ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

理化学研究所が内外からの声に対応して、STAP細胞の詳細な作成手順を公開。

 

 理化学研究所は2014年3月5日、新しい万能細胞「STAP細胞」の詳細な作成手順を公開した。STAP細胞については、同研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーを中心とする研究チームが、英科学誌ネイチャーで論文発表を行っていた。画期的な研究であるとして世界中の注目を集めていたが、国内外の研究者から「実験を再現できない」との報告が続いていた。今回の措置はこうした声に対応したもの。

stapsaibou

 小保方氏らの研究は、これまで大変な手間と労力をかけなければ作ることができないとされてきた万能細胞を、ただ酸に浸すだけで作ってしまうという、あまりにもあっけないもの。
 万能細胞の分野では京都大学の山中教授のiPS細胞が有名だが、この分野にはすでに100億円以上の国家予算が投入されている。小保方氏の研究はこうした既存の研究をすべて水の泡にしてしまう可能性を秘めている。

 そのせいか、小保方氏が論文を発表して以降、学会では大変な騒ぎとなり、一部からは研究成果の捏造を疑う声も出てくるという状況であった。

 通常、こうした科学論文で実験手順の詳細まで公表されることは少ない。詳細な実験手順の中に、研究の根幹を成すノウハウや知見が含まれていることが多いからだ。新しい研究成果が出ると、追試(第三者がその真偽を確かめる作業)が行われるが、追試は手探りで実施されることも多いのが現実だ(論文の中にはかなり意図的に実験手順を隠したものも結構ある)。
 だが小保方氏の研究はあまりにもインパクトが大きく、多くの人が論文を参照し、追試を行ったと考えられる。このため追試に関する疑問が殺到した可能性が高い。

 画期的な研究成果は多くの人がそれを検証することで、明確な理論として確立する。こうした情報公開は理論の正しさを証明するための重要な手続きといえる。だが産業化を見据えた上での研究ノウハウ蓄積という意味では、早い段階での情報公開はマイナスとなる。小保方氏や理化学研究所はこのあたりのバランスを考えながら、可能な限りの情報公開を実施するという難しい舵取りが求められる。

 実験の再現性や理論の正しさという点については結論が出ていないので、小保方氏の研究成果についてはまだ何ともいえない。ただ、こうした過剰ともいえる周囲の反応が、小保方氏というこれまで目立った業績のなかった若手女性研究者というプロフィールによってもたらされているのだとすると、それはあまり合理的な話ではなく、サイエンスの世界とは正反対の現象ということになるだろう。

 - 社会, IT・科学 , , , ,

  関連記事

alibaba
アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

nec
NECのスマホ事業撤退は、日本型ガラパゴス産業の象徴?

 これまでNTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから …

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

egyptdemo
「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生 …

kouyakun
高野山が資産運用に失敗し7億の損失。どのような運用だったのかを探ってみると

 空海(弘法大師)が開山し約1200年の伝統を持つ高野山が資産運用に失敗し、約6 …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …