ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴックスは2014年2月28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、破綻した。ハッカーからの攻撃を受け、利用者から預かっていたビットコインのほぼすべてを消失した。

bitcoin

 ビットコインをめぐっては、様々な観点から議論が噴出しており、多少混乱気味となっている。これまで国家の統制を受けなかった通貨はほとんどなかったことから、得体の知れないものとしてイメージが膨れあがっている面もある。ビットコインの問題を冷静に分析するためにも、ここは多少の論点整理が必要だろう。

 ビットコインをめぐる議論は、通貨の本質に関わるもの、匿名性に関するもの、安全性(投機)に関するもの3つに整理することができる。もっとも重要なのは通貨の本質に関わる部分である。

 まずビットコインは、従来からあるような電子マネーとは根本的に異なる存在である。電子マネーはあくまで従来の通貨をベースにそれを電子決済のプラットフォームで通用するようにしただけである。基本的には従来の通貨の決済手段にすぎず、それ自体が通貨とはいえない。

 だがビットコインはそれ自体が通貨である。通貨は多くの人がそれに価値があると信用すれば通貨として成立する。通常は国家権力が背景にないとそうした信用は生まれないので、違和感を感じるだけである。だが現代でも香港ドルのように香港政府の監督下とはいえ民間銀行が発行する通貨もあり、国家権力を背景にしない通貨が理論的に発行できないというわけではない。

 ビットコインは金本位制と同じ仕組みが電子的に構築されており、ビットコインを「採掘」するためには、コンピュータ上でかなりの労力をかけて演算を繰り返す必要がある。コンピュータ上とはいえ単なる紙切れにはしていないところがミソであり、それが金銭としての価値を担保している。ただどの国も管理監督をしないため、通貨としての安全性の確保は市場で自立的に行うしかない。

 残りの二つの問題も実は、ここから派生すると考えてよい。どこの政府もビットコインを管理監督しないので、他の通貨に比べて匿名性は高くなる。また、今回のように事故が起こった時の保障もない。これを実現しようとする場合には、市場メカニズムの中で保険機能が構築されるのを待つしかないということになる。当然、取引が過剰にならないようにという規制もないので、場合によっては投機対象にもなる。

 このようにビットコインはその価値のすべてが市場メカニズムで担保されている。これがビットコインの弱いところでもあるが、逆に考えれば、取引量が増大すれば、すべて市場メカニズムで解決できるようになるとも考えることもできる。つまり一概に使いものにならない通貨とは判断できないのである。

 もっともビットコインの本質的価値の源泉は擬似的な金本位制にある。そうであれば、現在の管理通貨制度のように無制限にビットコインを発行することはできないことになる。
 仮に今回のトラブルを乗り越えて、一定の流通量を回復したとしても、近い将来、経済規模の拡大に併せて通貨の量を拡大できないという問題に突き当たる。そうであれば、かつての金本位制と同じように、ビットコインもその役割をいつかは終了させてしまうかもしれない。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

sumahogoogle
スマホ非対応のサイトは検索エンジンから排除?グーグルの新基準

 ネット検索大手グーグルは2015年4月21日から、Webサイトがスマホ対応にな …

abekaiken
設備投資が回復せずアベノミクスは完全に手詰まり状態。原点回帰しか方法はない?

 内閣府は6月12日、4月の機械受注統計を発表した。民間設備投資の先行指標といわ …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

banri
万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを …

no image
SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバ …

shanhai
4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちま …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …