ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ネットワークの負荷を増大させる動画配信サービス。コストは誰が払うのか?

 

 米オンライン動画配信大手ネットフリックスは、米ケーブルテレビ大手のコムキャストに対して、ネットワーク利用料を支払う契約を締結した。米国では動画配信サービスが急拡大しているが、ネットワークの負荷が大きくなりすぎることが問題視されており、誰がそのコストを負担すべきなのか議論されていた。今回の事例によってコンテンツ事業者が費用を負担する流れが確立する可能性がある。

netflix

 ネットフリックスは、もともとDVDのレンタル事業者として成長してきた企業だが、最近では月額固定料金で映画やドラマをネット配信するサービスに移行している。すでに全世界における配信サービスの利用者数は4000万人に達するという。

 米国はケーブルテレビの普及率が高く、多くの家庭が、ケーブルテレビの回線でテレビ番組を見たり、インターネットを利用している。コムキャストは米国でも有数のケーブルテレビ事業者だが、同社はネットフリックスによる動画配信が自社のネットワークを圧迫しているとして、ネットフリックス側に利用料の支払いを求めていた。今回はネットフリックス側が折れる形で支払いに応じることになった。

 米国では動画配信サービスが急拡大しており、ネットワークのトラフィックの3割を占めるまでになっているという。今後もこの割合いが増えることが予想されており、今のままではネットワークの容量が足りなくなってしまう。これを回避するためには、容量を拡大するための設備投資を積極的に実施すればよいわけだが、問題は誰がその費用を負担するのかである。

 回線事業者にとっては、自社だけでこれに対応するのは不公平と考えており、大容量のトラフィックを発生させるコンテンツ事業者に相応の負担を求めている。今回、有力なコンテンツ事業者が支払いに応じたことで、今後こうした流れが加速する可能性がある。

 トラフィックの多くを占めるコンテンツ事業者が応分の支払いをすることは合理的ではあるが、一部にはネットワーク中立性という観点からこの解決方法に批判的な人もいる。

 米国では、インターネット上を流れるデータはすべて公平に扱うべきという議論がある。対価を払わないとデータを流さない、あるいは多くの対価を払った事業者のデータを優先して流すことになってしまうと、結果的にデータの内容を差別してしまうことになる。この問題はネットワーク中立性と呼ばれている。今回のケースがネットワークにおける中立性を著しく侵害するとは考えにくいが、こうした事例が増えてくれば、データの内容に偏りが生じる可能性はゼロではない。

 またケーブルテレビ事業者は、回線提供者という立場ではコンテンツ配信業者とはパートナーだが、自身もコンテンツを提供していることから、部分的には競合になる。ネットフリックスが急成長したのはケーブルテレビの月額料金が高いことがひとつの要因となっており、両者は顧客を奪い合っていると見ることもできる。

 ネットフリックスはまだ日本ではサービスを行っていないが、同じく米国の「hulu」は日本に進出している。また国内の動画配信事業者も増加してきており、徐々に利用者が増えてくる可能性が高い。まだ先のことかもしれないが、日本でも動画配信事業者のトラフィック問題が浮上してくる可能性もある。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

setubitousi
10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …