導体大手ルネサスエレクトロニクスへの出資など、本来の趣旨とは異なる投資を繰り返していることはよく知られている。
 日本はインフラ投資について、新規建設から維持管理へとすでに舵を切っている。だが公共インフラに対するニーズは常に存在しており、一定水準の財政投融資を維持することについて異論はないだろう。だが有望な投資先が見つからない中で、産業投資の金額を増やしていくことがよいことなのかについては、議論が分かれるところである。

 競争環境が整備され、イノベーションが自然に発生する状態になれば、民間からいくらでもリスクマネーは調達することができる。これは鶏と卵の議論になってしまうが、リスクマネーを用意したからといって、それに比例してイノベーションが増加する可能性は低いというのが現実である。
 官製リスクマネーを増額するのであれば、競争環境の整備という、王道の政策を平行して実施しなければ、具体的な成果を出すことは難しいだろう。だがこれは、成長戦略や競争戦略に関するテーマであって、もはや財政投融資に関するテーマではない。

 - 経済 ,

  関連記事

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …

nyse
ダウの高値更新でバブル論。だが、米国がバブルだというなら、日本はもっとバブルだ!

 3月6日のニューヨーク株式市場は、前日に続いて史上最高値を更新した。雇用指標が …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

ecb201506
ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長 …

mof02
財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁す …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

no image
想定外のウォン高進行で、韓国経済が総崩になる兆候。

 これまで好調に推移してきた韓国経済が総崩れになる可能性が出てきた。原因は急速に …