ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1月の貿易赤字が何と倍増。最大の原因は輸出不振であってエネルギー問題ではない

 

 財務省は2014年2月20日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2兆7900億円の赤字となり、赤字幅が前月比でほぼ倍増となった。2013年の月平均の貿易赤字額は約1兆円なので、想像を超えるペースで貿易赤字が拡大している。2014年に日本が慢性的な経常赤字体質となるのはほぼ確実な状況となってきた。

bouekitoukei201401

 赤字額が急拡大した原因は輸出の大幅な減少である。輸出は数量ベースで前月比15%、金額ベースで14%も減少した。数量ベースでは、円高による輸出不振がピークとなった時期の水準に匹敵する低さである。
 安倍政権はこれまで円安によって輸出が回復することを前提にした経済政策を実施してきた。だが以前から指摘されていることだが、現在の環境では円安になったからといって輸出が急回復することはない。
 日本の製造業はすでにグローバル化が進んでおり、国内で生産して海外に輸出するというモデルはすでに過去のものとなっている。また電機業界を中心に日本メーカーは長年の不況で企業体力が落ちているほか、基本的なオペレーション・コストが依然として高い。また製品戦略上の問題もあって、円安をきっかけに思い切った値下げでシェアを獲得するという戦略がとりにくい。このため輸出数量が伸びず、円安の効果が限定的になってしまうのだ。

 一方、輸出の減少ほどではないが、輸入の増大も続いている。各品目でまんべんなく輸入の増加が見られることから、特定品目の輸入増大が貿易赤字の原因ではないことが分かる。日本の経済構造そのものが変化し、コモディティ化した製品や部品は輸入する体質に変わっていると考えるべきである。

 一部では、原発停止によるエネルギー輸入が赤字の原因とする論調が見られるが現実は異なる。原発停止後、火力発電所の燃料となるLNG(液化天然ガス)の輸入数量は1割しか増えていない。しかも原発停止の直後に輸入量が増えただけで、その後はずっと横ばいが続いている。LNGの輸入増大は、ここ半年の貿易赤字急拡大の説明にはならない。
 さらに原油にいたっては、輸入量はたった1.4%しか増えていない。エネルギーの輸入金額は増大しているが、それは市場価格の上昇によるものであって、原発停止が直接の原因ではない(LNG価格は原発停止によって価格がつり上げられている面が否定できないが、LNGはエネルギー輸入額全体の25%を占めているにすぎない)のだ。

 原発の再稼働問題が、日本経済にとって重要なテーマであることは間違いない。だが、貿易赤字拡大を原発の問題と混同してしまうことは非常に危険である。もしそうなってしまうと、貿易赤字の本当の原因が認識されるまで、さらに時間がかかってしまい、対応が後手に回る可能性がある。

 安倍政権は今のところ、輸出振興策を軸に貿易赤字を縮小させようとしている。だがこの方策はうまく機能しない可能性が高い。今後は経常赤字になることを前提に、良質な海外資本が日本に流入してくるよう、国内市場を整備することがより重要である。具体的には過剰な政府の規制を緩和することや、市場の透明性を高めるといった措置などが考えられる。

 一方、急激な経常赤字への転換は国内産業にも大きな影響を与えることになる。これを緩和させるためには、日本の投資収益(所得収支)を増加させることが重要となってくる。具体的には米国債に偏っている海外証券投資のポートフォリオ見直しや、ソフトバンク、サントリーに代表される海外大型M&Aを促進させる政策の実施などが必要だろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

nihonbashi201405
三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

apple2016q3
iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半 …

caterpilar
世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタ …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

yamatochina
ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者 …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

sharp
シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることにな …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …