ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国政府が香港包囲網を強化。全人代で香港自治という表現が消滅

 

 中国政府による香港への包囲網が強化されている。現在開催中の全人代(全国人民代表大会)における李克強首相の施政方針演説で「香港人による香港の統治」という表現が消滅した。香港では2017年に行政長官の普通選挙が控えており、中国当局は警戒感を強めている。香港では中国による強権的な統治が進むのではないかとの懸念が出ている。

zenjindai201401

 全人代では過去11年間にわたって、施政方針演説にあたる政府活動報告において、香港の自治について表明してきた。だが今回の全人代ではその文言が消滅した。
 全人代に出席した香港政府の代表団は「あまり大騒ぎすることではない」「香港の自治は変わらない」と中国寄りの説明を行っている。だが香港政府のある高官は香港メディアの取材に応じ「本土政府と交渉したが受け入れられなかった」と文言が削られた経緯を明らかにしている。

 中国が香港への締め付けを強化している背景には、2017年に実施が予定されている香港の行政長官選挙がある。これまで香港の行政長官は制限選挙で選ばれてきたが2017年からは完全な普通選挙となる。だが、反中国的な人物が当選してしまった場合には、中国は香港基本法の解釈権を行使してこれに介入する可能性が高いといわれている。

 香港では普通選挙の実施とその選挙結果への尊重を求めて民主派を中心に政治活動が活発になってきており、中国政府はこうした動きに神経をとがらせている。
 先月には、9月に香港で開催が予定されているAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が、中国政府の指示で突如、北京に変更になるという「事件」が発生した。中国政府は明確な理由を説明していないが、香港の民主化運動への圧力であることは間違いない。

 もっとも香港内部で積極的な民主派という人はそれほど多くない。基本的には商業中心の都市国家であり、心情的には反中国でも面従腹背というビジネスマンが多い。ただ行政長官というトップ人事について、中国が介入するという事態になると、香港の憲法ともいえる香港基本法の存在そのものに関わる問題となるため、香港人の反中感情に火を付ける可能性もある。
 2017年の選挙実施をめぐって、今後もこうした駆け引きが続く可能性が高い。

 - 政治 ,

  関連記事

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

shairo
北朝鮮が間もなく核実験?米第7艦隊の艦船が続々出航、中国を交えた神経戦を展開

 核実験の実施をほのめかしている北朝鮮の準備がほぼ最終段階に入った。韓国の聯合ニ …

mof
10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えると …

futenma02
米軍基地返還で日米合意。辺野古移設が普天間返還の条件となってしまう理由とは?

 日米両政府は4月5日、沖縄県の米軍嘉手納基地町など)以南の施設に関する返還計画 …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

laser
米軍がとうとうレーザー兵器を本格配備。圧倒的な低コストで戦争の光景が変わる?

 米海軍は4月8日、現在開発中のレーザー兵器を来年にもペルシャ湾に展開する艦船に …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

no image
松山千春が不出馬宣伝。鳩山氏はホット胸をなでおろす

 かねてから次期衆院選への出馬が取りざたされていた歌手の松山千春氏が、選挙には出 …