ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国政府が香港包囲網を強化。全人代で香港自治という表現が消滅

 

 中国政府による香港への包囲網が強化されている。現在開催中の全人代(全国人民代表大会)における李克強首相の施政方針演説で「香港人による香港の統治」という表現が消滅した。香港では2017年に行政長官の普通選挙が控えており、中国当局は警戒感を強めている。香港では中国による強権的な統治が進むのではないかとの懸念が出ている。

zenjindai201401

 全人代では過去11年間にわたって、施政方針演説にあたる政府活動報告において、香港の自治について表明してきた。だが今回の全人代ではその文言が消滅した。
 全人代に出席した香港政府の代表団は「あまり大騒ぎすることではない」「香港の自治は変わらない」と中国寄りの説明を行っている。だが香港政府のある高官は香港メディアの取材に応じ「本土政府と交渉したが受け入れられなかった」と文言が削られた経緯を明らかにしている。

 中国が香港への締め付けを強化している背景には、2017年に実施が予定されている香港の行政長官選挙がある。これまで香港の行政長官は制限選挙で選ばれてきたが2017年からは完全な普通選挙となる。だが、反中国的な人物が当選してしまった場合には、中国は香港基本法の解釈権を行使してこれに介入する可能性が高いといわれている。

 香港では普通選挙の実施とその選挙結果への尊重を求めて民主派を中心に政治活動が活発になってきており、中国政府はこうした動きに神経をとがらせている。
 先月には、9月に香港で開催が予定されているAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が、中国政府の指示で突如、北京に変更になるという「事件」が発生した。中国政府は明確な理由を説明していないが、香港の民主化運動への圧力であることは間違いない。

 もっとも香港内部で積極的な民主派という人はそれほど多くない。基本的には商業中心の都市国家であり、心情的には反中国でも面従腹背というビジネスマンが多い。ただ行政長官というトップ人事について、中国が介入するという事態になると、香港の憲法ともいえる香港基本法の存在そのものに関わる問題となるため、香港人の反中感情に火を付ける可能性もある。
 2017年の選挙実施をめぐって、今後もこうした駆け引きが続く可能性が高い。

 - 政治 ,

  関連記事

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …

clinton
岸田外相の訪米が決定。だが米国側の最大の関心事は何と慰安婦問題?

 岸田文雄外相は8日、クリントン米国務長官と電話会談を行い、今月18日にワシント …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

kennedy02
ケネディ駐日大使の資産は273億円との報道。資産の中身を詳細に検証してみると・・・

 米CNNは8月19日、次期駐日大使のキャロライン・ケネディ氏が保有する資産は約 …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …