ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2014年2月23日、世界経済の成長率を5年で2%以上底上げするという目標を明記した共同声明を採択し、閉幕した。共同声明に経済成長率が目標値として盛り込まれるのは異例。新興国経済の減速をきっかけとした世界経済の動向に危機感を強めた形となった。

g20sydney2014

 このところ世界経済は成長の鈍化が囁かれている。その最大の原因は新興国の減速と米国の経済構造の変化である。
 リーマンショック前までは、米国がバブルとなっており、好景気を背景に巨額の貿易赤字を垂れ流し、途上国は米国向けの輸出を軸に高い成長を続けてきた。日本もその恩恵をもっとも受けていた国の一つといえる。

 しかし新興国の労働コストが上昇し、価格競争力が低下してきたことや、米国でシェールガス開発が続き、エネルギーの自給が可能になったことなどから、このところ米国内に工場を戻す動きが活発化してきた。このため米国の貿易赤字が急激に改善してきており、これが新興国の輸出にブレーキをかけ始めている。中国では建設インフラバブルの崩壊などもあり、新興国経済は一気に調整色を強めている。欧州については、景気の底は脱したものの、デフレ懸念はなくなっておらず、経済の機関車役にはなれない状況が続く。

 現在、好調な米国が世界経済全体を引っ張る構図だが、米国はある意味で健全な経済成長モードとなっており、過剰消費で途上国を引っ張っているわけではない。このため世界経済はどうしても緩やかな成長にならざるを得ない状況が続いている。

 今回、世界経済の成長を促すための数値目標が盛り込まれた背景には、世界経済の機関車として過大や役割が期待されている米国の意向が大きく影響しているといわれる。労働市場改革、財政再建、インフラ投資など、各国が生産性の向上や内需拡大策を実施することで、米国だけに依存しない成長を求めた格好だ。

 今後5年で経済成長率を5%上乗せするためには、各国の成長率を毎年平均0.4%から0.5%上げていく必要があり、それほど簡単なことではない。5%という具体的数値が盛り込まれたことで、ドイツなど経常黒字国は、財政出動などの内需拡大策が、日本には生産性の向上など構造改革的な政策が求められてくる可能性がある。
 これまでアベノミクスは、大型公共事業による財政出動に大きく偏ってきたが、一時棚上げとなっている成長戦略に関する議論があらためて浮上してくる可能性も出てきた。

 - 経済 ,

  関連記事

frbzerokinri
FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融 …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

nichigin
日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大へ。壮大な社会実験が始まる!

 日銀は4月4日、黒田新総裁の下では初めてとなる金融政策決定会合を開き、「量的・ …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …