ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再び先送りとなった。日本ではTPPを締結すれば、国内の農業が壊滅的な打撃を受けるといわれている。一方、農業を産業化し国際競争力を付ければTPPを締結しても農業への影響を最小限に抑えられるとの見解もある。両者の溝は大きく、いまのところ国論が二分した状態といってよい。

tulip

 EU(欧州連合)という巨大な自由市場を構築した欧州では、農業のあり方も大きく変わってきている。欧州と日本ではまるで状況が異なるため、単純な比較はできない。だが欧州で起こっていることは日本にとっても参考になるだろう。

 現在、欧州では農林水産業に従事する人の移住が活発になっているという。オランダやドイツなどの工業国からフランスに移住し、そこで農業を続ける人や、逆にフランスからアイルランドに移住してカキの養殖を行うケースなどがある。

 移住する最大の理由はコストである。同じEUでも農業政策は各国によって異なっており、農地の価格にも大きな違いがある。農地価格は条件によっても変わるので一概には比較できないが、ドイツや英国における1haあたりの農地価格は240万円程度といわれる。土地が狭いオランダではさらに高く670万円もする。一方フランスは100万円とかなり安い(ちなみに米国は50万円程度。日本は1000万円以上と法外に高い)。

 こうした農地価格の高い地域から農家が土地を売りフランスなどに移住して農業を続けている。フランスは農業や漁業が盛んだが、フランスの農家や漁師は安泰かというとそうでもない。フランスはカキの養殖が有名だが、広い養殖スペースを確保できず、近年フランス産カキの競争力は著しく低下している。フランスのカキ養殖を行う漁師の中には、安価に生産できるアイルランドに移住する人もいるという。フランス産生ガキと白ワインは定番の組み合わせだが、実はフランス人の漁師がアイルランドで作ったものが増えているのだ。

 フランスに移住する農家の中には、オランダから来る人も多いといわれるが、オランダは工業国であると同時に、実は米国に次いで世界第2位の農業大国でもある。その農業大国オランダからなぜ農家がフランスに移住するのかというと、オランダの農業のあり方が他とは異なっているからである。

 オランダは、観賞用植物、タバコ、チーズなどを大量に輸出しているが、同じ品目を大量に輸入もしている。つまりオランダの農業は工業的な加工貿易が中心となっており、純粋な農業とは少しイメージが違う。農地や品目の集約化も進んでおり、規模のメリットを追求できなかった農家がフランス移住などを選択しているという構図が浮かび上がる。

 米国やオーストラリアのように広大な農地を持つ国以外は、コストで勝負することは難しい。オランダのように農業を工業化するという方法もあるが、日本には安価に原料を調達できる周辺国がない(アジアは基本的に食糧難で逆に輸入を増やしている)。また日本自身がアジアで最大の消費市場であるためそもそも輸出が期待できないという事情もある。

 国の規制で日本の農業ががんじがらめであることは事実だが、農業の競争力を強化して国際市場で生き延びるというのは、そうそう簡単なことではなさそうだ。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

imf201410
IMFが世界経済見通しを発表。欧州が完全失速、日本は大幅引き下げ

 IMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。201 …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

tennoheika04
安倍政権が皇室典範改正ではなく、一代限りの特別法に固執する理由は女性天皇阻止?

 天皇陛下が生前退位のご意向を表明されたことを受けて、国会での論戦が本格化しそう …

shukinpei06
習近平氏がダメ押しで胡錦濤氏の側近を粛正。習氏への権力集中は完成に近づく

 中国の習近平国家主席が、胡錦濤前国家主席の側近である令計画氏の排除に動き始めた …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …

googleoffice
働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング1 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …