ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表した。フルタイムで働く労働者の月額賃金は前年比で0.7%減少して29万5700円となった。賃金が減少するのは4年ぶりで、男女ともに減少するのは初めて。

businessman04

 賃金が低下したのは、非正規労働者が増加したことが主な原因。安倍政権は企業に対して賃上げを要請しているが、正社員と非正規社員の格差、あるいは男女格差が縮まらないと、全体の賃金を上昇させることは容易ではないという現実を浮き彫りにしている。

 正社員の賃金は31万4700円だったが、非正規社員の賃金は19万5300円とかなり低い。正社員の賃金も下落してはいるものの、全体的には非正規社員の数が増えたことが大きく影響している。2012年から2013年にかけて正社員の数は46万人減少しているが、非正規社員の数は逆に93万人も増加した。

 今年は安倍政権が企業に対して賃上げを強く要請していることから、賃金上昇が期待されている。しかし2013年で見られたような、非正規社員の増加という流れが継続してしまうと、全体の賃金が容易には上昇しないという現象が発生する可能性がある。

 これは男女格差についても同様である。2013年の賃金について男女別で見てみると、男性は前年比で0.9%減少しているが、女性は0.2%の減少にとどまっている。これは女性の登用があまり進んでおらず、もともと賃金が低いため、それほどの下落につながっていないことが原因である。

 日本の社会保障制度はすでに限界に達している。今後は各種給付の削減が続く可能性が高く、それに伴って就業者数は増加していくことになる。現在、女性の就業者数は男性の75%程度であり、今後大幅に就業者数が増えるのは女性である可能性が高い。女性の相対的な賃金は安いことから、これも全体の賃金低下圧力につながってくる。

 賃上げを行い労働者の可処分所得を増やすことは、単体としては意味がある。だが、それが経済全体にどれだけのメリットをもたらすのかは労働市場の構造に大きく左右される。正規社員と非正規社員の格差問題や、男女格差問題などを同時並行で改善していかないと、大きな効果は得られない可能性が高い。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

wine
グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年 …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

amazonbutsuryu
アマゾンがマーケットプレイス商品もお急ぎ便の対象に。楽天との差がさらに拡大?

 アマゾンがロジスティクスの強化を加速させている。マーケットプレイスの商品につい …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

bukkajoushou
消費税の便乗値上げはあったのか?4月の東京都区部の消費者物価指数は2.7%上昇

 消費増税後、初の物価統計として注目されていた4月における東京都区部の消費者物価 …

kankan
観艦式で野田首相が領土問題を念頭に訓示。だが主役の海保は忙しくて参加できず

 海上自衛隊観艦式が14日、神奈川県の相模湾沖で開催された。野田佳彦首相は、尖閣 …