ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考えを明らかにした。公的年金の運用方針見直しについては、すでに昨年11月、国債を中心とした従来型ポートフォリオの見直しを求める有識者会議の報告書が出ている。首相の見解はこの方向性をあらためて確認するものとなった。

abeyosaninkai201402

 日本の公的年金はこれまで国債を中心に運用を行ってきた。報告書では「インフレ環境へと移行しつつある我が国経済の状況を踏まえれば、国内 債券を中心とする現在のポートフォリオの見直しが必要」と述べており、日本経済がインフレに向かいつつあることを明言し、国債中心の運用からの脱却を求めている。

 アベノミクスによる物価上昇が現実のものになると、金利の上昇が起こる可能性が高い。金利の上昇は国債価格の下落を意味するので、現在、年金の運用を担当している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)には損失が発生する可能性が出てくる。
 またインフレ下では一般に株価の上昇が見込めるため、株式を中心に、REIT(不動産投資信託)や商品(コモディティ)などへの投資を実施することで、年金のリターンを増加させることもできる。

 首相が国会で方針を明確にしたことで、GPIFにおける具体的な作業が今後、さらに加速してくることになるだろう。ただ株式やREIT、コモディティは、いわゆるリスク商品であり、リターンも大きい代わりにリスクも大きいという特徴がある。運用に失敗すれば、逆に将来の年金の給付に支障を来す可能性もある。今のところGPIFではどこまで運用対象を広げるのかについては明らかにしておらず、具体的な投資対象が何になるのかはまだ不透明だ。

 もっとも、GPIFが運用方針の見直しを実施する背景には、さらに切実な事情もある。現在、GPIFの資産は120兆円ほどあるが、年金の徴収よりも給付の方が大きく、運用資金は毎年3兆円から4兆円ずつ減少している。何もしなくても、単純計算であと30年から40年で運用原資が底をついてしまうのだ。従来のような国債中心の運用では、年金給付を大幅に削減しない限り、資金がなくなってしまう可能性が高いのだ。

 これまで国債一辺倒だった年金の運用方針変更を歓迎する声がある一方、年金の運用は安全第一であり、リスクを取るべきではないという意見も根強い。
 運用対象が株式までなのか、商品先物などにも範囲を広げるのかで、リスクとリターンはかなり変わってくる。またその比率がどの程度なのかによっても結果は大きく異なる。具体的な運用対象に関する議論が始まるこれからが、年金運用改革の本番といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

canonooita
キヤノンがデジタルカメラの生産を完全自動化する本質的意味とは?

 キヤノンは2015年7月4日、国内のデジタルカメラ生産を自動化するための設備を …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

thanksgiving00
米国の感謝祭セールが順調。米国経済に依存する日本にとっては朗報

 米国の感謝祭休日における消費支出が前年を大きく上回ったことが明らかとなった。全 …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

swis201405
最低賃金を2500円にする国民投票を行ったスイスの驚くべき実態とは

 最低賃金を何と2500円にするという驚くべき国民投票がスイスで行われた。結果は …