ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政府はビットコインについて取引ルールを導入することを決定した。また米当局もビットコインの規制のあり方について模索していると米経済誌が報道している。米当局は、表面上はビットコイン問題への言及を避けているが、FRBや財務省、連邦取引委員会などがそれぞれ独自に規制が可能か検討しているという。

bitcoin ビットコインの問題は通貨発行権という国家にとって極めて微妙な問題が関係していることから、すべてがオープンに議論されるわけではない。
 確認が取れない話なのであくまで想像に過ぎないが、米国や英国のような国は、ビットコインを規制するスタンスを取りつつ、一方ではその活動を支援し、自国の利益のために利用する可能性がある。日本は米英がそういった行動に出てくる可能性があることを十分認識しておく必要がある。

 国内では麻生財務大臣が「破綻すると思っていた」と発言したことからも分かるように、基本的には否定的なスタンスである。新しく導入される取引指針では、ビットコインを「通貨」とは認定せず「モノ」として取り扱い、金融機関での取り扱いを禁止する。また貴金属と同様、売買益は課税対象とする方針だ。国内世論も危険なものであるとして、原則排除を求める声が大きいようである。各国も表向きはビットコインについて懸念を表明している。
 だが国際金融の世界では、本音と建て前は別という常識がある。これはビットコインにも十分あてはまる可能性がある。各国の否定的な見解をそのままストレートに解釈するのは危険である。単純に危ないから規制せよ、という流れでは国益を損ねてしまうこともあるのだ。

 ビットコインは通貨として非常によく出来たシステムとなっている。「採掘」という労力をかけないと通貨が発行できないようになっており(一種の金本位制)、通貨価値を担保する仕組みが内在している。また、それぞれの通貨にはすべての取引履歴が蓄積されるので、実は取引に透明性がある。当局の管理下にないという意味では不透明なのかもしれないが、通貨そのものとしては偽造もできず、むしろ安全といってよい(通貨発行量の上限など様々な問題はあるが・・・)。今回の事件は取引所が強盗に遭ったということであり、通貨そのものの問題ではない。

 逆に言えば、米NSA(米国家安全保障局)のような情報当局にとってこれほど格好の追跡対象はない。見かけ上、国家の管理を受けないので、マネーロンダリングや闇取引に使われる可能性が高いが、これをトラッキングできれば、その実態を米国だけが把握することができる。さらには今回の取引所事件のように、ハッキングして相手の資産を一瞬で消すことも可能になる。

 そもそもタックスヘイブン(租税回避地)も、英国が自国の利益のために植民地を使って開設したのが、そもそものきっかけである。闇資金も含めて世界中から資金を集められるし、そうしたウラの情報も一手に握ることができる。米国がタックスヘイブンに対して厳しいスタンスだったのは、それが英国の利権だったからであり、決して正義感からではない。

 ビットコインは「ナカモトサトシ」という日本人が開発したことになっており(真偽の程は不明)、最大の取引所が日本にあるなど、日本との縁が深い。日本の規制当局が否定的な見解を示す一方で、ウラで情報収集や支援をしているのであれば、それはそれで非常に頼もしいことである。だが十中八九そうではないだろう。
 今後ビットコインがどのような展開を見せるのかは不明だが、もし国際金融システムの中で一定の地位を確保するようであれば、米国の側面支援を疑った方がよいだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

seisansei
あまりにも低い日本の生産性。労働経済白書が示す衝撃的な現実

 厚生労働省は2016年9月30日、2016年版の労働経済白書を公表した。日本の …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

ieren03
6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …

bloomberg
ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・ …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …