ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した。2014年2月18日、財政制度審議会の財政投融資分科会を開き、有識者などを交え今後の議論の進め方などについて確認を行った。焦点のひとつになっているのは、財政投融資の一部として急激に存在感を高めている産業投資のあり方である。

kosokudoro02

 かつて財政投融資は、郵便貯金、年金積立金を原資とした巨額の資金運用主体となっており、政府与党最大の利権ともわれていた。
 小泉政権の構造改革においてこれがやり玉にあがり、2001年には郵便貯金と年金による預託から、財投債(国債)を発行して資金を調達する現在のやり方に変更された。
 これをきっかけに財政投融資は急激に縮小。ピーク時には420兆円ほどあった残高は現在では170兆円程度まで減少している。

 リーマンショックまでは毎年、投融資額の減少が進んでいたが、その状況が変化するきっかけとなったのがリーマショック後の金融危機対応と震災復興対応である。残高は減少が続いているものの、リーマンショックを境に毎年の投融資額は増加に転じている。特にここ最近は、成長戦略の一環として、輸出企業振興策や官民ファンドなど、いわゆる産業投資と呼ばれる分野への支出が増えてきており、2014年度は3172億円が予定されている。産業投資の残高はすでに4兆6800億円に達している。

 産業投資の中で最も大きな割合いを占めるのが、政策投資銀行や国際協力銀行を通じた、資本性の高い投融資、資源投資、アジア進出関連投資などである。だが最近、注目を集めているのは官製ファンドを使ったリスクマネーの供給である。これらは革新性が高いがリスクも高いベンチャー企業などへの出資が想定された資金である。産業革新機構などを中心にすでに3000億円以上の投資実績がある。

 だが産業革新機構が、巨額の運用資金を持て余し、途上国のインフラ関連投資や経営危機に陥った半導体大手ルネサスエレクトロニクスへの出資など、本来の趣旨とは異なる投資を繰り返していることはよく知られている。
 日本はインフラ投資について、新規建設から維持管理へとすでに舵を切っている。だが公共インフラに対するニーズは常に存在しており、一定水準の財政投融資を維持することについて異論はないだろう。だが有望な投資先が見つからない中で、産業投資の金額を増やしていくことがよいことなのかについては、議論が分かれるところである。

 競争環境が整備され、イノベーションが自然に発生する状態になれば、民間からいくらでもリスクマネーは調達することができる。これは鶏と卵の議論になってしまうが、リスクマネーを用意したからといって、それに比例してイノベーションが増加する可能性は低いというのが現実である。
 官製リスクマネーを増額するのであれば、競争環境の整備という、王道の政策を平行して実施しなければ、具体的な成果を出すことは難しいだろう。だがこれは、成長戦略や競争戦略に関するテーマであって、もはや財政投融資に関するテーマではない。

 - 経済 ,

  関連記事

gmbuilding
中国投資家がNYのGMビル取得。ロックフェラーセンターで大失敗した三菱とは大違い?

 中国の不動産開発大手、SOHO中国の経営者親族が、ニューヨーク・マンハッタンに …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

tinageeft
日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状 …

toyota
トヨタの好決算は円安の影響ではない。海外生産、海外販売へのシフトが利益の源泉

 トヨタ自動車は5月8日、2013年3月期決算を発表した。売上高は前年比18.7 …

bananki
FRBが失業率ターゲットを導入。とうとう出口戦略が見えてきた?

 米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し …

erupida
全国の倒産件数は過去20年で最低。政府の延命策と復興需要に完全に依存

 東京商工リサーチは2012年の全国企業倒産状況を発表した。それによると、倒産件 …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …