ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が、同氏を「安倍政権の番犬」と指摘した共産党議員の発言に対して異例の反論を行った。

koikekyosan

 共産党の小池晃議員が4日の参院予算委員会において、小松氏に対して「憲法の番人なのだから安倍政権の番犬みたいなことはしないでほしい」と指摘。小松氏は5日、社民党議員の質問に答える形で「番犬との指摘を受け入れることはできない」「国家公務員にもプライバシーや名誉に関して人権が保障されている」と反論した。

 小松氏を揶揄した小池氏の発言は確かに褒められたものではないが、小池氏の発言とそれに対して色をなして反論した小松氏の一連のやり取りは、内閣法制局が実質的に憲法解釈を行ってきたという戦後日本の異様な光景を象徴しているという意味で非常に興味深い。

 集団的自衛権をめぐる政府の公式見解は、「憲法は個別自衛権を否定してるわけではなく、自衛のための必要最小限度の戦力を持つことは合憲だが、集団的自衛権の行使は認められていない」というものである。この政府見解は、歴代内閣の国会答弁などと大きく矛盾しないよう内閣法制局が緻密に組み立てたものである。

 内閣法制局はあくまでの内閣スタッフ組織であり、その職員は一公務員として政治家の指示のもとで作業を行う。
 だが日本は議会制民主主義や三権分立が十分に発達しておらず、行政府の官僚が主導する政治が続いてきた。このため、行政府の一組織である内閣法制局が実質的に日本の憲法解釈を担うという奇妙な状況となっている。憲法解釈をめぐる議論においても、純粋な憲法問題としてではなく、従来の内閣法制局の見解と矛盾することを理由に、見直しに反対する人が多いというのが現実なのである。
 憲法解釈の見直しを進めたい安倍首相が、何度も「最高責任者は私です」という答弁をしているのは、一介の公務員にすぎない内閣法制局長官が実質的な解釈権を担っているという状況に苛立っているからである。

 小池氏の質問も基本的にはそうした解釈に沿ったものとなっており、法制局長官を「憲法の番人」であると指摘している。憲法の番人ともあろう人が安倍氏の番犬でどうする、という趣旨である。

 だが小松氏はこれに対してプライドを傷つけられたのか、「公務員にも名誉がある」と色をなして反論した。国会での番犬騒動といえば、1960年代椎名悦三郎外務大臣が日米安保と在日米軍について国会で問われ「米国は日本の番犬みないなもの」と発言した事件が有名である。問題発言であると野党議員に指摘された椎名氏は何と「言い直します。番犬様であります」と再答弁している。

 小池氏の頭の中には、椎名氏の番犬発言があったのかもしれない。椎名氏の発言は確かに失言だが、相手は超大国アメリカであり、発言した本人も国を背負う政治家である。不謹慎かもしれないが、政治責任を負う人のみに許されるユーモアといってよいだろう。小池氏の場合も、相手がもっとスケールの大きい政治家であれば、番犬発言に対して皮肉で返したかもしれない。

 だが相手は一介の公務員の小松氏である。基本的人権まで振りかざして抗議してしまった。この事件は、本来、国民から選ばれたリーダー同士でこそ許容される放言が、そうした器を持ち合わせているはずもない公務員に向かってしまったことに原因がある。

 一介の公務員に過ぎない法制局長官が、かつての革命政党議員による辛辣な質問の対象になるということ自体がやはり異常なことである。立法や司法が実質的に機能せず、行政府のみを中心に国政が進められてきた歪みはこのようなところにも表れるのかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …

yasukuni
靖国参拝に米国が異例の声明。国務省は議会やホワイトハウスをもはや説得できない?

 安倍首相は政権発足から1年となる2013年12月26日、靖国神社に参拝した。首 …

hadiemen
悪化するイエメン情勢。米国の中東政策は昔に逆戻り?

 国連の潘基文事務総長は2015年2月12日、イスラム教シーア派系民兵組織が事実 …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …

hasimoto20130113
橋下市長が体罰で自殺した生徒遺族に謝罪。教育委員会に対する知事関与の布石か?

 大阪市立桜宮高校の男子生徒がバスケットボール部顧問の男性教諭から体罰を受け自殺 …

amari
甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?

 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているの …

hirari
クリントン前国務長官が出馬表明。知名度抜群だが、政策面での不安も

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は2015年4月12日、インターネットの …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

obamaindo
オバマ大統領がインドの共和国式典に主賓として参加したことの意味

 オバマ米大統領は2015年1月25日、インドを訪問しモディ首相と首脳会談を行っ …