ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港で開催予定のAPECが突然北京に変更。背景には行政長官の普通選挙問題?

 

 香港政府は2014年2月25日、9月に香港で開催が予定されているAPEC(アジア太平洋経済協力会議)について、中国政府の指示で北京に変更になったことを明らかにした。香港と中国は現在、行政長官の普通選挙実施をめぐってギクシャクした関係にあり、北京への突然の変更はこうした事情が影響しているとの見方が出ている。

honkon

 香港では9月のAPEC開催に向けて準備が進められていた。突然、香港政府が北京への変更を発表したことで混乱が広がっている。ただ、こうした事態には伏線があった。
 中国の政府系シンクタンクは、次回の香港行政長官選挙で反中国的な人物が当選した場合には、香港基本法の解釈変更が必要との見解を示していた。香港では多くの人が、今回の開催地変更は、普通選挙実施をめぐる中国側の圧力のひとつであると考えている。

 中国はいわゆる「一国二制度」と呼ばれる方式を採用しており、香港には一定の自治権が付与されている。香港の統治はミニ憲法ともいえる香港基本法が基準となっているが、香港基本法の解釈に関する権限は香港の司法である香港法院が持っている。だが、中国政府と香港に関係する部分については、中国の全人代常務委員(全国人代表会議常務委員会)が最終権限を持つとされており、これまで3回、中国側は解釈権を行使している。

 現在、香港では民主派を中心に、普通選挙による香港行政長官選挙を求める声が高まっている(現在は制限間接選挙)。次の長官選挙は2017年だが、具体的な選挙方法をめぐって親中派と民主派での争いが続いている状況だ。

 今回、北京へ変更する表向きの理由は、APECは議案が多く、香港のリソースでは対処が難しいというものである。だが、昔から世界的な国際都市であった香港でAPECの会議を開催できないはずはなく、民主派は普通選挙の実施に関する中国の圧力であると批判を強めている。

 もっとも香港内部でも、中国に対するスタンスは様々だ。完全な親中国派という人もいるが、ビジネスマンの多くは、とりえあず面従腹背していればよいという現実主義的な立場を取っている。ただ普通選挙の実施ということになると、反中国的な雰囲気が高まってくる可能性もあり、中国側は神経をとがらせている。
 今のところ大規模な運動に発展する状況ではなく、中国側もあまり強権的な印象を与え過ぎないよう留意する状態が続いている。だが普通選挙の実施をきっかけに、こうした対立構造が先鋭化する可能性もある。

 - 政治 , ,

  関連記事

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

koyousha
北九州市職員が廃車の公用車を買い取り転売。だが本当に問題なのはむしろ役所の方?

 北九州市の職員が、廃車として中古車販売業者に売却された公用車2台を個人で買い取 …

shukinpeidoniron
6月7日に習近平国家主席が訪米。サイバー攻撃問題は表面上の主要議題に過ぎない

 中国の習近平国家主席は米国を訪問し、オバマ大統領と首脳会談を行う。日程は6月7 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

abe201407
安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備 …