ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国政府が香港包囲網を強化。全人代で香港自治という表現が消滅

 

 中国政府による香港への包囲網が強化されている。現在開催中の全人代(全国人民代表大会)における李克強首相の施政方針演説で「香港人による香港の統治」という表現が消滅した。香港では2017年に行政長官の普通選挙が控えており、中国当局は警戒感を強めている。香港では中国による強権的な統治が進むのではないかとの懸念が出ている。

zenjindai201401

 全人代では過去11年間にわたって、施政方針演説にあたる政府活動報告において、香港の自治について表明してきた。だが今回の全人代ではその文言が消滅した。
 全人代に出席した香港政府の代表団は「あまり大騒ぎすることではない」「香港の自治は変わらない」と中国寄りの説明を行っている。だが香港政府のある高官は香港メディアの取材に応じ「本土政府と交渉したが受け入れられなかった」と文言が削られた経緯を明らかにしている。

 中国が香港への締め付けを強化している背景には、2017年に実施が予定されている香港の行政長官選挙がある。これまで香港の行政長官は制限選挙で選ばれてきたが2017年からは完全な普通選挙となる。だが、反中国的な人物が当選してしまった場合には、中国は香港基本法の解釈権を行使してこれに介入する可能性が高いといわれている。

 香港では普通選挙の実施とその選挙結果への尊重を求めて民主派を中心に政治活動が活発になってきており、中国政府はこうした動きに神経をとがらせている。
 先月には、9月に香港で開催が予定されているAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が、中国政府の指示で突如、北京に変更になるという「事件」が発生した。中国政府は明確な理由を説明していないが、香港の民主化運動への圧力であることは間違いない。

 もっとも香港内部で積極的な民主派という人はそれほど多くない。基本的には商業中心の都市国家であり、心情的には反中国でも面従腹背というビジネスマンが多い。ただ行政長官というトップ人事について、中国が介入するという事態になると、香港の憲法ともいえる香港基本法の存在そのものに関わる問題となるため、香港人の反中感情に火を付ける可能性もある。
 2017年の選挙実施をめぐって、今後もこうした駆け引きが続く可能性が高い。

 - 政治 ,

  関連記事

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …

abe20140213
安倍政権が河野談話を巡り迷走。欧州最強国家となったドイツとの違いは歴然

 安倍首相は2014年3月14日、従軍慰安婦の強制について認めた1993年のいわ …

kankokuhoudoukan
セクハラ疑惑の報道官。韓国で釈明会見を開くも証言矛盾との指摘

 韓国の朴槿恵大統領の訪米に同行中、セクハラ疑惑を起こして解任された尹昶重(ユン …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

obama201405
ナイジェリア女生徒拉致事件が、米国の政局に微妙な影響を与える可能性

 ナイジェリアで発生したイスラム過激派組織による女子生徒集団拉致事件が、米国政治 …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …