ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額し91兆円とするなどの追加緩和策を決定した。

 緩和策の内容は、ほぼ事前に予想された通りの保守的な内容であり、特に大きな驚きはなかった。緩和策の発表後、一部には「市場には失望感が広がった」などのコメントも見られたが、為替市場が一時的に円高に振れてしまったことへの後講釈に過ぎない。

 日銀は基本的に緩和策を拡大したくない意向であり、今後も政治的圧力に対応する形で、緩和策を小出しにしていく可能性が高い。

 これまでは、日銀の消極的姿勢が円高を招く原因だとして、日銀に対する政治圧力が強まっていたわけだが、足元の為替市場では状況が大きく変わりつつある。長年続いた円高の長期トレンドに変化が見え始めているのだ。一部のヘッジファンドなどでは「円安に向けたポジションを組み始めている」(為替トレーダー)という。

 政府と日銀で無益な論争をしている間に、市場が変化しているかもしれないのだ。

 もし本格的に円安に転じる兆しが見えているのだとすると、その理由は金融緩和ではなくズバリ「日本の衰退」。製造業の国際競争力低下によって、貿易赤字が完全に定着しており、改善する気配は見えない。さらに巨額の財政赤字が重くのしかかっており、国債の下落リスクが高まっている。

 このような国家の衰退を背景に本格的な通貨安が進み始めると、中央銀行の緩和策や為替介入などはまったく効果がない。まさに歯止めがかからない円安の恐怖が近づいているかもしれないのだ。
 もし本格的な円安になれば、ガソリン代や食費が高騰し、生活は一気に苦しくなる。デフレ、デフレと騒いでいた時代な懐かしく感じられることになるだろう。

 長期的な視点に立てば、現在の日銀の怠慢などどうでもよいことなのかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …

no image
韓国が3隻目のイージス艦を配備。日本との差が徐々に縮小

 韓国が3隻目のイージス艦を就航させる。韓国防衛事業庁は8月末、イージス艦「西厓 …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

kissinger
キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャ …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …