ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自治体の国保窓口業務の民間委託がスタート。本当にコストは削減できるのか?

 

 東京都の足立区は、全国で初めて2015年から国民健康保険の管理・運営業務について民間委託を開始する。窓口業務も職員ではなく、委託された民間企業の社員が対応することになる。大田区など他の自治体でも外部委託の準備を進めており、今後この動きが加速する可能性が高い。民間のノウハウを取り入れ、コスト削減と業務効率化を目指すとしているが、本当にコストが削減されるのか疑問視する声もある。

kenkouhoken

 足立区では、これまで国民健康保険の管理・運営業務は区の職員が担当してきた。2015年からは入札で決まった民間事業者に委託することになる。民間に委託すれば業務が効率化され、コストが削減できる見込みということなのだが、実際にそうなるのかは微妙な状況だ。

 公的業務の民間委託としては、法務局の窓口業務の民間委託などいくつか例がある。だが法務省の場合、そもそも職員は窓口業務を行っておらず、法務省からの天下り団体に高いコストで業務を委託していたという事情があった。窓口業務は小泉構造改革のひとつである市場化テストの対象となり、人材派遣会社への切り替えが進められた。

 法務省のケースでは、もともと公務員が当該業務を実施していなかったという点に議論の余地があるが、コストの削減は実現できている。だが今回のケースはもともと公務員が担当していた業務を民間に委託するものであり、その分、公務員を解雇するわけではない。新規採用の抑制など、長期間ではコスト削減は可能かもしれないが、経費削減は一定の仮定に基づいたものになる可能性が高い。

 また外部委託する業務はある程度の知識が必要となるため、ノウハウ蓄積という観点から受託する事業者はあまり多くない方がよい。だが入札の公平性という観点からすると新規事業者の参入が多い方が談合などが起こりにくく、健全な調達が可能となる。業務の信頼性と入札の公平性のバランスを保つというなかななか難しい作業が自治体に課されることになる。

 定型業務など、コスト削減が見込める分野については、外部委託を進めるというのが現在の流れであり、こうした試みそれ自体については評価してよいだろう。だが職員がやりたくない仕事を外注化する、あるいは現在、勤務している公務員の特権を維持するために、外部委託を進めるというのでは本末転倒である。外部委託の経費削減効果は本当にどの程度なのか、新しい利権が生じる可能性はないのかなど、地域住民はしっかりとチェックしていく必要がありそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

nodae01
野田首相が驚愕発言!政党であるにも関わらず政策を放棄し官僚に丸投げ

 民主党は次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)を発表したが、その内容に関す …

thaad
最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したこと …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

no image
東国原前宮崎県知事、東京で出馬か?そして海江田万里はどうなる?

 維新の会が衆院選の目玉候補に予定している前宮崎県知事の東国原英夫氏だが、東京で …

kankokugenpatu02
韓国の原子力産業に暗雲。相次ぐ原発トラブルと米韓交渉決裂で再処理も不可能に

 韓国で再び原子力発電所のトラブルが発生している。慶州市にある新月城原発1号機が …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

nakatani
安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われて …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …