ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

閣議公表が実現できたのは閣議形骸化が進んでいるから?だが立法は行わず

 

 安倍首相は、2014年4月から閣議と閣僚懇談会の議事録を作成し、これを公表する方針を明らかにした。これまで閣議は非公開であり、実施されれば「憲政史上初めての取り組み」(安倍首相)となる。

kakugikoukai

 だが公開については閣議決定するのみで立法措置を伴わないため、内閣が変われば方針が変わる可能性がある。また閣議の形骸化はかねてから指摘されている問題だが、今回の決定によってその状況にさらに拍車がかかる可能性も指摘されている。

 当初、政府内部では、法改正を行い30年後に公文書館で公開するという本来の情報公開のあり方を軸に公開手法を検討していた。だが安倍政権は法改正は行わず、閣議決定で定めるという方針に転換した。
 安倍氏は「閣議決定であれば速やかな公表が可能」と述べ、迅速な対応であることを強調している。だが本来の情報公開の趣旨から考えると、これはあまり前進しているとは言い難い。

 民主国家において国民は主権者であり、原則としてすべての情報について国民は知る権利を持っている。だが国際社会の現実を考えればすべての情報をリアルタイムでオープンにすることが国民の利益につながるとは限らない。そこで発達してきたのが、情報公開のルールを法律で定め、一定期間が経過したものについては、原則としてすべて公開するというルールである。

 時間が経過すれば歴史的出来事となり、すべてを公開しても国民が大きく不利益を被ることはない。一方で国民の知る権利は担保され、公職に就いた人については歴史がその成果を評価することになる。これは民主国家における長年の議論の末たどり着いた知恵といってよいだろう。

 だが今回の措置はこうした基本原則からはずれている。立法措置を伴わないため、次の内閣でも同じ方針が維持されるのか保障はない。そして何よりも閣議の形骸化が進む可能性が高い。
 閣議は行政府における最高意思決定機関であり、本来は侃々諤々の議論があってよい。だが即時公開では、微妙な問題について思い切った発言をする閣僚はいなくなり、官僚が上げてきた閣議案件をただ淡々と処理するだけという状況になりかねない。
 というよりも閣議がすでに完全に形骸化しているからこそ、情報公開の対象になったとも考えることができる。

 今回、安倍政権が情報公開の方針を打ち出した背景には、特定秘密保護法をめぐる国民からの反発や、連立を組む公明党に対する配慮があるといわれている。今回の措置によって、こうした反発の声を抑制することができるのかは微妙な状況である。

 - 政治 , ,

  関連記事

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

putingunjiryoku
プーチン大統領が雇用対策から武器輸出強化を表明。苦しいロシアの台所事情

  ロシアのプーチン大統領は2014年7月7日、国内の雇用を創出するため武器輸出 …

00004
米大統領選挙2回目のTV討論会が終了。結果はオバマ大統領優勢

 大統領選挙の2回目のTV討論会が、現地時間の16日夜(日本時間17日午前)、ニ …

shukinpei06
中国共産党が今度は人民解放軍幹部の党籍を剥奪。習氏への権力集中は完成段階に

 中国共産党は2014年6月30日、政治局会議を開催し、人民解放軍幹部の徐才厚・ …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …