ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模まで縮小する大規模な軍縮プランを発表した。オバマ政権はすでに、今後10年間で4870億ドル(約50兆円)という史上最大規模の軍縮を実施する方針を表明しており、今回の発表はその方針をもとにした具体策ということになる。

hagel04

 ヘーゲル氏は記者会見で「米国にとって、長期間にわたる大規模な作戦を実施する計画はもはや存在しない」と述べ、陸軍の兵力を現在の52万人から44万人程度まで縮小する方針を明らかにした。
 また海軍兵力についても、これまで国是としてきた空母11隻体制は維持するものの、今後さらなる追加の予算削減があった場合には、現在横須賀に配備され、来年大規模修繕に入る予定の空母ジョージ・ワシントンについて、モスボール処理(開口部を密閉して窒素ガスなどを封入し、必要に応じて再利用できるよう保存すること)する可能性があるとしている。
 これらの軍縮プランが実施されれば、今後2年間で750億ドル(約7兆7000億円)の軍事費が削減され、最終的な軍の規模としては、第2次世界大戦以前の水準まで戻ることになる。

 米国は中東への軍事力をアジア太平洋地域にシフトするいわゆるリバランス戦略を進めている。しかし中国は旧ソ連とは異なり、完全な敵対国ではなく、米国は交渉相手と見なしている。中東問題に距離を置くことを決めた米国にとって、軍事力をアジアにシフトしたとしても、従来の軍事力は持て余すことになる。国民の関心が経済に集中していることもこの動きを後押ししている。

 またこうした政治的な背景とは別に、軍事面でのハイテク化が急激なスピードで進んでいるという事情もある。本来、大量の兵員を必要とする地上部隊も、最近はITの進歩でネットワーク化され、同じ作戦をより少ない人数で実施できるようになっている。
 また無人機(ドローン)が急激な勢いで普及してきており、従来型の偵察機や攻撃機が必要なくなってきている。米ソ冷戦時代に偵察機として大活躍したU-2や、地上攻撃機のA-10といった旧式の装備は順次退役させていく。さらに米軍は歩兵のロボット化を進めていく方針であり、最終的には地上兵力の大規模な削減につながっていく可能性が高い。
 仮に今回の軍縮プランがなくても、兵員の大幅削減を進めていくのが世界的なトレンドになっているのだ。

 - 政治 , , ,

  関連記事

maotai
中国共産党が腐敗撲滅の徹底を宣言。これを受けて酒造会社の株価は軒並み暴落!

 中国共産党の習近平総書記は22日、党中央規律検査委員会全体会議で演説し、高級幹 …

eurohawk
ドイツ軍が無人機グローバルホークの欧州版の導入を断念。欧州飛行許可下りず

 ドイツ連邦国防省は、米国製の無人機グローバルホークの改良版であるユーロホークの …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …

hoppouryoudo
森元首相がプーチン大統領と会談。北方領土問題における「引き分け」の真意とは?

 森喜朗元首相は21日、安倍首相の特使としてロシアを訪問しプーチン大統領と会談し …

kishidaputin
一筋縄ではいかない日露交渉。プーチン大統領は意図的な遅刻で日本側を翻弄?

 岸田文雄外務大臣はロシアのプーチン大統領らとモスクワで会談し、今月に開催される …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …

ozawaitoro
脱原発「未来の党」に「国民の生活」が合流。仕掛け人はもちろん小沢氏

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日、脱原発を基本政策に掲げる新党「日本未来の党」を …

rubio
米大統領選。共和党の隠れた大本命、マルコ・ルビオ氏とはどんな人?

 米国の大統領選に共和党から立候補を表明したマルコ・ルビオ上院議員がメディアから …