ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であることが明らかとなった。日経新聞の報道によると、2013年は1キロワット時あたり37.8円(税込み)だったが、これを36円台とする。

sbtakasago

 現在、太陽光を含む再生可能エネルギーは、固定価格買い取り制度に基づき、電力会社が10年~20年間、一定価格で買い取ることが義務付けられている。
 再生可能エネルギーは既存の発電施設よりも発電コストが高く、こうした制度がないと事業として成立しないからである。買い取りのコストは電気料金に上乗せされる形で消費者が負担し、買い取り価格については経産省に設置された委員会が毎年見直すことになっている。

 太陽光パネルは基本的に付加価値の低い商品であり、コモディティ化による価格低下が急激に進んでいる。電力会社による買い取り価格は、国から発電計画の認定を受けた時点のものが適用されるため、早めに計画の認定を受けて工事着工を遅らせれば、パネルが値下がりした分だけ事業者はより多くの利益を手にすることができる。このため、認可だけを受け、工事を遅らせるという悪質なケースも散見されるようになっている。

 制度が始まった2012年の買い取り価格は40円だったが、パネル価格の下落で連続して買い取り価格が引き下げとなった。最近はパネル価格の下落も鈍化してきていることから、今後は36円程度の水準で収束する可能性が高くなってきた。

 ちなみに一般家庭の電気料金は、利用状況や地域にもよるが1キロワット時あたり30円程度が標準的である。火力や水力といった既存の発電所はこの範囲で設備投資や燃料費をカバーしている。だが再生可能エネルギーの場合には、事業者が適性な利益を得ようと思った場合には、36円程度の買い取り価格が必要となる。既存のエネルギー源と比較すれば非常にコストが高いことが分かる。
 また国際的に見て日本の電気料金はかなり高い。州にもよるが米国と比較すると2倍近くの水準となっており、消費者の負担は重い。

 経済産業省では2016年をメドに家庭用電力料金の自由化を実施する予定だが、実際にどの程度の価格低下が見込めるのは実際にやってみないと分からない。また原発の再稼働問題やコスト評価のあり方についても最終的な結論は出ていない。

 日本の電力については、国際的に見て料金が高いという問題、原発の再稼働問題、原発のコスト問題、再生可能エネルギーの普及問題という4つのファクターがある。今のところそれぞれの問題はバラバラに議論されていて、論理的なまとまりを欠いている。国のエネルギー基本計画が固まる時期でもあり、そろそろ日本の電力に関する包括的かつ国民的な議論が必要なタイミングといえる。

 - 経済 , ,

  関連記事

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

twitter
ツイッターがとうとう折り返し地点?利用者数の伸びが鈍化し株価は大幅下落

 短文投稿サイトの米ツイッターは2015年7月28日、2015年4~6月期決算を …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

thanksgiving00
米国の感謝祭セールが順調。米国経済に依存する日本にとっては朗報

 米国の感謝祭休日における消費支出が前年を大きく上回ったことが明らかとなった。全 …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

komonsodanyaku
東証が顧問・相談役制度の情報開示を要請も、この習慣はなくならない?

 上場企業のトップ経験者などが、顧問や相談約などの形で会社に残ることについて批判 …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …