ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考えを明らかにした。公的年金の運用方針見直しについては、すでに昨年11月、国債を中心とした従来型ポートフォリオの見直しを求める有識者会議の報告書が出ている。首相の見解はこの方向性をあらためて確認するものとなった。

abeyosaninkai201402

 日本の公的年金はこれまで国債を中心に運用を行ってきた。報告書では「インフレ環境へと移行しつつある我が国経済の状況を踏まえれば、国内 債券を中心とする現在のポートフォリオの見直しが必要」と述べており、日本経済がインフレに向かいつつあることを明言し、国債中心の運用からの脱却を求めている。

 アベノミクスによる物価上昇が現実のものになると、金利の上昇が起こる可能性が高い。金利の上昇は国債価格の下落を意味するので、現在、年金の運用を担当している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)には損失が発生する可能性が出てくる。
 またインフレ下では一般に株価の上昇が見込めるため、株式を中心に、REIT(不動産投資信託)や商品(コモディティ)などへの投資を実施することで、年金のリターンを増加させることもできる。

 首相が国会で方針を明確にしたことで、GPIFにおける具体的な作業が今後、さらに加速してくることになるだろう。ただ株式やREIT、コモディティは、いわゆるリスク商品であり、リターンも大きい代わりにリスクも大きいという特徴がある。運用に失敗すれば、逆に将来の年金の給付に支障を来す可能性もある。今のところGPIFではどこまで運用対象を広げるのかについては明らかにしておらず、具体的な投資対象が何になるのかはまだ不透明だ。

 もっとも、GPIFが運用方針の見直しを実施する背景には、さらに切実な事情もある。現在、GPIFの資産は120兆円ほどあるが、年金の徴収よりも給付の方が大きく、運用資金は毎年3兆円から4兆円ずつ減少している。何もしなくても、単純計算であと30年から40年で運用原資が底をついてしまうのだ。従来のような国債中心の運用では、年金給付を大幅に削減しない限り、資金がなくなってしまう可能性が高いのだ。

 これまで国債一辺倒だった年金の運用方針変更を歓迎する声がある一方、年金の運用は安全第一であり、リスクを取るべきではないという意見も根強い。
 運用対象が株式までなのか、商品先物などにも範囲を広げるのかで、リスクとリターンはかなり変わってくる。またその比率がどの程度なのかによっても結果は大きく異なる。具体的な運用対象に関する議論が始まるこれからが、年金運用改革の本番といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

keizaihakusho2015
経済財政白書が指摘する、日本の労働生産性とイノベーションの問題

 政府は2015年8月14日、2015年度の経済財政報告(経済財政白書)をまとめ …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

usakoyoutoukei201409
9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

HEINZ
バフェット氏がケチャップのハインツを丸ごと買収。ケリー国務長官も大儲け?

  ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは14日、投 …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …