ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と会談した。オバマ大統領は過去2回、ダライ・ラマと会談しているが、習近平体制になってからは初めてとなる。中国はダライ・ラマが米政府要人と会うたびに抗議しており、今回も中国側が激しく反発している。

darairama

 ダライ・ラマ14世は1950年の人民解放軍によるチベット侵攻やその後のチベット動乱をきっかけにインドに亡命し、チベット亡命政府のトップとして君臨してきた。かつては、欧米各国を中心に中国によるチベット弾圧を非難する声も大きかったことから、1989年にはノーベル平和賞も受賞している。

 だが中国が台頭してくるにつれて、チベットの立場は弱体化が進み、中国との貿易を最優先したい欧州各国は基本的にチベット問題に触れないという方針に転換してしまった。米国もクリントン政権前期の時代までは、中国の人権弾圧について基本的価値観の相違というレベルで非難していたが、最近では、どちらかというと対中交渉の材料として認識されるようになっている。

 オバマ政権はこれまで中東に軸足を置いていた米国の軍事力をアジア太平地域にシフトするいわゆるリバランス戦略を進めている。中国はすでに交渉相手であり、根本的に対立する存在ではなくなっている。今年は米中の国交正常化35周年という節目の年にあたっており、現在、米国と中国は双方の立ち位置に関する包括的な交渉を進めている最中である。オバマ大統領がわざわざダライ・ラマ14世と会談するのは、米中交渉をより有利に進めるためのひとつのカードと考えられる。
 オバマ大統領は「チベットの人権保護を支持する」と述べたものの、「チベットの独立は支持しない」とし、中国側へ一定の配慮を示した。またダライ・ラマも米中関係の重要性について認める発言をしており、以前のような中国との絶対的対立という雰囲気は薄れている。

 一方、中国も、チベット問題が致命的な影響をもたらすとはもはや考えおらず、抗議も形式的なものになっている。ただ、習近平氏個人にとってチベット問題は少々微妙であり、米国にとってはよい交渉材料となっている。それは、ダライ・ラマの存在が習氏自身にとってアキレス腱だからである。

 中国共産党幹部の2世、3世を中心にした派閥である太子党に属する習氏は、国家副主席を務めたこともある習仲勲氏を父親に持つ。習仲勲氏は比較的リベラルな思想の持ち主といわれ、ダライ・ラマとも親交が深かった。ダライ・ラマは習仲勲氏に腕時計を贈ったことがあり、習氏も、その時計を愛用していた。このため文化大革命では、毛沢東主義者から激しく攻撃され16年間も身柄を拘束されている。息子である習近平氏も文化大革命の際には「下放」(地方の農村に懲罰的に追いやること)されていたが、その原因の一つが父親のダライ・ラマとの関係なのである。

 このため、習氏はチベット問題に対して特に神経質といわれている。このような状況で、オバマ大統領がわざわざダライ・ラマと会談したことは、米中交渉がヤマ場を迎えつつあるということを示唆しているのかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

netaniyafunageki
イスラエル総選挙。オバマ政権にケンカを売ったネタニヤフ首相が再選へ

 イスラエルで総選挙が行われ、ネタニヤフ首相が率いる与党リクードを中心とした右派 …

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

abenaikaku3ji20151007
第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発 …

aso03
麻生財務省のナチス発言に見る、自民党中枢部の感覚の「古さ」

 憲法改正をめぐって麻生財務相が「ナチスの手口を学ぶべき」という趣旨の発言をした …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …