ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

(速報)パナソニックが7650億円の赤字見通し。三洋買収の失敗が明らかに!

 

 パナソニックは31日、2013年3月期の中間決算を発表した。売上高は3兆6382億円で前年同月比9%のマイナス。営業利益は874億円と何とか黒字を確保した。一方、税引き前利益は予想よりも大幅に下方修正し2787億円の赤字となった。
 これを受けて2013年3月期の通期利益見通しについても、純利益ベースで500億円の黒字から7650億円の赤字に修正した。

 赤字の内訳は、ほとんどがソーラー事業、民生用リチウム電池、携帯電話事業に関する、のれん減損損失処理によるもの。つまり買収した事業の価格が高すぎたため、それを処理しているということ。
 金額が大きいので少々驚くかもしれないが、減損はあくまで帳簿上の処理。日々の事業からは何とか黒字を生み出しているので、シャープのように致命的な状況になっているわけではない。

 だが、そうだからといってこのような巨額赤字が許容されるわけではない。パナソニックは、三洋電機の不振を受けて事業をほぼ丸ごと買収した。今回の決算では、この買収した事業がまったく立て直せていないことが証明されたわけで、買収を主導した経営陣の責任は大きいといえよう。

 そもそも三洋電機はパナソニック創業者である松下幸之助氏の親戚(奥さんの兄弟)が、パナソニックから独立して出来た会社。いってみれば身内である。三洋電機の経営危機に際して、身内を救うことが優先し、冷静なビジネス上の判断が働いていたとは思えない。
 7650億円の赤字分は、パナソニックの株を買った投資家がその損失を引き受けているわけで、経営陣の財布はビタ一文影響を受けていない。このことを決して忘れてはならないだろう。

 通期の決算が予想通りに推移すると、30%代だったパナソニックの自己資本比率は20%以下に低下する。これ以上、損失が拡大するようだと、シャープのように経営危機が危ぶまれてくる可能性もある。
 通期決算において赤字を出し尽くせるのかが、次の注目点といえよう。来年3月までの半年間は何とか時間を稼ぐことができたことになる。

 - 経済

  関連記事

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

itotaka
日本は再び財政出動路線に転換?著名学者が「構造改革」というキーワードに躊躇

 中国・上海で開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

shalegasrig
住友商事がシェールガスで損失。別子銅山から続く「資源の住友」は見直し必至

 住友商事が、米国のシェールガス開発事業で1700億円の損失を計上し、2015年 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …