ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014年3月5日から北京の人民大会堂で始まった。日程は9日間で、全国の省や軍の代表およそ3000人が出席している。

zenjindai2014

 会議の冒頭、李克強首相が施政方針演説に当たる「政府活動報告」を行った。全人代での施政方針演説は、首相就任後初めてとなる。
 李氏は、まず今年の中国における実質成長率目標を昨年と同じ7.5%とし、安定成長を保つ姿勢を明確にした。市場ではさらに成長目標を引き下げるとの観測もあったが、国内の景気後退を受け、あえて強めの数字を維持した格好だ。

 また李氏は、消費者物価指数(CPI)の上昇率を3.5%前後に抑えるとともに、都市部の新規就業者数を1000万人以上増やす計画を明らかにした。中国は経済の成熟化に伴い大量の大学卒業者が生まれている。だが、これまでの経済成長はインフラ建設主導という途上国的なものであったことから、これらの高学歴者を吸収する高付加価値産業は生まれていなかった。
 中国政府は経済の体質を途上国型から先進国型に転換し、こうした労働市場のミスマッチを解消しようとしている。逆にいえば、こうした改革を持続するための最低限の成長率が7.5%であり、この数値は逆算されて出てきたものともいえる。

 もっともこうした改革は一朝一夕で実現できるわけではなく、足元の景気は公共事業によって維持されている面が否定できない。2014年については、鉄道整備など一旦は削減したインフラ投資を復活させ、景気を下支えしたい意向だ。この結果、財政赤字は昨年との比較で1500億元増加し、1兆3500億元(約22兆6000億円)になる見込み。

  高付加価値経済への体質転換が求められている点や学歴ミスマッチの発生、足元の公共事業依存体質など、実は中国が抱える問題は日本とも共通点が多い。

 日本はバブル崩壊以後、こうした問題を完全に解決できないでいる。中国内部には、既得権益層を中心に改革に反対する声が依然として大きい。日本と同様に解決を先送りするような事態となれば、中国経済の低迷は、かなりの長期間に及ぶ可能性も出てくることになる。
 昨年と比較すると、中国経済がクラッシュしハードランディングする確率は低くなったが、長期停滞に陥るリスクがさらに高まってきている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

skymark02
日本初のLCCだったはずのスカイマークが、LCCとの競争で経営難の皮肉

 国内航空3位のスカイマークの経営が悪化している。格安航空会社(LCC)との競争 …

toshiba03
東芝が決算発表を再度延期。第三者委員会も機能していないことが露呈

 不正会計が問題となっている東芝は2015年8月31日、同日に行う予定だった20 …

pakukune
朴槿恵政権の閣僚人事が難航。背景のひとつは徴兵逃れ疑惑

 韓国の朴槿恵(パククネ)新政権の組閣が難航している。韓国の国会は26日、元検事 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

boukusikibetuken
中国が防空識別圏を設定した理由は、政治的なものか軍事的なものか?

 中国政府は11月23日、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したと発表し …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …