ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

閣議公表が実現できたのは閣議形骸化が進んでいるから?だが立法は行わず

 

 安倍首相は、2014年4月から閣議と閣僚懇談会の議事録を作成し、これを公表する方針を明らかにした。これまで閣議は非公開であり、実施されれば「憲政史上初めての取り組み」(安倍首相)となる。

kakugikoukai

 だが公開については閣議決定するのみで立法措置を伴わないため、内閣が変われば方針が変わる可能性がある。また閣議の形骸化はかねてから指摘されている問題だが、今回の決定によってその状況にさらに拍車がかかる可能性も指摘されている。

 当初、政府内部では、法改正を行い30年後に公文書館で公開するという本来の情報公開のあり方を軸に公開手法を検討していた。だが安倍政権は法改正は行わず、閣議決定で定めるという方針に転換した。
 安倍氏は「閣議決定であれば速やかな公表が可能」と述べ、迅速な対応であることを強調している。だが本来の情報公開の趣旨から考えると、これはあまり前進しているとは言い難い。

 民主国家において国民は主権者であり、原則としてすべての情報について国民は知る権利を持っている。だが国際社会の現実を考えればすべての情報をリアルタイムでオープンにすることが国民の利益につながるとは限らない。そこで発達してきたのが、情報公開のルールを法律で定め、一定期間が経過したものについては、原則としてすべて公開するというルールである。

 時間が経過すれば歴史的出来事となり、すべてを公開しても国民が大きく不利益を被ることはない。一方で国民の知る権利は担保され、公職に就いた人については歴史がその成果を評価することになる。これは民主国家における長年の議論の末たどり着いた知恵といってよいだろう。

 だが今回の措置はこうした基本原則からはずれている。立法措置を伴わないため、次の内閣でも同じ方針が維持されるのか保障はない。そして何よりも閣議の形骸化が進む可能性が高い。
 閣議は行政府における最高意思決定機関であり、本来は侃々諤々の議論があってよい。だが即時公開では、微妙な問題について思い切った発言をする閣僚はいなくなり、官僚が上げてきた閣議案件をただ淡々と処理するだけという状況になりかねない。
 というよりも閣議がすでに完全に形骸化しているからこそ、情報公開の対象になったとも考えることができる。

 今回、安倍政権が情報公開の方針を打ち出した背景には、特定秘密保護法をめぐる国民からの反発や、連立を組む公明党に対する配慮があるといわれている。今回の措置によって、こうした反発の声を抑制することができるのかは微妙な状況である。

 - 政治 , ,

  関連記事

usarmy
米国の若者の7割が兵役不適格。肥満などが主な原因だが、装備ハイテク化の影響も

 米国の若者の約7割が、何らかの理由で兵役の対象にならないという現実が話題となっ …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

isuramutero
イスラム国による邦人殺害予告。真価が問われる日本版NSCと日本人

 イスラム過激派組織「イスラム国」のグループは2015年1月20日、日本人男性2 …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

enzetsu
2期目を迎えたオバマ大統領の就任式。その日のスケジュールを全公開

 オバマ米大統領の2期目の就任式が21日首都ワシントンで開催された。 オバマ大統 …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

kitachosenmisairu
北朝鮮がミサイル発射延期。だが日本政府にとっては基本的に他人事

 北朝鮮が発射予告している長距離弾道ミサイルについて、発射が延期される可能性が高 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

Hillary Clinton
イラクへの地上部隊派遣の動きが進む。オバマ大統領は政権末期で制御困難?

 米国でなし崩し的にイラク派兵に向けた動きが進んでいる。イラクでの戦争が再び次期 …