ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場向け事業を買収すると発表した。Huluは、ブランドや技術に関するライセンスを新しく設立する日本市場向け新会社に移管し、日テレはその新会社を子会社化することで日本の事業を引き継ぐ。

hulu

 Huluは米国を本拠地とする定額制の動画配信サービス企業で、日本市場には2011年9月に進出している。現在、月額980円でインターネットを通じて1万本以上の映画やドラマが見放題というプログラムを提供している。

 米国では定額制のネット動画配信サービスが急拡大しており、最大シェアのネットフリックスは全世界で4000万人の利用者がいるといわれている。Huluはネットフリックスと比較すると規模は小さく、今のままでは全米でのシェア拡大は難しい状況だ。

 米国とは異なり、日本では有料の動画配信サービスはまだあまり普及していない。ただ最近はHulu以外にも、TUSTAYA-TV、U-NEXT、Gyao!ストアなど、各社のサービス競争が激しくなってきており、Huluも日本市場での認知度が高まってきていた。ただ競争が激化する米国市場の状況を考え、すべてのリソースを米国に集中するため、国内事業の売却に踏み切ったものと考えられる。

 一方、日テレがHuluを買収した背景には、日本でもそろそろ有料動画配信サービスが本格的に立ち上がるという読みがあったと考えられる。日本は米国と異なり、地上波のテレビ局は政府の規制で保護されており、圧倒的に有利な立場にある。インターネットによる動画配信サービスは、地上波の寡占を切り崩す原動力となる可能性があるが、同社は早めにこれを押さえた格好だ。

 日テレは今年1月に玩具大手タカラトミー傘下のアニメ制作会社タツノコプロを買収している。タツノコプロは「ガッチャマン」や「ヤッターマン」など幅広い年齢層にアピールできるコンテンツを揃えている。日テレはテレビ局の優位性を確保するため、コンテンツを囲い込むと同時に、コンテンツ配信チャネルについても影響力を行使しようとしている。

 放送分野の規制緩和が進んでいる米国では、コンテンツを制作する会社と配信する会社の分離が進み、従来型のテレビ局というものはすでに存在していない。コンテンツ製作会社は複数の配信ネットワークにコンテンツを提供することも多く、人気番組が、複数の局で視聴できることもある。

 日本の場合は、政策の大きな変更がなければ、当面テレビ局の圧倒的な優位が続くことになる。今回のHulu買収のように、テレビ局主導でコンテンツや配信チャネルの囲い込みが強化される可能性も出てきたといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

amazonhaiso
米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検 …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

kurafutohaintsu
ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …