ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が、同氏を「安倍政権の番犬」と指摘した共産党議員の発言に対して異例の反論を行った。

koikekyosan

 共産党の小池晃議員が4日の参院予算委員会において、小松氏に対して「憲法の番人なのだから安倍政権の番犬みたいなことはしないでほしい」と指摘。小松氏は5日、社民党議員の質問に答える形で「番犬との指摘を受け入れることはできない」「国家公務員にもプライバシーや名誉に関して人権が保障されている」と反論した。

 小松氏を揶揄した小池氏の発言は確かに褒められたものではないが、小池氏の発言とそれに対して色をなして反論した小松氏の一連のやり取りは、内閣法制局が実質的に憲法解釈を行ってきたという戦後日本の異様な光景を象徴しているという意味で非常に興味深い。

 集団的自衛権をめぐる政府の公式見解は、「憲法は個別自衛権を否定してるわけではなく、自衛のための必要最小限度の戦力を持つことは合憲だが、集団的自衛権の行使は認められていない」というものである。この政府見解は、歴代内閣の国会答弁などと大きく矛盾しないよう内閣法制局が緻密に組み立てたものである。

 内閣法制局はあくまでの内閣スタッフ組織であり、その職員は一公務員として政治家の指示のもとで作業を行う。
 だが日本は議会制民主主義や三権分立が十分に発達しておらず、行政府の官僚が主導する政治が続いてきた。このため、行政府の一組織である内閣法制局が実質的に日本の憲法解釈を担うという奇妙な状況となっている。憲法解釈をめぐる議論においても、純粋な憲法問題としてではなく、従来の内閣法制局の見解と矛盾することを理由に、見直しに反対する人が多いというのが現実なのである。
 憲法解釈の見直しを進めたい安倍首相が、何度も「最高責任者は私です」という答弁をしているのは、一介の公務員にすぎない内閣法制局長官が実質的な解釈権を担っているという状況に苛立っているからである。

 小池氏の質問も基本的にはそうした解釈に沿ったものとなっており、法制局長官を「憲法の番人」であると指摘している。憲法の番人ともあろう人が安倍氏の番犬でどうする、という趣旨である。

 だが小松氏はこれに対してプライドを傷つけられたのか、「公務員にも名誉がある」と色をなして反論した。国会での番犬騒動といえば、1960年代椎名悦三郎外務大臣が日米安保と在日米軍について国会で問われ「米国は日本の番犬みないなもの」と発言した事件が有名である。問題発言であると野党議員に指摘された椎名氏は何と「言い直します。番犬様であります」と再答弁している。

 小池氏の頭の中には、椎名氏の番犬発言があったのかもしれない。椎名氏の発言は確かに失言だが、相手は超大国アメリカであり、発言した本人も国を背負う政治家である。不謹慎かもしれないが、政治責任を負う人のみに許されるユーモアといってよいだろう。小池氏の場合も、相手がもっとスケールの大きい政治家であれば、番犬発言に対して皮肉で返したかもしれない。

 だが相手は一介の公務員の小松氏である。基本的人権まで振りかざして抗議してしまった。この事件は、本来、国民から選ばれたリーダー同士でこそ許容される放言が、そうした器を持ち合わせているはずもない公務員に向かってしまったことに原因がある。

 一介の公務員に過ぎない法制局長官が、かつての革命政党議員による辛辣な質問の対象になるということ自体がやはり異常なことである。立法や司法が実質的に機能せず、行政府のみを中心に国政が進められてきた歪みはこのようなところにも表れるのかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

isihara
石原慎太郎東京都知事が国政復帰を宣言。だが時すでに遅し

 石原慎太郎東京都知事は25日、都庁で記者会見を行い、都知事の辞任と次期衆院選へ …

hagel
ヘーゲル国防長官がようやく就任。新しい米国の世界戦略で在日米軍がいなくなる?

 米上院は26日の本会議で、ヘーゲル元上院議員の国防長官への就任をようやく承認し …

mof02
最近の選挙では若手財務省出身議員が増加中。だがちょっと若すぎないか?

 最近の選挙では、若手の財務官僚が政治家に転身するケースが増えてきている。前回の …

no image
自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持 …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

kourousho
社会福祉法人改革をきっかけに、公益的事業全般に関する議論の強化を

 厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会において、介護や保育の事業を行ってい …

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

B2
米国が北朝鮮の牽制にとうとうB2爆撃機を投入。それが意味するところとは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まっているなか、米軍は3月28日、韓国で実施している米韓 …

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …