ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシア軍がウクライナ南部をほぼ掌握。脳裏をよぎるのはかつてのクリミア戦争?

 

 ウクライナ南部のクリミア半島でロシア軍と見られる部隊が展開し、半島全域をほぼ掌握しつつある。クリミア半島にはロシア系住民が多く、ロシア軍の基地がある。東西冷戦時代のような対立構造が生まれつつあり、予断を許さない状況となっている。

putin02

 クリミア半島では2014年3月2日、ロシア軍と見られる部隊がウクライナ軍関連施設の制圧を開始し、半島全域をほぼ掌握した。
 部隊は正規のプレートを付けず、国旗も掲げていないが、ロシア軍であることは明らか。クリミア半島は、ロシア系住民が多く、ロシアの海軍基地もある。新政権から任命されたばかりのウクライナ海軍のベレゾフスキー総司令官は、2日声明を発表し、親ロシア派のクリミア自治共和国に忠誠を誓った。ロシア軍が進駐し、ウクライナ軍の司令官もロシア側についたことで、クリミア半島は完全にロシアの影響化に入った。

 オバマ大統領は、プーチン大統領と電話で1時間半にわたり協議し、このままロシア軍が介入を続ければ、6月にロシアで開催予定の主要国首脳会議(サミット)準備会合に参加しないと通告した。しかしプーチン大統領は、ウクライナのロシア系住民の安全を確保する権利があるとして、米国の要求を拒否した。軍事力を背景に周辺諸国を制圧し、これに米国や欧州が反発するという、東西冷戦のような状態になりつつある。

 だが歴史的に見れば、東西冷戦よりもさらに既視感の強い出来事がある。それは1800年代にロシア対欧州という図式で発生したクリミア戦争である。
 1800年代、帝政ロシアはトルコ領内のキリスト教徒保護をめぐってトルコと対立。英・仏・トルコ対ロシアで戦闘となり、クリミア半島を中心に黒海全域や他の地域に戦闘が拡大した。ロシアはクリミア半島の要塞を守りきれず敗北し、ロシアの拡大策は失敗に終わった。クリミア戦争の敗北は最終的にはロマノフ王朝の弱体化とロシア革命という帝国崩壊プロセスにつながっていく。

 ロシアにとってはクリミア半島は地政学的、歴史的に重要であり、かつ国の根幹に関わる場所と認識されている。当時と現在では国際情勢は異なるが、基本的な利害関係は同じである。そうであればこそ、ロシアは現在もクリミア半島に黒海艦隊の基地を置いている。かつてのロシアと同様、周辺への拡大政策を取るプーチン政権にとって、クリミア半島は容易に手放すことができない場所といえるだろう。

 潜在的に欧州とロシアは利害が対立する構造にあり、かつての戦争の多くは、その潜在的対立構造がその大きな要因となっている。今回のウクライナ問題は、欧州とロシアという対立構造を再び表面化させることになってしまったようだ。

 - 政治 , , ,

  関連記事

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

security
オバマ大統領がサイバーセキュリティの大統領令に署名。だが産業界からは疑問の声も

 オバマ大統領は13日、サイバーセキュリティ対策を強化するための大統領令に署名し …

hongkongdemo02
香港の民主化デモがすべての拠点で収束。3年後の長官選挙への影響は未知数

 香港の民主活動家や学生らが民主的な選挙を要求して行った抗議活動が収束した。20 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …