ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州問題でも発言力低下か?

 

 欧州債務問題では、ギリシャやスペインに厳しい条件を突きつけ、断固たる姿勢を崩さないドイツだが、自らの汚い金については鷹揚らしい。

 このところドイツにおけるマネーロンダリングへの対応の甘さが指摘されている。ドイツでは金融機関においてマネーロンダリングの疑いがあると思われる取引きは当局への通報義務がある。今年はすでに1万2000件以上もの通報が寄せられているというが、当局は適切な捜査ができておらず、ほとんど摘発されることがないという。

 原因は法体系の不備。連邦国家であるドイツは州ごとに関連法規がバラバラであることにくわえて、マネロンの温床となっている不動産業界やカジノ業界に対する有効な法律がない。このため金融機関からの通報だけでは、立件するのに十分な情報が得られないという。

 もっともその金融機関自体が怪しいという話もある。米財務省外国資産管理局や連邦準備制度理事会(FRB)、司法省など米国の捜査当局は、 マネーロンダリング防止法に違反した疑いでドイツ銀行を捜査中だといわれる。

 ドイツ当局はマネーロンダリングされた資金の保管先についてもかなり甘い。2011年、スイスとドイツは、スイスのプライベートバンクに口座を持つドイツ人富裕層の脱税問題について取り決めを行っている。
 スイスに口座を持つドイツ人が、過去に資産を申告しなかったことの肩代わりとしてスイスの銀行がドイツ政府に20億スイス・フラン(約2100億円)を支払うというもの。だが具体的なリストがスイスの銀行から提示されるわけではなく、ドイツ国内では「脱税者を保護しているようなもの」として批判が出ている。

 欧州問題の長期化によって、これまで質実剛健で、ものづくりに励んでいるというイメージを維持していたドイツにもほころびが見え始めている。マネロンに対するドイツの甘さが健在化するにつれて、債務危機に陥っている南欧諸国に対するドイツの影響力が低下してくる可能性もある。

 もっともドイツは、ナチス政権下においてスイスやバチカン(カトリック教会)と結託し、非合法に得た資産を国家ぐるみで隠蔽、運用していた国である。スイスを使ったマネロンなどお手のものなのかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

bitcoin
国家への挑戦か単なる金儲けか?ネット通貨ビットコインの本質は金本位制

 インターネット上で流通する通貨「ビットコイン」が話題となっている。単一の発行元 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

kozeni
消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

tsubaki
資生堂が初の本格的な社長外部招聘。お公家さん社風は変わるのか?

 資生堂は昨年末、前田新造会長兼社長が代表権のある会長に専念し、元日本コカ・コー …