ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ギリシャで脱税リストを暴露したジャーナリストが逮捕。ギリシャと日本は同じレベル

 

 ギリシャ警察は28日、脱税者の名簿をスクープしたジャーナリスト、コスタス・バクセバニス氏を個人情報保護法違反の疑いで逮捕した。

 バクセバニス氏は自ら発行する雑誌において、スイスの銀行に高額の預金をしていたギリシャ人約2000人の名簿を暴露した。同氏は「名簿上の人々の多くは、脱税している疑いがある」として、名簿の公表を拒む当局を批判した。同氏は逮捕後、間もなく保釈された模様だが、司法当局は同氏を訴追する構え。

 名簿は、脱税捜査用資料としてフランス政府がギリシャ政府に提供したもので、ギリシアの財界人や政治家の名前が含まれており、信憑性が高いといわれている。預金総額は約20億ユーロ(約2060億円)と巨額であり、ギリシア債務問題を尻目に、不正蓄財に励むエリート層の実態を浮き彫りにしている。

 この逮捕劇は、近い将来の日本の姿でもある。日本にもギリシャと同様の個人情報保護法が存在する。能天気な日本国民は、この法律が、国民の個人情報を守るために存在していると思っているが、実態はまったく逆である。

 この法律は政治家や公務員の不正情報をマスコミやネットによる追求から守るために官僚が知恵を絞って作ったものである。
 米国などでは、ジャーナリストが不正追求のために暴露した情報について秘密を守る権利が保証されているが、日本には存在しない。ギリシアと同様、日本でもこのような不正を暴くリストがマスメディアやネットに掲載されれば、掲載した人は逮捕されてしまうだろう。

 日本の民主主義レベルはギリシャと同水準かそれよりも低いといわれている。同氏が今後、ギリシアでどのような裁きを受けるのかは、日本の民主主義の将来にも大きく影響してくるだろう。

 - マスコミ, 政治, 社会

  関連記事

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

onodera01
小野寺防衛相が国際会議において「右傾化は誤解」と異例の説明

 シンガポールで開催されているアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛大臣は講演を …

capitolhill
米財政問題に関する与野党合意が成立。政府機関閉鎖は完全に回避へ

 米国議会の超党派協議会は2013年12月10日、2014年度(2013年10月 …

uenotizuko
上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐり …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

koujousen
福島の甲状腺検査で県外被害者は後回し。毎日新聞が示した情報公開請求の有効性

 福島原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査をめぐり、県民健康管 …