ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1月の消費者物価指数。円安が一服したら物価上昇も鈍化

 

 総務省は2014年2月28日、2014年1月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でプラ ス1.3%と先月に引き続いて上昇となった。「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」についても0.7%の上昇となっている。
 ただ上昇幅はいずれの指数も先月と同じ水準にとどまった。物価上昇傾向はより鮮明となっているが、円安が一服したことから、上昇ペースそのものは鈍化している。

bukkajoushou

 アベノミクスがスタートして以降、物価は上昇に転じている。日銀が設定している2%の目標値にはまだ達していないが、デフレの状態から脱したことは間違いない。だが物価が上昇したのは、景気回復を反映してというよりも円安による輸入物価上昇の影響が大きいというのが現実である。

 エネルギー輸入価格への依存度が大きい電気料金をはじめとして、旅行代金やAV機器、衣類など、為替の影響を受けやすい品目の価格上昇が著しく、これに引きずられる形で他の品目も価格が上昇してきた。つまり輸入物価上昇によるインフレである。
 実際、円安が一服した昨年後半以降、物価上昇のペースは鈍化してきている。今後も継続的な物価上昇を望むのであれば、もう一段の円安が必要ということになる。

 現在、安倍政権は産業界に賃上げを要請しているが、内需拡大による物価上昇ではないので、物価上昇ほどに賃金が上がるのかは不透明である。1年間で1.3%の物価上昇ということになると、生活実感として物価が上がったことが認識され始めるレベルだ。賃金上昇がうまくいかないと、国民の不満が大きくなるかもしれない。

 また物価上昇の鈍化は量的緩和策そのものにも影響を与える可能性がある。量的緩和策は市場にインフレ期待を起こし、実質金利の低下や消費の増加を狙うという政策である。量的緩和策をうまく機能させるためには、物価の先高感が継続する必要がある。
 今年は消費税の増税が控えており、政府も景気減速を予測している。円安の一服と合わせて、品目によっては価格が横ばい、あるいは下落するものが出てくると、市場のインフレ期待が萎む可能性もある。
 日銀に対してはすでに追加緩和の圧力が高まっており、市場もそれを折り込みつつある。追加緩和が実施されれば、株高と円安が復活するかもしれないが、それも消費増税によるマイナス影響とのせめぎ合いとなるだろう。

 これはいつもの議論の繰り返しになるが、量的緩和策を継続的な景気拡大につなげていくためには、適切な成長戦略が必要となる。だが成長戦略に関する議論は実質的に停止した状態にあり、大きく進展する可能性は少ない。今年は昨年に比べて、物価や景気の見通しが不透明になりやすいだろう。

 - 経済

  関連記事

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …

bukkajoushou
8月の消費者物価指数。コアはマイナス、コアコアはプラスとちぐはぐな状況に

 総務省は2015年9月25日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標であ …

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …

bouekitoukei 201405
貿易収支は小康状態。気になるのはイラク情勢による原油価格の高騰

 財務省は2014年6月18日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

sharp
シャープがレノボにテレビ工場を売却。再建のカギである鴻海との提携は依然として進まず

 経営再建中のシャープが、中国のパソコン大手レノボ(聯想)に、中国のテレビ組立工 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

bouekitoukei201402
2月の貿易収支は先月の反動で改善。今後の焦点は日本人の購買力

 財務省は2014年3月19日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …