ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

(速報)パナソニックが7650億円の赤字見通し。三洋買収の失敗が明らかに!

 

 パナソニックは31日、2013年3月期の中間決算を発表した。売上高は3兆6382億円で前年同月比9%のマイナス。営業利益は874億円と何とか黒字を確保した。一方、税引き前利益は予想よりも大幅に下方修正し2787億円の赤字となった。
 これを受けて2013年3月期の通期利益見通しについても、純利益ベースで500億円の黒字から7650億円の赤字に修正した。

 赤字の内訳は、ほとんどがソーラー事業、民生用リチウム電池、携帯電話事業に関する、のれん減損損失処理によるもの。つまり買収した事業の価格が高すぎたため、それを処理しているということ。
 金額が大きいので少々驚くかもしれないが、減損はあくまで帳簿上の処理。日々の事業からは何とか黒字を生み出しているので、シャープのように致命的な状況になっているわけではない。

 だが、そうだからといってこのような巨額赤字が許容されるわけではない。パナソニックは、三洋電機の不振を受けて事業をほぼ丸ごと買収した。今回の決算では、この買収した事業がまったく立て直せていないことが証明されたわけで、買収を主導した経営陣の責任は大きいといえよう。

 そもそも三洋電機はパナソニック創業者である松下幸之助氏の親戚(奥さんの兄弟)が、パナソニックから独立して出来た会社。いってみれば身内である。三洋電機の経営危機に際して、身内を救うことが優先し、冷静なビジネス上の判断が働いていたとは思えない。
 7650億円の赤字分は、パナソニックの株を買った投資家がその損失を引き受けているわけで、経営陣の財布はビタ一文影響を受けていない。このことを決して忘れてはならないだろう。

 通期の決算が予想通りに推移すると、30%代だったパナソニックの自己資本比率は20%以下に低下する。これ以上、損失が拡大するようだと、シャープのように経営危機が危ぶまれてくる可能性もある。
 通期決算において赤字を出し尽くせるのかが、次の注目点といえよう。来年3月までの半年間は何とか時間を稼ぐことができたことになる。

 - 経済

  関連記事

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

bukkajoushou
物価上昇の伸びは着実に鈍化。だが一方で国民はインフレを懸念

 総務省は2014年9月26日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

orandoshukinpei
中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して、最大級のもてなしを実施

 フランスのオランド大統領は4月25日、中国を訪問し、北京の人民大会堂で習近平国 …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …

bukkajoushou
消費税の便乗値上げはあったのか?4月の東京都区部の消費者物価指数は2.7%上昇

 消費増税後、初の物価統計として注目されていた4月における東京都区部の消費者物価 …