ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が、同氏を「安倍政権の番犬」と指摘した共産党議員の発言に対して異例の反論を行った。

koikekyosan

 共産党の小池晃議員が4日の参院予算委員会において、小松氏に対して「憲法の番人なのだから安倍政権の番犬みたいなことはしないでほしい」と指摘。小松氏は5日、社民党議員の質問に答える形で「番犬との指摘を受け入れることはできない」「国家公務員にもプライバシーや名誉に関して人権が保障されている」と反論した。

 小松氏を揶揄した小池氏の発言は確かに褒められたものではないが、小池氏の発言とそれに対して色をなして反論した小松氏の一連のやり取りは、内閣法制局が実質的に憲法解釈を行ってきたという戦後日本の異様な光景を象徴しているという意味で非常に興味深い。

 集団的自衛権をめぐる政府の公式見解は、「憲法は個別自衛権を否定してるわけではなく、自衛のための必要最小限度の戦力を持つことは合憲だが、集団的自衛権の行使は認められていない」というものである。この政府見解は、歴代内閣の国会答弁などと大きく矛盾しないよう内閣法制局が緻密に組み立てたものである。

 内閣法制局はあくまでの内閣スタッフ組織であり、その職員は一公務員として政治家の指示のもとで作業を行う。
 だが日本は議会制民主主義や三権分立が十分に発達しておらず、行政府の官僚が主導する政治が続いてきた。このため、行政府の一組織である内閣法制局が実質的に日本の憲法解釈を担うという奇妙な状況となっている。憲法解釈をめぐる議論においても、純粋な憲法問題としてではなく、従来の内閣法制局の見解と矛盾することを理由に、見直しに反対する人が多いというのが現実なのである。
 憲法解釈の見直しを進めたい安倍首相が、何度も「最高責任者は私です」という答弁をしているのは、一介の公務員にすぎない内閣法制局長官が実質的な解釈権を担っているという状況に苛立っているからである。

 小池氏の質問も基本的にはそうした解釈に沿ったものとなっており、法制局長官を「憲法の番人」であると指摘している。憲法の番人ともあろう人が安倍氏の番犬でどうする、という趣旨である。

 だが小松氏はこれに対してプライドを傷つけられたのか、「公務員にも名誉がある」と色をなして反論した。国会での番犬騒動といえば、1960年代椎名悦三郎外務大臣が日米安保と在日米軍について国会で問われ「米国は日本の番犬みないなもの」と発言した事件が有名である。問題発言であると野党議員に指摘された椎名氏は何と「言い直します。番犬様であります」と再答弁している。

 小池氏の頭の中には、椎名氏の番犬発言があったのかもしれない。椎名氏の発言は確かに失言だが、相手は超大国アメリカであり、発言した本人も国を背負う政治家である。不謹慎かもしれないが、政治責任を負う人のみに許されるユーモアといってよいだろう。小池氏の場合も、相手がもっとスケールの大きい政治家であれば、番犬発言に対して皮肉で返したかもしれない。

 だが相手は一介の公務員の小松氏である。基本的人権まで振りかざして抗議してしまった。この事件は、本来、国民から選ばれたリーダー同士でこそ許容される放言が、そうした器を持ち合わせているはずもない公務員に向かってしまったことに原因がある。

 一介の公務員に過ぎない法制局長官が、かつての革命政党議員による辛辣な質問の対象になるということ自体がやはり異常なことである。立法や司法が実質的に機能せず、行政府のみを中心に国政が進められてきた歪みはこのようなところにも表れるのかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

nodae02
野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉で …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …