ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額し91兆円とするなどの追加緩和策を決定した。

 緩和策の内容は、ほぼ事前に予想された通りの保守的な内容であり、特に大きな驚きはなかった。緩和策の発表後、一部には「市場には失望感が広がった」などのコメントも見られたが、為替市場が一時的に円高に振れてしまったことへの後講釈に過ぎない。

 日銀は基本的に緩和策を拡大したくない意向であり、今後も政治的圧力に対応する形で、緩和策を小出しにしていく可能性が高い。

 これまでは、日銀の消極的姿勢が円高を招く原因だとして、日銀に対する政治圧力が強まっていたわけだが、足元の為替市場では状況が大きく変わりつつある。長年続いた円高の長期トレンドに変化が見え始めているのだ。一部のヘッジファンドなどでは「円安に向けたポジションを組み始めている」(為替トレーダー)という。

 政府と日銀で無益な論争をしている間に、市場が変化しているかもしれないのだ。

 もし本格的に円安に転じる兆しが見えているのだとすると、その理由は金融緩和ではなくズバリ「日本の衰退」。製造業の国際競争力低下によって、貿易赤字が完全に定着しており、改善する気配は見えない。さらに巨額の財政赤字が重くのしかかっており、国債の下落リスクが高まっている。

 このような国家の衰退を背景に本格的な通貨安が進み始めると、中央銀行の緩和策や為替介入などはまったく効果がない。まさに歯止めがかからない円安の恐怖が近づいているかもしれないのだ。
 もし本格的な円安になれば、ガソリン代や食費が高騰し、生活は一気に苦しくなる。デフレ、デフレと騒いでいた時代な懐かしく感じられることになるだろう。

 長期的な視点に立てば、現在の日銀の怠慢などどうでもよいことなのかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

nodazeichou
与党が2014年度税制改正大綱を発表。目玉はなくインパクトにに欠ける内容に終始

 自民・公明の両党は2013年12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した …

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

uiguru
新疆ウイグル自治区でまた衝突が発生。取材制限で実態は闇に包まれたまま

 中国国営の新華社通信は6月26日、中国北西部の新疆ウイグル自治区で「ナイフで武 …

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

George Washington03
東シナ海に展開する中国海軍の実力はどの程度なのか?

 中国が2013年11月に、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したことで …

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

index2015
インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業 …