ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した。2014年2月18日、財政制度審議会の財政投融資分科会を開き、有識者などを交え今後の議論の進め方などについて確認を行った。焦点のひとつになっているのは、財政投融資の一部として急激に存在感を高めている産業投資のあり方である。

kosokudoro02

 かつて財政投融資は、郵便貯金、年金積立金を原資とした巨額の資金運用主体となっており、政府与党最大の利権ともわれていた。
 小泉政権の構造改革においてこれがやり玉にあがり、2001年には郵便貯金と年金による預託から、財投債(国債)を発行して資金を調達する現在のやり方に変更された。
 これをきっかけに財政投融資は急激に縮小。ピーク時には420兆円ほどあった残高は現在では170兆円程度まで減少している。

 リーマンショックまでは毎年、投融資額の減少が進んでいたが、その状況が変化するきっかけとなったのがリーマショック後の金融危機対応と震災復興対応である。残高は減少が続いているものの、リーマンショックを境に毎年の投融資額は増加に転じている。特にここ最近は、成長戦略の一環として、輸出企業振興策や官民ファンドなど、いわゆる産業投資と呼ばれる分野への支出が増えてきており、2014年度は3172億円が予定されている。産業投資の残高はすでに4兆6800億円に達している。

 産業投資の中で最も大きな割合いを占めるのが、政策投資銀行や国際協力銀行を通じた、資本性の高い投融資、資源投資、アジア進出関連投資などである。だが最近、注目を集めているのは官製ファンドを使ったリスクマネーの供給である。これらは革新性が高いがリスクも高いベンチャー企業などへの出資が想定された資金である。産業革新機構などを中心にすでに3000億円以上の投資実績がある。

 だが産業革新機構が、巨額の運用資金を持て余し、途上国のインフラ関連投資や経営危機に陥った半導体大手ルネサスエレクトロニクスへの出資など、本来の趣旨とは異なる投資を繰り返していることはよく知られている。
 日本はインフラ投資について、新規建設から維持管理へとすでに舵を切っている。だが公共インフラに対するニーズは常に存在しており、一定水準の財政投融資を維持することについて異論はないだろう。だが有望な投資先が見つからない中で、産業投資の金額を増やしていくことがよいことなのかについては、議論が分かれるところである。

 競争環境が整備され、イノベーションが自然に発生する状態になれば、民間からいくらでもリスクマネーは調達することができる。これは鶏と卵の議論になってしまうが、リスクマネーを用意したからといって、それに比例してイノベーションが増加する可能性は低いというのが現実である。
 官製リスクマネーを増額するのであれば、競争環境の整備という、王道の政策を平行して実施しなければ、具体的な成果を出すことは難しいだろう。だがこれは、成長戦略や競争戦略に関するテーマであって、もはや財政投融資に関するテーマではない。

 - 経済 ,

  関連記事

kosokudouro03
7~9月期GDP下方修正の影響は軽微。むしろ公共事業依存体質が問題

 内閣府は12月9日、2013年7~9月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

shanhai
日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造 …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

seiho
バブル崩壊以来続いた生保の逆ざやが解消。金利上昇で保険会社はさらに有利に?

 生命保険各社の業績が上向いている。主な要因はバブル期に販売した予定利率の高い商 …