ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカジノ解禁を視野に、日本国内に100億ドル(約1兆円)を投資する用意があることを明らかにした。来日した同社オーナーのアデルソンCEOが記者会見で表明した。世界的なカジノ王として有名なアデルソン氏が日本への投資を表明したことで、日本でのカジノ構想がさらに白熱化してきそうだ。

venetian

 世界的なカジノ運営会社は、カジノの本場ラスベガスを本拠としているところが多い。
 アデルソン氏は比較的新しいカジノ王で、もともとはラスベガスのコンピュータ展示会「コムデックス」のオーナーであった。1993年にソフトバンクがコムデックスを買収した資金を元に、廃れていた往年のカジノ・ホテル「サンズ」を買収、その跡地にベネチアンという巨大カジノ・ホテルを建設し一躍有名になった。
 その後は、マカオに進出し、最近では空中プールで有名なシンガポールのマリナベイ・サンズなどを手がけている。

 このほか、ミラージュ、トレジャーアイランド、ベラージオなど著名なカジノ・ホテルをいくつも手がけたスティーブ・ウィン氏が率いるウィン・リゾート社、MGMグランドを中心に多角的にカジノを経営する巨大カジノ・グループMGM社などがあるが、いずれもアジアに高い関心を寄せている。

 だがカジノの開設には、国の規制や利権など様々な要素が絡み合うため、一筋縄でいくものではない。アデルソン氏は2012年にスペインのバルセロナかマドリードに約3兆5000億円の資金を投じて巨大カジノを建設すると表明、債務危機に瀕するスペインでは大騒ぎとなった。
 バルセロナとマドリードは、プライドをかなぐり捨てた誘致合戦を行い、結局マドリードが勝ち取ったものの、2013年に突然アデルソン氏が撤退を表明、カジノ構想は泡と消えてしまった過去がある。

 アデルソン氏は、自身の飛躍のきっかけとなったソフトバンクの孫正義社長の名前をあげ、「孫氏のようなリスクテイカーとパートナーを組みたい」と述べたという。この発言には、「孫氏にその意向があるのかは分からない」との前置きがあり、孫氏がカジノ・ビジネスに興味を示しているかどうかは不明だ。

 ただ孫氏なのかどうかはともかく、大きなリスクを取れるパートナーが現れれば、アデルソン氏が日本に本格進出する可能性はある。カジノ誘致は経済活性化の秘策として歓迎する声がある一方、批判的な意見も根強い。米国のカジノ王が声を上げたことをきっかけに一気に話が具体化することも考えられる。そろそろ日本でもカジノをどう扱うべきなのか、オープンな議論が必要なタイミングだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , , , ,

  関連記事

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

bouekitoukei 201409
貿易赤字は一定水準でほぼ安定。やはり円安は輸出増加に寄与せず

 財務省は2014年10月22日、9月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

matsuishouken
松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえ …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

no image
シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダ …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …