ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが、最近は世代間格差の状況がさらに複雑化してきている。

businessman

 厚生労働省がまとめた賃金構造基本調査では、2013年の労働者の月額賃金は前年比で2千円減少している。だがその減少幅は年齢によって大きく異なっている。

 20代前半については0円、20代後半はマイナス700円とほぼ横ばいの状況となっている。だが45~49歳では6800円のマイナス、40~44歳では5100円のマイナスとなっており、いわゆるバブル世代の賃金下落が激しいことが分かる。一方60~64歳では1600円の上昇、65歳以上では4000円の上昇となっている。

 この状況を見てバルブ世代だけが大きく損をしていると判断するのは早い。若年層は当初から賃金が安く昇給も制限されてきた。企業は若年層の賃金引き下げが限界に達したことから、賃金引き下げを中堅層にシフトしている可能性が高い。
 一方高齢者の賃金が上昇しているのは、高齢者を引き続き企業が雇うことを義務付けた高齢者雇用安定法の影響が大きいと考えられる。確かに60歳以上の高齢者については、年金支給開始年齢が引き上げられたとはいえ確実に年金の給付が受けられることを考えれば、客観的に見てかなり優遇されていると判断してよいだろう。
 だが50歳以上についてはバブル世代ほどではないにせよ賃金はやはり下落しており、全体的に見れば賃金がプラスになっているのは60歳以上だけという状況なのである。

 経済の基礎体力が落ちてくるにしたがって、日本は基本的に若年層にその負担を押し付けて対処してきた。だが景気の低迷が長引くにつれてそれだけでは対処しきれず、徐々に年齢層が上の社員の待遇を減らし始めている。
 この状態がさらに続けば、若年層と中高年層の格差は今後縮小していく可能性が高くなる。相対的に得をしたのは、現在すでに60歳以上になっている人だけという状況になってしまうかもしれない。

 安倍政権では経済界に賃上げを強く求めており、一部の企業はこれに応じる構えを見せている。だが相対的に賃金の安い非正規社員の数は増えており、賃上げが実施されても賃金の平均値はあまり上昇しない可能性が高い。同じく賃金の安い女性の労働者が急激に増加してきており、こちらも平均賃金を下げる方向に力が働く。
 さらにいえば生産拠点の海外シフトに伴い、労働者の製造業から非製造業へのシフトも起こっている。非製造業の賃金は製造業よりも低く、この動きも賃金低下圧力につながる。

 従来は世代間格差の問題が大きいはずだったが、景気低迷の期間があまりにも長かったことや日本経済の体質転換が進んでいることから、相対的に世代間格差が縮小する傾向が見え始めている。
 今後は賃金の絶対値をどう上げていくのかを真剣に考えていく必要がありそうだ。今まで日本人は目先の利益を優先し、経済の付加価値や生産性に関する議論を避けてきた。こうしたスタンスはもはや限界に来ていることを統計結果は示しているのかもしれない。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

bukkajoushou
8月の消費者物価指数。コアはマイナス、コアコアはプラスとちぐはぐな状況に

 総務省は2015年9月25日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標であ …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

ginkoyusi
とうとうマイナスに転じた都市銀の貸し出し。アベノミクスは逆回転を開始?

 大手銀行の貸し出しが45カ月ぶりに減少に転じた。日銀が大量に資金を供給している …

no image
米国の大手書店でカード読取機が改ざん。カード情報が不正に流出

 米国の書店大手バーンズアンドノーブルは24日、全米の63店舗でカード読取装置が …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

seisansei
あまりにも低い日本の生産性。労働経済白書が示す衝撃的な現実

 厚生労働省は2016年9月30日、2016年版の労働経済白書を公表した。日本の …

zangyou
働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検 …

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …