ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシア軍がウクライナ南部をほぼ掌握。脳裏をよぎるのはかつてのクリミア戦争?

 

 ウクライナ南部のクリミア半島でロシア軍と見られる部隊が展開し、半島全域をほぼ掌握しつつある。クリミア半島にはロシア系住民が多く、ロシア軍の基地がある。東西冷戦時代のような対立構造が生まれつつあり、予断を許さない状況となっている。

putin02

 クリミア半島では2014年3月2日、ロシア軍と見られる部隊がウクライナ軍関連施設の制圧を開始し、半島全域をほぼ掌握した。
 部隊は正規のプレートを付けず、国旗も掲げていないが、ロシア軍であることは明らか。クリミア半島は、ロシア系住民が多く、ロシアの海軍基地もある。新政権から任命されたばかりのウクライナ海軍のベレゾフスキー総司令官は、2日声明を発表し、親ロシア派のクリミア自治共和国に忠誠を誓った。ロシア軍が進駐し、ウクライナ軍の司令官もロシア側についたことで、クリミア半島は完全にロシアの影響化に入った。

 オバマ大統領は、プーチン大統領と電話で1時間半にわたり協議し、このままロシア軍が介入を続ければ、6月にロシアで開催予定の主要国首脳会議(サミット)準備会合に参加しないと通告した。しかしプーチン大統領は、ウクライナのロシア系住民の安全を確保する権利があるとして、米国の要求を拒否した。軍事力を背景に周辺諸国を制圧し、これに米国や欧州が反発するという、東西冷戦のような状態になりつつある。

 だが歴史的に見れば、東西冷戦よりもさらに既視感の強い出来事がある。それは1800年代にロシア対欧州という図式で発生したクリミア戦争である。
 1800年代、帝政ロシアはトルコ領内のキリスト教徒保護をめぐってトルコと対立。英・仏・トルコ対ロシアで戦闘となり、クリミア半島を中心に黒海全域や他の地域に戦闘が拡大した。ロシアはクリミア半島の要塞を守りきれず敗北し、ロシアの拡大策は失敗に終わった。クリミア戦争の敗北は最終的にはロマノフ王朝の弱体化とロシア革命という帝国崩壊プロセスにつながっていく。

 ロシアにとってはクリミア半島は地政学的、歴史的に重要であり、かつ国の根幹に関わる場所と認識されている。当時と現在では国際情勢は異なるが、基本的な利害関係は同じである。そうであればこそ、ロシアは現在もクリミア半島に黒海艦隊の基地を置いている。かつてのロシアと同様、周辺への拡大政策を取るプーチン政権にとって、クリミア半島は容易に手放すことができない場所といえるだろう。

 潜在的に欧州とロシアは利害が対立する構造にあり、かつての戦争の多くは、その潜在的対立構造がその大きな要因となっている。今回のウクライナ問題は、欧州とロシアという対立構造を再び表面化させることになってしまったようだ。

 - 政治 , , ,

  関連記事

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

kuroda02
日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程 …

kichikyoku
携帯基地局の裁判で住民が敗訴。日本人は目に見えないものが苦手なようで・・

 携帯電話の基地局が発する電波の有害性について、日本でも次第に取り上げられるよう …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …

George Washington03
東シナ海に展開する中国海軍の実力はどの程度なのか?

 中国が2013年11月に、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したことで …

shudempsey
デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?

 中国の習近平国家主席は4月23日、中国を訪問している米国のデンプシー統合参謀本 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

yukihatoyama
鳩山氏の暴走で浮き彫りになる、日本人にとっての「法の支配」

 クリミアを訪問中の鳩山由紀夫元首相は2015年3月12日、旅券を返納させるべき …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …