ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

閣議公表が実現できたのは閣議形骸化が進んでいるから?だが立法は行わず

 

 安倍首相は、2014年4月から閣議と閣僚懇談会の議事録を作成し、これを公表する方針を明らかにした。これまで閣議は非公開であり、実施されれば「憲政史上初めての取り組み」(安倍首相)となる。

kakugikoukai

 だが公開については閣議決定するのみで立法措置を伴わないため、内閣が変われば方針が変わる可能性がある。また閣議の形骸化はかねてから指摘されている問題だが、今回の決定によってその状況にさらに拍車がかかる可能性も指摘されている。

 当初、政府内部では、法改正を行い30年後に公文書館で公開するという本来の情報公開のあり方を軸に公開手法を検討していた。だが安倍政権は法改正は行わず、閣議決定で定めるという方針に転換した。
 安倍氏は「閣議決定であれば速やかな公表が可能」と述べ、迅速な対応であることを強調している。だが本来の情報公開の趣旨から考えると、これはあまり前進しているとは言い難い。

 民主国家において国民は主権者であり、原則としてすべての情報について国民は知る権利を持っている。だが国際社会の現実を考えればすべての情報をリアルタイムでオープンにすることが国民の利益につながるとは限らない。そこで発達してきたのが、情報公開のルールを法律で定め、一定期間が経過したものについては、原則としてすべて公開するというルールである。

 時間が経過すれば歴史的出来事となり、すべてを公開しても国民が大きく不利益を被ることはない。一方で国民の知る権利は担保され、公職に就いた人については歴史がその成果を評価することになる。これは民主国家における長年の議論の末たどり着いた知恵といってよいだろう。

 だが今回の措置はこうした基本原則からはずれている。立法措置を伴わないため、次の内閣でも同じ方針が維持されるのか保障はない。そして何よりも閣議の形骸化が進む可能性が高い。
 閣議は行政府における最高意思決定機関であり、本来は侃々諤々の議論があってよい。だが即時公開では、微妙な問題について思い切った発言をする閣僚はいなくなり、官僚が上げてきた閣議案件をただ淡々と処理するだけという状況になりかねない。
 というよりも閣議がすでに完全に形骸化しているからこそ、情報公開の対象になったとも考えることができる。

 今回、安倍政権が情報公開の方針を打ち出した背景には、特定秘密保護法をめぐる国民からの反発や、連立を組む公明党に対する配慮があるといわれている。今回の措置によって、こうした反発の声を抑制することができるのかは微妙な状況である。

 - 政治 , ,

  関連記事

chousahogei
調査捕鯨中止の判決は、ムラ社会型日本外交の完全な敗北

 国際司法裁判所は2014年3月31日、南極海で行われている日本の調査捕鯨を中止 …

abe
来日中のバーンズ国務副長官が安倍総裁と会談。安倍氏は領有権問題で強気の発言

 米国務省のバーンズ副長官が来日している。日本を皮切りに、韓国、中国、ミャンマー …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

kanntei
日本版NSC設置へ。だが動かない組織の上にいくら新しい組織を作っても結果は同じ

 政府は、外交・安全保障政策の司令塔となる「国家安全保障会議」、いわゆる日本版N …

hikouki2014
スマホのバッテリーを切らすと飛行機に乗れない?米国の新保安体制

 バッテリー切れになると飛行機に乗れない。そんな悪夢が現実になろうとしている。米 …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

kourousho
マクロ経済スライド制という奇妙な名称の制度がスタート。年金は実質減額へ

 2015年から年金の本格的な抑制が始まる。年金財政の破たんを防ぐためには、必須 …