ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ギリシャで脱税リストを暴露したジャーナリストが逮捕。ギリシャと日本は同じレベル

 

 ギリシャ警察は28日、脱税者の名簿をスクープしたジャーナリスト、コスタス・バクセバニス氏を個人情報保護法違反の疑いで逮捕した。

 バクセバニス氏は自ら発行する雑誌において、スイスの銀行に高額の預金をしていたギリシャ人約2000人の名簿を暴露した。同氏は「名簿上の人々の多くは、脱税している疑いがある」として、名簿の公表を拒む当局を批判した。同氏は逮捕後、間もなく保釈された模様だが、司法当局は同氏を訴追する構え。

 名簿は、脱税捜査用資料としてフランス政府がギリシャ政府に提供したもので、ギリシアの財界人や政治家の名前が含まれており、信憑性が高いといわれている。預金総額は約20億ユーロ(約2060億円)と巨額であり、ギリシア債務問題を尻目に、不正蓄財に励むエリート層の実態を浮き彫りにしている。

 この逮捕劇は、近い将来の日本の姿でもある。日本にもギリシャと同様の個人情報保護法が存在する。能天気な日本国民は、この法律が、国民の個人情報を守るために存在していると思っているが、実態はまったく逆である。

 この法律は政治家や公務員の不正情報をマスコミやネットによる追求から守るために官僚が知恵を絞って作ったものである。
 米国などでは、ジャーナリストが不正追求のために暴露した情報について秘密を守る権利が保証されているが、日本には存在しない。ギリシアと同様、日本でもこのような不正を暴くリストがマスメディアやネットに掲載されれば、掲載した人は逮捕されてしまうだろう。

 日本の民主主義レベルはギリシャと同水準かそれよりも低いといわれている。同氏が今後、ギリシアでどのような裁きを受けるのかは、日本の民主主義の将来にも大きく影響してくるだろう。

 - マスコミ, 政治, 社会

  関連記事

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

senryomap
福島原発80キロ圏内外の放射線量マップ。1年で40%の減少は多いのか少ないのか?

 文部科学省は3月1日、東京電力福島第1原発から半径80キロ圏内外で測定した昨年 …

munjein
韓国大統領選は文在寅氏勝利で9年ぶりの革新政権。盧武鉉時代の再来となるか?

 2017年5月9日に投開票が行われた韓国大統領選は、大方の予想通り「共に民主党 …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …