ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

理化学研究所が内外からの声に対応して、STAP細胞の詳細な作成手順を公開。

 

 理化学研究所は2014年3月5日、新しい万能細胞「STAP細胞」の詳細な作成手順を公開した。STAP細胞については、同研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーを中心とする研究チームが、英科学誌ネイチャーで論文発表を行っていた。画期的な研究であるとして世界中の注目を集めていたが、国内外の研究者から「実験を再現できない」との報告が続いていた。今回の措置はこうした声に対応したもの。

stapsaibou

 小保方氏らの研究は、これまで大変な手間と労力をかけなければ作ることができないとされてきた万能細胞を、ただ酸に浸すだけで作ってしまうという、あまりにもあっけないもの。
 万能細胞の分野では京都大学の山中教授のiPS細胞が有名だが、この分野にはすでに100億円以上の国家予算が投入されている。小保方氏の研究はこうした既存の研究をすべて水の泡にしてしまう可能性を秘めている。

 そのせいか、小保方氏が論文を発表して以降、学会では大変な騒ぎとなり、一部からは研究成果の捏造を疑う声も出てくるという状況であった。

 通常、こうした科学論文で実験手順の詳細まで公表されることは少ない。詳細な実験手順の中に、研究の根幹を成すノウハウや知見が含まれていることが多いからだ。新しい研究成果が出ると、追試(第三者がその真偽を確かめる作業)が行われるが、追試は手探りで実施されることも多いのが現実だ(論文の中にはかなり意図的に実験手順を隠したものも結構ある)。
 だが小保方氏の研究はあまりにもインパクトが大きく、多くの人が論文を参照し、追試を行ったと考えられる。このため追試に関する疑問が殺到した可能性が高い。

 画期的な研究成果は多くの人がそれを検証することで、明確な理論として確立する。こうした情報公開は理論の正しさを証明するための重要な手続きといえる。だが産業化を見据えた上での研究ノウハウ蓄積という意味では、早い段階での情報公開はマイナスとなる。小保方氏や理化学研究所はこのあたりのバランスを考えながら、可能な限りの情報公開を実施するという難しい舵取りが求められる。

 実験の再現性や理論の正しさという点については結論が出ていないので、小保方氏の研究成果についてはまだ何ともいえない。ただ、こうした過剰ともいえる周囲の反応が、小保方氏というこれまで目立った業績のなかった若手女性研究者というプロフィールによってもたらされているのだとすると、それはあまり合理的な話ではなく、サイエンスの世界とは正反対の現象ということになるだろう。

 - 社会, IT・科学 , , , ,

  関連記事

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

child
公共交通機関に乗る際、子供に睡眠薬を処方するのはアリなのか?

 ホリエモンこと堀江貴文氏がツイッターで「新幹線や飛行機で泣く子供には睡眠薬を飲 …

nenkin02
欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

kawagoe
川越シェフの発言でまたまた疑問の声。高級店って本当に水代を勝手に請求するのか?

 バラエティ番組などでも人気のシェフ川越達也氏が、ネット上の批判に対して「年収3 …

influ02
日本でもインフルエンザの流行始まる。抗がん剤患者や老人などに周囲は配慮を

 米国ではインフルエンザが大流行しているが、日本でも本格的な流行がはじまりつつあ …

zillow201407
米不動産情報サイト大手2社が、ビックデータ時代を見据えて統合

 米国の不動産情報サイト大手のZillowは2014年7月28日、同じく不動産情 …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …