ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

(速報)パナソニックが7650億円の赤字見通し。三洋買収の失敗が明らかに!

 

 パナソニックは31日、2013年3月期の中間決算を発表した。売上高は3兆6382億円で前年同月比9%のマイナス。営業利益は874億円と何とか黒字を確保した。一方、税引き前利益は予想よりも大幅に下方修正し2787億円の赤字となった。
 これを受けて2013年3月期の通期利益見通しについても、純利益ベースで500億円の黒字から7650億円の赤字に修正した。

 赤字の内訳は、ほとんどがソーラー事業、民生用リチウム電池、携帯電話事業に関する、のれん減損損失処理によるもの。つまり買収した事業の価格が高すぎたため、それを処理しているということ。
 金額が大きいので少々驚くかもしれないが、減損はあくまで帳簿上の処理。日々の事業からは何とか黒字を生み出しているので、シャープのように致命的な状況になっているわけではない。

 だが、そうだからといってこのような巨額赤字が許容されるわけではない。パナソニックは、三洋電機の不振を受けて事業をほぼ丸ごと買収した。今回の決算では、この買収した事業がまったく立て直せていないことが証明されたわけで、買収を主導した経営陣の責任は大きいといえよう。

 そもそも三洋電機はパナソニック創業者である松下幸之助氏の親戚(奥さんの兄弟)が、パナソニックから独立して出来た会社。いってみれば身内である。三洋電機の経営危機に際して、身内を救うことが優先し、冷静なビジネス上の判断が働いていたとは思えない。
 7650億円の赤字分は、パナソニックの株を買った投資家がその損失を引き受けているわけで、経営陣の財布はビタ一文影響を受けていない。このことを決して忘れてはならないだろう。

 通期の決算が予想通りに推移すると、30%代だったパナソニックの自己資本比率は20%以下に低下する。これ以上、損失が拡大するようだと、シャープのように経営危機が危ぶまれてくる可能性もある。
 通期決算において赤字を出し尽くせるのかが、次の注目点といえよう。来年3月までの半年間は何とか時間を稼ぐことができたことになる。

 - 経済

  関連記事

google2014
さらに安定成長に向かうグーグル。市場は次のブレークスルー待ち

 米グーグルは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。こ …

tosho02
上からの改革でROE向上を掲げる企業が急増。そのシワ寄せはどこに?

 ROE(株主資本利益率)の向上を経営目標に掲げる企業が急増している。これまで日 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

ieren02
FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FO …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

officebuiding
とうとう不動産市況が上向く?都心部のオフィス空室率が低下したが・・・・

 不動産仲介の三鬼商事は7日、東京都心におけるオフィスの空室状況を発表した。1月 …

kinkakaku
金価格が急落。ドルの復権で金は再び表舞台から姿を消す運命なのか?

 これまで長期にわたって上昇が続いてきた金相場が変調している。15日のニューヨー …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …