ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大学生の4割が読書時間ゼロ。だが本離れに拍車がかかっていると断言するのは早い

 

 大学生の約4割は読書時間がゼロであることが、全国大学生協連(東京)の「学生生活実態調査」で明らかになった。読書時間がゼロという人の割合いが4割を超えるのは初めて。ただ、詳細な調査結果や他の調査などとも併せて考えると、本離れに拍車がかかっていると断言するのは早計である。

dokushogakusei

 調査は全国の大学生8930人対して行った。1日の読書時間(電子書籍を含む)は平均26.9分で、「0時間」と答えたのは、文系で約34%、理系で44%だった。ゼロ時間という人が4割を超えるのは調査を開始した2004年以降初めて。

 読書時間については男女で明確な違いが出ている。男子学生の読書時間は平均29.2分で10年間ほとんど変わっていない。これに対して女子学生の読書時間は24.3分と短く、しかも10年間で20%以上も減少している。
 ニールセンが2013年5月に発表したスマートフォンの利用状況調査によると、女性のスマホ月間利用時間は男性の1.4倍長かった。1日当たりでは、女性の方が男性より約25分長く、女性のスマホ好きが目立っている。女子学生のスマホ利用時間が延び、読書時間を圧迫した可能性がある。読書といっても中身はいろいろである。男性学生の読書時間が変化していないことを考えると、情報の伝達ルートが変わっただけで、基本的なコンテンツへの需要は変わっていないことも十分に考えられる。

 また日本国民全体でも読書傾向は実はそれほど大きく変化していない。総務省の社会生活基本調査では、読書をする人の割合いは1986年には43.7%だったが、2011年には39.5%に減少している。ただし2001年には45.5%まで上昇したこともあり、一概に減少しているわけではない。また、1年のうち読書をする日数は1896年の調査では103.1日だったが、2011年では94.6日となっている。減少はしているものの、激減したというほどの落ち込みではない。

 ここ20年で新しいデバイスが次々登場し、情報の伝達ルートが多様化している。単行本や新聞など、個別のコンテンツ商品については、売上げが減少するものも多いが、知的コンテンツそのものに対する需要が大きく減少していると断言するのは早計だろう。また読書離れを知的水準の低下などと結びつける論調も多いが、これも明確な根拠があるわけではない。

 ちなみに大学生の勉強時間については、昨年よりも15.3分伸びている。少なくとも勉強については、より一生懸命取り組んでいるようだ。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

katayama
PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

ibmapple
アップルとIBMの提携で業務用システムのスマホ対応が一気に進む?

 米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けの携帯端末分野で提携すると …

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …