ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は2014年3月4日、生活費の高い都市ランキングの結果を発表した。円安の進展で東京は昨年の1位から6位と一気に順位が変わった。昨年2位だった大阪がランク外になるなど、円安の影響が大きいことが分かる。

tokyotower02

 この調査は、世界140都市について、食料や衣料、家賃など160項目以上の価格を調べ、米ドルを基準に比較したもの。
 昨年は東京が1位で大阪2位だったが、東京は1992年の調査以降、1位にならなかったのは今回を含めて7回だけしかなく、毎年、日本の物価の高さが際立つ結果となっている。

 今回、円安によって一気に順位が変わったわけだが、注意しなければならないのは、かなり以前から東京の物価は高かったという点である。日本は円高ではあったが、デフレであったのも事実である。つまり日本は継続したデフレ下にありながらも、物価は世界最高水準だったのである。円高とデフレはコインの裏表の関係にあるが、不況でデフレの国がもっとも物価が高いというのは少々異常なことである。

 日本の物価が高いのは、政府の規制で保護される企業が多いことに加え、複雑な流通システムによって、商品が消費者に渡るまでに多くの中間業者を経由するからである。例えば、日本の航空運賃は欧米の1.5倍を超える水準だし、食料品の価格は基本的に高い。

 日本はデフレと騒がれながら、実は国内の物価はあまり下がっていなかった。価格破壊が起こっていたように見えたのは、AV機器など国際的な価格競争が激しい製品の値下がりが目立っていたからである。また円高によって輸入製品の価格が見かけ上、安くなっていたことも大きい。

 だが日本の非効率な経済構造は基本的に変わっておらず、今後はそこに円安が加わることになる。円安になれば、輸入物価が上昇することになる。いくらグローバルな調査でドルベースの物価が下がったといっても、ほとんどの日本人は円の経済圏で生活している。国内では輸入物価が上がれば生活は苦しくなるのは当然である。円安が原因の今回の順位変動はあまり喜べるものではないだろう。

 ちなみに今回の調査で1位となったのはシンガポールであった。2位はパリ、3位はノルウェーのオスロとなっている。シンガポールは成長著しい都市国家でありもともと物価が高い。最近は人件費の高騰が激しく、さらに物価を押し上げた。パリも物価が高いことでは有名な街であり、ノルウェーは1人あたりのGDPが日本の2倍もある圧倒的に豊かな国である。経済的に苦境に立たされているパリの順位が上がったのは少々意外だが、上位3カ国の顔ぶれは妥当なところといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

wavii
マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29 …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

ana787
これぞジャパン・パッシング!ANAが新北米路線で打ち出した驚異の運賃設定

 日本のエアラインが相次いで北米のニッチ路線に進出している。日本航空は12月2日 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

no image
維新の会の経済政策が徐々に明らかに。大阪はこうなる!

 次期衆院選の準備を進める大阪維新の会の経済政策がその姿を見せつつある。  Ne …

ecbdoragi
ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入 …

kokusaishushi201402
経常赤字体質への転換を受け、政府は海外資本の誘致に舵を切り始めた

 財務省は2014年4月8日、2014年2月の国際収支を発表した。最終的な国の収 …