ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが、最近は世代間格差の状況がさらに複雑化してきている。

businessman

 厚生労働省がまとめた賃金構造基本調査では、2013年の労働者の月額賃金は前年比で2千円減少している。だがその減少幅は年齢によって大きく異なっている。

 20代前半については0円、20代後半はマイナス700円とほぼ横ばいの状況となっている。だが45~49歳では6800円のマイナス、40~44歳では5100円のマイナスとなっており、いわゆるバブル世代の賃金下落が激しいことが分かる。一方60~64歳では1600円の上昇、65歳以上では4000円の上昇となっている。

 この状況を見てバルブ世代だけが大きく損をしていると判断するのは早い。若年層は当初から賃金が安く昇給も制限されてきた。企業は若年層の賃金引き下げが限界に達したことから、賃金引き下げを中堅層にシフトしている可能性が高い。
 一方高齢者の賃金が上昇しているのは、高齢者を引き続き企業が雇うことを義務付けた高齢者雇用安定法の影響が大きいと考えられる。確かに60歳以上の高齢者については、年金支給開始年齢が引き上げられたとはいえ確実に年金の給付が受けられることを考えれば、客観的に見てかなり優遇されていると判断してよいだろう。
 だが50歳以上についてはバブル世代ほどではないにせよ賃金はやはり下落しており、全体的に見れば賃金がプラスになっているのは60歳以上だけという状況なのである。

 経済の基礎体力が落ちてくるにしたがって、日本は基本的に若年層にその負担を押し付けて対処してきた。だが景気の低迷が長引くにつれてそれだけでは対処しきれず、徐々に年齢層が上の社員の待遇を減らし始めている。
 この状態がさらに続けば、若年層と中高年層の格差は今後縮小していく可能性が高くなる。相対的に得をしたのは、現在すでに60歳以上になっている人だけという状況になってしまうかもしれない。

 安倍政権では経済界に賃上げを強く求めており、一部の企業はこれに応じる構えを見せている。だが相対的に賃金の安い非正規社員の数は増えており、賃上げが実施されても賃金の平均値はあまり上昇しない可能性が高い。同じく賃金の安い女性の労働者が急激に増加してきており、こちらも平均賃金を下げる方向に力が働く。
 さらにいえば生産拠点の海外シフトに伴い、労働者の製造業から非製造業へのシフトも起こっている。非製造業の賃金は製造業よりも低く、この動きも賃金低下圧力につながる。

 従来は世代間格差の問題が大きいはずだったが、景気低迷の期間があまりにも長かったことや日本経済の体質転換が進んでいることから、相対的に世代間格差が縮小する傾向が見え始めている。
 今後は賃金の絶対値をどう上げていくのかを真剣に考えていく必要がありそうだ。今まで日本人は目先の利益を優先し、経済の付加価値や生産性に関する議論を避けてきた。こうしたスタンスはもはや限界に来ていることを統計結果は示しているのかもしれない。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

panasonic
パナソニックがテレビ事業を大幅縮小。だがこれで何屋さんか分らない状態に

 パナソニックがテレビ事業を大幅に縮小すると日本経済新聞などが報じている。同社は …

bouekitoukei 201411
11月の貿易収支は円安と原油安の相乗効果で赤字幅縮小

 財務省は2014年12月17日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

tenanmon
中国が2012年GDP値を発表。中国の爆発的成長は終了し、今後は普通の経済成長へ

 中国国家統計局は18日、2012年のGDP(国内総生産)を発表した。実質GDP …

bukkajoushou
8月の消費者物価指数。コアはマイナス、コアコアはプラスとちぐはぐな状況に

 総務省は2015年9月25日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標であ …

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

no image
セコムが東電から巨大要塞データセンターを買収。その成否は?

 セコムが東京電力からデータセンターを買収すると日経新聞が報じている。セコムが買 …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …