ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

理化学研究所が内外からの声に対応して、STAP細胞の詳細な作成手順を公開。

 

 理化学研究所は2014年3月5日、新しい万能細胞「STAP細胞」の詳細な作成手順を公開した。STAP細胞については、同研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーを中心とする研究チームが、英科学誌ネイチャーで論文発表を行っていた。画期的な研究であるとして世界中の注目を集めていたが、国内外の研究者から「実験を再現できない」との報告が続いていた。今回の措置はこうした声に対応したもの。

stapsaibou

 小保方氏らの研究は、これまで大変な手間と労力をかけなければ作ることができないとされてきた万能細胞を、ただ酸に浸すだけで作ってしまうという、あまりにもあっけないもの。
 万能細胞の分野では京都大学の山中教授のiPS細胞が有名だが、この分野にはすでに100億円以上の国家予算が投入されている。小保方氏の研究はこうした既存の研究をすべて水の泡にしてしまう可能性を秘めている。

 そのせいか、小保方氏が論文を発表して以降、学会では大変な騒ぎとなり、一部からは研究成果の捏造を疑う声も出てくるという状況であった。

 通常、こうした科学論文で実験手順の詳細まで公表されることは少ない。詳細な実験手順の中に、研究の根幹を成すノウハウや知見が含まれていることが多いからだ。新しい研究成果が出ると、追試(第三者がその真偽を確かめる作業)が行われるが、追試は手探りで実施されることも多いのが現実だ(論文の中にはかなり意図的に実験手順を隠したものも結構ある)。
 だが小保方氏の研究はあまりにもインパクトが大きく、多くの人が論文を参照し、追試を行ったと考えられる。このため追試に関する疑問が殺到した可能性が高い。

 画期的な研究成果は多くの人がそれを検証することで、明確な理論として確立する。こうした情報公開は理論の正しさを証明するための重要な手続きといえる。だが産業化を見据えた上での研究ノウハウ蓄積という意味では、早い段階での情報公開はマイナスとなる。小保方氏や理化学研究所はこのあたりのバランスを考えながら、可能な限りの情報公開を実施するという難しい舵取りが求められる。

 実験の再現性や理論の正しさという点については結論が出ていないので、小保方氏の研究成果についてはまだ何ともいえない。ただ、こうした過剰ともいえる周囲の反応が、小保方氏というこれまで目立った業績のなかった若手女性研究者というプロフィールによってもたらされているのだとすると、それはあまり合理的な話ではなく、サイエンスの世界とは正反対の現象ということになるだろう。

 - 社会, IT・科学 , , , ,

  関連記事

hinkon
日本の貧困レベルはとうとう韓国と同水準に。先進国の水準など夢のまた夢

 韓国の統計庁が出した2012年家計金融・福祉調査の結果によると、昨年の可処分所 …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

airplane01
IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取 …

namapo
生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相 …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

caw
東北大が放射性セシウムの臓器蓄積の状況を牛を使って調査。母より子に多く蓄積

 東北大学加齢医学研究所は21日、原発事故の警戒区域内の牛に蓄積された放射性セシ …

matsui
引退表明の松井秀喜。頼むから日本の大学入学、巨人監督という道だけは歩まないでくれ

 現役引退を表明した松井秀喜氏が大学への進学を検討していることが明らかとなった。 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

kokou
高校教育の質は偏差値には影響を与えないが、仕事をする能力には影響を与えている!

 政府の教育再生実行会議が、国立大学入試を学力だけの評価から人物など多面的な評価 …