ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1月の消費者物価指数。円安が一服したら物価上昇も鈍化

 

 総務省は2014年2月28日、2014年1月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でプラ ス1.3%と先月に引き続いて上昇となった。「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」についても0.7%の上昇となっている。
 ただ上昇幅はいずれの指数も先月と同じ水準にとどまった。物価上昇傾向はより鮮明となっているが、円安が一服したことから、上昇ペースそのものは鈍化している。

bukkajoushou

 アベノミクスがスタートして以降、物価は上昇に転じている。日銀が設定している2%の目標値にはまだ達していないが、デフレの状態から脱したことは間違いない。だが物価が上昇したのは、景気回復を反映してというよりも円安による輸入物価上昇の影響が大きいというのが現実である。

 エネルギー輸入価格への依存度が大きい電気料金をはじめとして、旅行代金やAV機器、衣類など、為替の影響を受けやすい品目の価格上昇が著しく、これに引きずられる形で他の品目も価格が上昇してきた。つまり輸入物価上昇によるインフレである。
 実際、円安が一服した昨年後半以降、物価上昇のペースは鈍化してきている。今後も継続的な物価上昇を望むのであれば、もう一段の円安が必要ということになる。

 現在、安倍政権は産業界に賃上げを要請しているが、内需拡大による物価上昇ではないので、物価上昇ほどに賃金が上がるのかは不透明である。1年間で1.3%の物価上昇ということになると、生活実感として物価が上がったことが認識され始めるレベルだ。賃金上昇がうまくいかないと、国民の不満が大きくなるかもしれない。

 また物価上昇の鈍化は量的緩和策そのものにも影響を与える可能性がある。量的緩和策は市場にインフレ期待を起こし、実質金利の低下や消費の増加を狙うという政策である。量的緩和策をうまく機能させるためには、物価の先高感が継続する必要がある。
 今年は消費税の増税が控えており、政府も景気減速を予測している。円安の一服と合わせて、品目によっては価格が横ばい、あるいは下落するものが出てくると、市場のインフレ期待が萎む可能性もある。
 日銀に対してはすでに追加緩和の圧力が高まっており、市場もそれを折り込みつつある。追加緩和が実施されれば、株高と円安が復活するかもしれないが、それも消費増税によるマイナス影響とのせめぎ合いとなるだろう。

 これはいつもの議論の繰り返しになるが、量的緩和策を継続的な景気拡大につなげていくためには、適切な成長戦略が必要となる。だが成長戦略に関する議論は実質的に停止した状態にあり、大きく進展する可能性は少ない。今年は昨年に比べて、物価や景気の見通しが不透明になりやすいだろう。

 - 経済

  関連記事

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

imf201501
IMFが2015年の世界経済見通しを発表。米国だけが大幅上方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年1月20日、世界経済見通しを発表した。201 …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

clubmedchina
元仏大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。課税回避が真の狙い?

 中国の投資会社である複星国際と、アクサ・グループの資産管理会社アクサ・プライベ …