ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

(速報)パナソニックが7650億円の赤字見通し。三洋買収の失敗が明らかに!

 

 パナソニックは31日、2013年3月期の中間決算を発表した。売上高は3兆6382億円で前年同月比9%のマイナス。営業利益は874億円と何とか黒字を確保した。一方、税引き前利益は予想よりも大幅に下方修正し2787億円の赤字となった。
 これを受けて2013年3月期の通期利益見通しについても、純利益ベースで500億円の黒字から7650億円の赤字に修正した。

 赤字の内訳は、ほとんどがソーラー事業、民生用リチウム電池、携帯電話事業に関する、のれん減損損失処理によるもの。つまり買収した事業の価格が高すぎたため、それを処理しているということ。
 金額が大きいので少々驚くかもしれないが、減損はあくまで帳簿上の処理。日々の事業からは何とか黒字を生み出しているので、シャープのように致命的な状況になっているわけではない。

 だが、そうだからといってこのような巨額赤字が許容されるわけではない。パナソニックは、三洋電機の不振を受けて事業をほぼ丸ごと買収した。今回の決算では、この買収した事業がまったく立て直せていないことが証明されたわけで、買収を主導した経営陣の責任は大きいといえよう。

 そもそも三洋電機はパナソニック創業者である松下幸之助氏の親戚(奥さんの兄弟)が、パナソニックから独立して出来た会社。いってみれば身内である。三洋電機の経営危機に際して、身内を救うことが優先し、冷静なビジネス上の判断が働いていたとは思えない。
 7650億円の赤字分は、パナソニックの株を買った投資家がその損失を引き受けているわけで、経営陣の財布はビタ一文影響を受けていない。このことを決して忘れてはならないだろう。

 通期の決算が予想通りに推移すると、30%代だったパナソニックの自己資本比率は20%以下に低下する。これ以上、損失が拡大するようだと、シャープのように経営危機が危ぶまれてくる可能性もある。
 通期決算において赤字を出し尽くせるのかが、次の注目点といえよう。来年3月までの半年間は何とか時間を稼ぐことができたことになる。

 - 経済

  関連記事

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

usakoyoutoukei201409
9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数 …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …

kokusaishushi201402
経常赤字体質への転換を受け、政府は海外資本の誘致に舵を切り始めた

 財務省は2014年4月8日、2014年2月の国際収支を発表した。最終的な国の収 …

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

nec
NECのスマホ事業撤退は、日本型ガラパゴス産業の象徴?

 これまでNTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから …