ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の見直しについて、閣議決定を実施する方針であることを明らかにした。これまで政府の憲法解釈については基本的に内閣法制局が実務を行ってきたが、閣議決定という政治主導を明確にした形で進められる可能性が高くなってきた。

abekaiken

 安倍首相は、憲法解釈の見直しを実施するため、内閣法制局長官に集団的自衛権の行使に前向きとされる小松一郎駐仏大使を起用していた。本来であれば、従来と同様、小松長官を中心に内閣法制局が憲法解釈見直しに関する実務を行い、国会答弁などを通じて確立されていくことが想定されていた。
 だが今回、わざわざ閣議決定を実施することを明らかにした背景には、小松長官の健康状態があるといわれている。小松長官は1月24日から検査入院し、ガンであることが明らかになっている。抗ガン剤治療の後、2月24日から職務復帰を果たしているが、病状があまりよくないという報道もある。安倍氏はこうした事情を総合的に考え、早い時期に閣議決定するという方針を明確にしたと考えられる。

 憲法解釈の見直しに反対する勢力からは、閣議決定による見直しは、恣意的な運用であると批判の声が上がっている。ただ、もともと行政府の一組織にすぎない内閣法制局が憲法解釈の実権を握っていたことについて、議会制民主主義の観点から問題視する意見があったのもまた事実である。
 日本における最終的な違憲立法審査権は最高裁にあるが、日本の違憲審査制度は付随的違憲審査制と認識されており、最高裁は憲法裁判所とはみなされていない。したがって、国民から選ばれた政治家で構成される内閣において、まず行政府としての憲法解釈を決定するというのは、スジが通っているともいえる。

 安倍氏はたびたび「法の支配」という言葉を用いている。おそらく安倍氏の頭の中には、自然法的理解によって集団自衛権の行使は現憲法下で容認されるとの認識があると考えられる。集団的自衛権を認めた国連憲章についても自然権としての集団的自衛権を条文が追認したと解釈している可能性が高い。もしそうであれば、内閣法制局による見解が解釈見直しの障壁になっていたという過去の経緯は、安倍氏にとってほとんど無意味ということになる。

 ただ自然法的理解による憲法解釈の見直しが容認されることは、右傾化傾向を強めているといわれる安倍政権にとっては、諸刃の剣となるかもしれない。
 自然法的理解が優先されるのであれば、非民主的な法律や憲法はことごとく無効となる。形式的法治主義に近いとすらいえる条文第一主義で法の運用を行ってきた日本政府にとっては、自然法的理解や法の支配という概念は、むしろ好ましくない存在である可能性が高い。自然法的理解では、特定秘密保護法も場合によっては無効になるかもしれないのだ。
 安倍氏は今後、憲法改正にも着手したいという政治的野心を持っているが、過度に国民の義務を規定するような憲法改正案が出てくることになれば、自然法的理解において無効であると批判されてしまう可能性もある。

 いずれにせよ閣議決定での憲法解釈見直しが実施されれば、戦後日本の憲法問題に関する重要な転換点となることは間違いない。

 - 政治 , ,

  関連記事

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

Hillary Clinton
ヒラリー氏が次の大統領選に出馬?だが共和党はもっと大きな隠し球が・・・

 米国では、2016年の大統領選挙に向けた動きがすでに始まっている。今年2月に国 …

malala
早くも政治家宣言を行ったマララさんは、パキスタンにおけるスーチー氏

 女性が教育を受ける権利を訴えたことでイスラム武装勢力に銃撃され、奇跡的に生還し …

hongkongryosinei
香港行政長官選挙の改革案。想定通り、民主派は排除

 香港特区政府は2015年4月22日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関す …

pakukune02
朴槿恵新政権が、未来創造科学省の設置に執拗にこだわるワケ

 発足したばかりの韓国・朴槿恵政権で、主要閣僚が就任できないという前代未聞の事態 …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …